browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

なぜか無性に食べたくなるもの:インドのホットドック

         
  • 公開日:2012年3月23日
  • 最終更新日:2022年7月21日

インドに長く(といっても2~3ヶ月くらいだが)いると、無性に食べたくなるものがある。

それはホットドックだ。

なぜラーメンや寿司ではなくホットドックなのかは自分でもよくわからないが、とにかく「あ~、食いてえ~」となるのがホットドックなのだ。日本にいる時だってそうそう食べないのに、実に不思議である。

で、アーマダバード駅のファーストフード店で、ベジ・ホットドックなるものを食べた。残念ながらベジなので挟まっているのはソーセージではなく、肉なしコロッケとトマトにキャベツといったところなのだが、なんともうまかった!

ちなみに値段はコーラも頼んで47ルピー(約94円)だった。
まあこの値段で幸せを感じられるなら安いものだろう。

真鍮製のアンティーク弁当箱