browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド:門前の小僧は本当に習わぬ経を読むのだろうか・インドの新聞売りの少女

         
  • 公開日:2007年11月12日
  • 最終更新日:2022年6月27日

ニューデリーの早朝、通勤客で賑わうバスターミナル近くの歩道でかわいらしい少女が新聞を売っていました。お店は完全な露店で、20種類ほどの新聞や雑誌は直接地面に並べられています。これじゃあ新宿あたりの再生(?)雑誌売りの方が、台の上に並べているだけ立派です。

さて、新聞という文字中心の商材を扱っている少女ですが、はたしてこの少女はその文字を読むことができるのでしょうか。

少し前の国勢調査の数値では、インドの識字率は約65%ということです。
この数値は国の平均値ですので、年齢や性別、そして地域などによっても違ってくるかと思いますが、この少女もこの仕事が朝だけの手伝いで、昼間はちゃんと学校に通っていられるのならいいなあと思うのでした。

でももしかしたら商売を通して自然と文字を覚え、難しい政治や経済、さらには国際問題などにも精通しているという可能性もありますよねえ。
私もなるべくテレビ欄とスポーツ欄以外の記事も読むようにしなきゃなあ・・・

インド先住民族の工芸品ドクラ