browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インドのビジネスビザ取得への長く険しい道のり

         
  • 公開日:2014年10月6日
  • 最終更新日:2022年7月25日

インドへ行くにはビザが必要である。

インドが発給するビザの種類はいろいろあるが、通常よく申請されるのは観光、商用、就労、就学といったところであろう。

私の場合は商用での申請となるのだが、これがなかなか面倒なのである。
ちなみに観光目的であれば、所定の申請用紙とパスポート、ビザ用写真、そして申請料だけなので比較的簡単である。
それがビジネスビザとなると、そこにインドの取引会社からの招聘状と日本の会社からの推薦状(保証書)の添付を要求される。

以前(といってもだいぶ前だが)はインド側の招聘状がなくても、「新規開拓」という理由でビジネスビザが取れた。

ところがある時突然、「これじゃダメね。インドの会社からのレターが必要ね」と言われ、申請が却下されてしまった。
しかしその時は「FAXで送ってもらったものでもOKね」とのことだったので、取引のある会社に連絡をしてすぐにFAXでレターを送ってもらい、再申請ののちめでたくビザが発給された。

しかしその次の時には、「コピーはだめね。オリジナルのレターを提出してね」と言われ、またまた申請が却下されてしまった。
しかもその時は午前中の申請が込み合っていて、自分の番が来る前に窓口が昼休みに入ってしまい、午後もう一度出向いての申請却下だったので脱力感もひとしおであった。

さらに日本側の会社の推薦状であるが、これは一応私のところが法人であるため発行自体は問題ないのだが、最初はごく普通の紙に印刷したものでも受理されていたものが、ある時「ちゃんとレターヘッドに印刷したものを提出してね。こんな紙じゃ誰でも作れるからね」と言われてしまった。
そうは言われても日本の超零細企業であるわが社にレターヘッドの用意があろうはずもなく、その時はサインとともに会社の実印を押し、印鑑証明並びに登記簿の写しまで用意して再申請し、なんとか受理してもらった。

そうした今まで経験した幾多の困難を糧に、今回は「一発申請受理!」(あくまでも「申請」であり「発給」のレベルでないところがインドビザ取得の困難さを如実に物語っているのだ)を目指し、準備万端、用意周到、奉書紙風のありがたそうな自社レターヘッドに自筆サイン、代表者印に会社角印まで押した推薦状を作成し、もちろんインドの取引先からもレターヘッドに自筆サイン、会社ゴム印を押したものを送ってもらう手筈を整えた。

ところがである、ほんの少しのお金をケチり、インドの取引先に「レターは送料の安い郵便で送って」と要請したのが間違いであった。
とは言っても、インドの郵便は結構信頼がおけるのである。
私はインドから何度も日本にハガキを送ったことがあるが、早ければ5日、かなり僻地から送ったものでも14日間で到着している。(こちら参照)
ただ残念ながらそんな優秀なインディア・ポストにも例外はあり、四年以上たった今でも届かないハガキが一枚ある。
まあ今はその話を蒸し返す時ではないので、あえて担当郵便局の名前は伏せる。
しかし私があのハガキのことを忘れたと思ったら大間違いだぞ、ウダイプール!

でまあ、過去の経験から今回も2週間待ったのである。
ところが待てど暮らせどレターは来ず、我慢の限界の15日間が過ぎたところで、仕方なくインドの取引先にレターの再発行並びに、今度はDHLでの送付をお願いしたのであった。

そしたらあっという間に届いた。
まあ前にも何度かDHLで送ってもらっているのだが(たとえばこれ参照)、それに比べても今回は異様とも思える早さだったので、ここにそのトラッキング記録をご紹介させて頂くことにする。

一日目
18:46 荷物集荷
22:09 DHL施設にて搬送処理中 JAIPUR – INDIA
22:31 DHL施設から出発 JAIPUR – INDIA
二日目
4:43 DHL施設へ到着 DELHI (NEW DELHI) – INDIA
5:21 DHL施設にて搬送処理中 DELHI (NEW DELHI) – INDIA
10:47 DHL施設から出発 DELHI (NEW DELHI) – INDIA
19:28 DHL施設へ到着 BANGKOK – THAILAND
20:01 DHL施設にて搬送処理中 BANGKOK – THAILAND
21:31 DHL施設から出発 BANGKOK – THAILAND
三日目
2:12 DHL施設へ到着 HONG KONG – HONG KONG
2:50 DHL施設にて搬送処理中 HONG KONG – HONG KONG
3:33 DHL施設から出発 HONG KONG – HONG KONG
8:29 転送中 TOKYO – JAPAN
9:33 DHL施設へ到着 TOKYO – JAPAN
10:12 DHL施設にて搬送処理中 TOKYO – JAPAN
10:50 DHL施設から出発 TOKYO – JAPAN
13:05 DHL施設へ到着 YOKOHAMA – JAPAN
13:09 配送中
13:45 配達完了

どうだろう、下手したら国内の輸送だってこのスピードにかなわないケースもあるのではないだろうか。

私は決してDHLの関係者ではなく、それどころかお金をケチって最初は郵送を選択したような人間であるが、今回の極めて迅速なる配送に対し、あらためてDHLに深い敬意と感謝の意を示すものである。

DHL、あっぱれ!

ちなみに郵送された(はずの)レターは本日現在まだ届いていない。

反省しろ! ジャイプールの郵便局!

それからついでにウダイプールもな!

インドのマフラー