browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

この場合双方がかわいそうなのだ:路上のサンダル売りらしき人

         
  • 公開日:2012年2月2日
  • 最終更新日:2022年7月20日

ラジャスタン州バルメールの道端でこんな老人を見かけた。

老人は木陰にしゃがみ、その前には足形をしたものやひも状の革が置かれている。
これはもしやサンダル屋ではなかろうか。いやそれ以外に考えられないだろう。こんなインドの西の果ての街で、オーダーメイドのサンダルを作ってもらうのも面白いと思い、さっそくひとつ頼んでみることにした。

しかしいかんせん言葉が通じない。
そこで私は靴と靴下を脱ぎ、自分の足を指差したのちにその指を上に向け「ひとつ」と伝えた。
すると老人はおもむろに足形に切った皮を取り上げた。
そして私が裸足になった足を差し出す間もなく、脱いだ靴の中にそいつをぐいぐい入れ始めたではないか。どうやら老人は靴の中敷き売りだったらしい・・・確かによく見りゃ道具らしきものなんてなにも持っていないのだ。

私はなおも靴底に革を収めようとしている老人を制し、静かに首を横に振った。

すまん、私の履き違えだった。

動物の鈴・アニマルベル