browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド:大切な水なので容器も大切なのです・インドのペットボトル

         
  • 公開日:2007年9月18日
  • 最終更新日:2022年6月27日

以前は「インドでミネラルウォーターを買うときは、しっかりキャップの封印を確認して買うこと」なんていう注意が、旅行ガイドブックなどにも記載されておりました。(今はどうでしょう?)
これはミネラルウォーターの空ペットボトルに、その辺のふつーの水を充填して売るという悪いやつがいるからで、その為「ペットボトルを捨てるときはしっかりつぶして」なんていう、ペットボトルの再生を阻止する為の「ミニ情報」なんてのも流布されておりました。
ええ、かく言う私もミネラルウオーターを買うときには、ちゃんと封印を確認し、少しでも怪しいものは付き返しておりました。(さすがに捨てるときにつぶすというのは、あまり実行していなかったですが)

しかし、今では町中にペットボトルが氾濫し、ミネラルウォーターだってそこら中で買えるようになりましたので、ちゃんとしたお店や屋台なら、偽装ミネラルウォーターに当たることはあまりないのではないでしょうか。で、今回はそんな「再充填」のお話しなのですが、決して偽装して売るためではなく、自分で持ち歩くための再充填なのです。

インドで売られているミネラルウォーターのペットボトルは、最低でも1リットル入りくらいのでかいものになってしまうため、持ち歩くのがちょっと不便なのです。それに材質も弱く、なんだかペコペコ凹んでしまうので、その点でも持ち歩きにくいということもあります。

そこで私は、毎回日本から500mlのペットボトルを持参して、ミネラルウォーターを移し変えて使っています。よほどの暑い時季でなければ、このくらいがちょうどいいのです。(常に移動を繰り返す短期旅行の場合などでも、バスや車の中に大きなペットボトルを置いておけるので便利です)
しかし日本のペットボトルはとても丈夫で頼もしいですね。ちょっと落としたくらいでは割れませんので、インドみたいな国にいると「本当にすばらしい!」と感動してしまいます。

そして日本からペットボトルを持って行かなかった、またはそんなもんわざわざ持って行くかい!という方にお奨めなのが、インドで売られている炭酸飲料のペットボトルを使うということです。
コーラなどの炭酸飲料のペットボトルは、大きさ的にも500mlくらいのものもありますし、何より材質がしっかりしているので使い勝手がいいのです。

ただし、最低でも一本は炭酸飲料を飲まなければなりませんので、そういう飲み物を好きでない方にはちょっと無理かもしれません。
そういう場合は、その辺のゴミ箱をガサガサ探すか、そういうのを専門に集めて回っている人がおりますので、その人から買うという手もあります。
ぜひお試し下さい。

インドの伝統工芸細密画