browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

新婚さんも絶景好きなのか:マウント・アブー

         
  • 公開日:2010年7月14日
  • 最終更新日:2022年6月3日

ここはマウント・アブーの一日観光バスツアーで行ったビュー・ポイントです。現地語での説明なんか聞いてもさっぱりわからない私は、ここでもみんなの輪に入れません。
でもここは要するに景色を眺めればいい場所ですので、説明なんかいらないのです。ガイドに頼らずどんどん見てしまいましょう。ジロジロジロ・・・

とまあそんな絶景ポイントなのですが、ここの名称が「ハネムーン・ポイント」と言うのです。

なんで?

新婚さんってこういう場所が好きなの?それとも宗教上のシキタリかなにか?

もしかしたらその辺のことをガイドのおっさんが説明してたのかもしれませんが、まあ想像するに、美しい景色=ロマンチック=アツアツの新婚生活という連想からなのだろうと思います。

さて、インドではこうした観光地に付きものなのが写真屋さんです。インド人は総じて写真好き(撮る方じゃなくて撮られる方です)の人が多いのですが、カメラを持っていない人もまだ結構いますし、また持っていてもこうしたプロに撮ってもらっている人なんてのもよく見かけます。

ちなみに今絶景をバックに写真を撮ってもらっているのは、アーマダバードから来た親子です。このご主人は現地語がわからない私に、親切にもガイドの話をたびたび英語で通訳してくれるのですが、私はそれすらよくわからなかったりするので大変申し訳ないのです。
そこでお詫びの印にと、写真を撮ってもらっているところの写真を撮ってみたりしたのですが、住所を聞くのを忘れてしまったので結局この写真は送れないのです。
なのでもしこのブログを読んで頂いておりましたら、この写真をクリックして「名前を付けて画像を保存」して頂き、旅の良き思い出にして頂けましたら幸いです。

えー、そんな写真屋がたむろするインドの観光地で、これまたよく見かけるのがこうした馬です。もちろんこの馬は有料で人を乗せるものなのですが、特にどこかすごい場所に連れて行ってくれるというわけではなく、せいぜいその辺をぷらっとひと回りする程度なのです。そして中にはその場で馬の背に乗って、記念写真を撮るだけという人もいたりします。
どうやらインド人は写真好きなだけでなく、馬好きでもあるようです。

ただこの時のバスツアー御一行様は誰ひとり馬に乗る人がおらず、馬はヒマそうに木陰にたたずみ、馬子はもっとヒマそうに絶景を眺める観光客を眺めていたりしたのでありました。

次のページへ行く

目次へ行く前のページへ行く