browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド :その前にすべきことがあるんじゃないですかねえ・インドの車のお守り

         
  • 公開日:2006年12月2日
  • 最終更新日:2022年6月24日

インドで車に乗ると、それがタクシーであろうと自家用車であろうと、必ずと言っていいほど神様が載っています。
それは自分が信仰する宗教、宗派の神様や開祖なのですが、まあ「交通安全のお守り」といったところなのでしょう。

この写真でも、ダッシュボード上になにやらオブジェがくっついています。はい、これは神様の車載用オブジェです。
中央の金色のものが「神様本体」で、神様を載せた台の前面と上部のアーチには、LEDライトが埋め込まれていて、ピカピカ光るようになっています。それはまるで「神様・オン・ステージ!」みたいな感じなのです。

この他にも、ルームミラーにライム(ニンブー)とトウガラシを吊り下げたり、バンパーに小さな靴を引っ掛けたりといった、従来型の「お守り」なんてのもあります。

そんな風に信心深いインド人なのですが、そのわりには交通ルールがむちゃくちゃだったりして、事故も多いのです。

上の写真をもう一度ご覧下さい。
これは先日ご紹介した、ぼろっちいアンバサダーのものなのですが、ワイパーがないので前方視界はこんな感じなのです。それで普通に走らせてしまいますので、とても怖いわけです。

信仰も大切ですが、そんなきらびやかな電飾オブジェを買う前に、ワイパー直してちょーだいよと、切にお願いする次第なのであります。

動物の鈴・アニマルベル