browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

造る過程からデザインにこだわるビルなのだ:パナジ

         
  • 公開日:2011年7月13日
  • 最終更新日:2022年6月4日

パナジに建設中(2010年4月当時)のこのビルディング、窓が太陽光のように一点から広がるようなデザインになっていてなかなか奇抜でおしゃれなのです。えっ?よく見えない?

それもそのはず、まだ周りをぐるっと木の足場で囲まれていますので、ちょっと見づらいのです。

でも見て頂きたいのは実はその足場の方なのです。
どうです、見事に左右によたって組み上げられているではありませんか。

これはきっとこのビルを設計した建築家が、「建築過程までがデザインである!」とかなんとか言って、足場も曲線を取り入れた奇抜でおしゃれなものにしたのです。たぶん。

でもこれが本当は普通にマス目状に組み上げたもので、次第にぐにゃりと曲がって来たものだとしたら恐ろしいですね。

次のページへ行く

目次へ行く前のページへ行く

真鍮製のアンティーク弁当箱