browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド:疫病退散!の願いでそそり立つ4本の塔・ハイダラバードのチャールミナール

         
  • 公開日:2007年2月13日
  • 最終更新日:2022年6月25日

南インド、アーンドラ・プラデシュ州の州都ハイダラバードは、とてもイスラム色の強い街で、特に市南部にある旧市街は、南インドとは思えない雰囲気を持っています。

そんな旧市街の中心に聳え立つのが、このチャール・ミナールです。チャール・ミナールとは「四つの尖塔」という意味で、当時大流行した疫病の収束を記念して、1591年に建てられました。
この写真では塔が3本しか見えませんが、右側の塔の後ろにちゃんともう1本ありますのでご安心下さい。まあ、そこんところはインド版オバケ煙突といったところでしょうか。
このチャール・ミナールの四方には道が延びていて、それぞれがにぎやかなバザールになっています。

ハイダラバード駅からここまで1時間以上もかけて歩いて来たため、少し疲れてしまった私は、そんなバザールの安食堂で軽い昼食を取りながら休むことにしました。
メニューからサモサ2個とコーラを1本注文したのですが、その合計金額は12ルピー50パイサ、日本円にして35円足らずでした。その値段の安さもさることながら、ルピーの補助通貨パイサがしっかり流通していることに加え、見るからに観光客然とした私に対しても、ごく普通の対応をしてくれたことが嬉しかったのを覚えています。

そんな待遇を受け、揚げたてのサモサを口にほおばりながら外の喧騒を眺めていると、なんだか自分もこのバザールと一体化したような気になって来るのですが、また快適なホテルに戻りシャワーを浴びてしまえば、汗や埃とともに、そんな感覚もあえなく流れ去ってしまう私なのでありました。

インドの伝統工芸細密画