browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

まず必要なのは実用車なのだ:インドの自転車

         
  • 公開日:2012年2月17日
  • 最終更新日:2022年7月21日

日本ではすでに絶滅状態となってしまったが、インドではまだ昔ながらのデザインの自転車が活躍している。いやそれどころか新車として売られている。ではどのあたりが「昔ながら」なのかと言えば、まず幅広なハンドルと丈夫そうな荷台、そしてどっこいしょ!と持ち上げて掛けるタイプのスタンド、さらにはワイヤーを一切使わず金属棒の連携で稼働させるブレーキシステムといったところなのだ。

とにかくその無骨なまでに堅牢な作り、そして故障が少なく修理も簡単な単純な構造が、実用車としての自転車に求められることなのである。

う~ん、なんだかちょっと欲しくなってしまったぞ。

インドの伝統工芸細密画