browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド:まだまだ健在でご活躍されております・インドのミシン

         
  • 公開日:2007年4月13日
  • 最終更新日:2022年6月25日

なにやら店先に山と積まれた銀の箱・・・

はてな?

ブリキでできたケースのようなのですが、それにしてもずいぶん変わった形をしています。ネズミ捕りでしょうか?

と、お店の看板に目をやれば・・・

あ~ら、ここはミシンのお店じゃないですかあ。

ならばこの銀の箱はミシンのケースということなのでしょうね、ふむふむ。

ということで、インドでは今もミシンは宝物のような存在です。

もちろん主流は足踏み式のミシンです。
日本でも私の子どもの頃にはどこの家庭にもたいていあった、あの黒くて重厚なミシンです。

インドではそんなミシン一台で営む仕立て屋さんもたくさんあり、比較的安価で縫い物をしてもらえますので、わざわざ家庭で高価なミシンを買うこともないんじゃないかとも思うのですが、こうしたミシンの専門店や修理店があるということは、それはそれなりの需要というものがあるのでしょう。

とにかくインドでは足踏み式ミシンはまだまだ健在で、ブリキの専用ケースにしっかり収納され、大切にされているのであります。

動物の鈴・アニマルベル