browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド行航空会社の選択

         
  • 公開日:2013年10月22日
  • 最終更新日:2022年7月24日

インドへは何で行くのがいいのか?
といえば、それはやはり常識的な線で飛行機ということになる。

では、どの飛行機に乗ったらいいのか?
といえば、それは予算や時間や目的などによって変わって来る。

とはいえ私は今までエア・インディアと日本航空の成田発デリー行、しかもエコノミークラスにしか乗ったことがなく、あまりあれこれ言えないのであるが、一番多くの日本人が利用するのがそのルートでそのクラスだと思う(関東圏以外の人並びにお金持ちの人すみません)ので、今回はそれ(成田-デリー直行便のエコノミー)に絞ってのお話しとさせて頂くのである。現在成田-デリー間で直行便を運行しているのは、エア・インディア、日本航空、全日空の3社である。

まずその3社を運賃で比較してみると、エア・インディと全日空が10万円弱とほぼ同じで、日本航空はその倍ほどしてしまう。

*滞在期間を私の都合で約一カ月と仮定してなので、短期(たとえば3日とか一週間とか)だとまた違う結果になると思う。

次に発着時刻を見てみると以下のようになる。

エア・インディア 成田11:30発 - デリー18:00着
日本航空     成田11:50発 - デリー18:20着
全日空      成田17:20発 - デリー00:20着

とまあ、エア・インディアと日本航空が昼頃飛んで夕方着くのに対し、全日空は夕方飛んで真夜中の到着となってしまう。

時刻はすべて現地時間で、季節によって変更(特に到着時刻)もある。

そして最後に手荷物制限をチェックしてみると、

エア・インディア 受託手荷物 23kg x2個+機内持込み 8kg x1個
日本航空     受託手荷物 23kg x2個+機内持込み 10 kgx1個
全日空      受託手荷物 23kg x1個+機内持込み 10 kgx1個

という具合に、全日空が圧倒的に分が悪い。

*重量以外にも大きさの制限があるので要注意。
*全日空も2013年5月31日まで受託手荷物は23kgx2個だったが、知らない間に変更されていた。実に残念である。

以上の3点が私が航空会社を選ぶポイントになる。

で、この比較ではエア・インディアが(運賃が)安い!(到着時刻が)早い!(受託荷物が)うまい! じゃなくて 多い!ということになり、ダントツ一位の予選通過なのである。

あとはサービス内容とか運行の正確さなど、いくつかチェックすべきポイントはあるものの、今の私の現状ではエア・インディアに決定!となるのである。

さあ、乗った時からインドが始まる魔法の翼「エア・インディア」で、混沌のインドへいざ行かん!