browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

その65:ねずみのお寺のお土産

         
  • 公開日:2007年8月7日
  • 最終更新日:2022年6月22日

結局白いネズミにお会いすることはできず、私たちはカルニ・マーター寺院から出ました。

預けていた靴を履く時、足の裏にくっついている(であろう)ネズミのウンコが気になりましたが、さりとて裸足で歩くというわけにもいきませんので、なるべく足の裏が靴にくっつかないように、そおっと歩くようにして、門前に立ち並ぶお土産屋を覗きに行きました。

さすがに門前のお土産屋です。売っているものはほとんどが宗教がらみのものばかりです。

敬虔なるヒンドゥー教徒であるドライバー氏は、そんな宗教グッズをしばらく熱心に眺めていましたが、やがてその中から小さなプラスチック製の盾を手に取りました。

「ここに白いネズミが描かれています」

と言いながら私に見せたその盾には、なるほど先ほど見た神殿のお供物皿に群がるネズミの中に、一匹だけ白いネズミが描かれているではありませんか。

インド・カルニマーター寺院おお、ありがたやありがたや・・・

という顔を私が一瞬見せたのでしょう。
すかさずその表情を見て取ったドライバー氏は、私の分までこの小さな盾を買ってくれました。

そしてドライバー氏は私にこう言いました。

「その盾はあなたの家のいつも見えるところに飾っておいて下さい。そしてこの盾を見るたびに私のことを思い出して下さい」

ありがとう、ドライバー氏。この盾は私の仕事場のいつもよく見える場所に飾っておくよ。
そしてこの盾を見るたびに、お前のことを思い出し・・・

って、この盾はあんたの名刺代わりってわけかい!

そんなわけでこの盾は今も私の仕事場に飾ってあり、そしてそいつを見るたびにドライバー氏のことを、まんまと思い出してしまうのでありました。

*すべて2007年3月時点の情報です。

次のページへ行く

目次へ行く目次へ行く

ブロックプリントの版木