browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド:子どもの特性は万国共通なのだ・遠足の子どもたち

         
  • 公開日:2007年12月7日
  • 最終更新日:2022年6月30日

ここはニューデリーにあるハンディクラフト・ミュージアムです。
ここにはインド各地の伝統工芸品などが納められ、園内では工芸家による実演販売なども行われていたりと、そちらに興味のある人にはなかなかおもしろい所なのですが、意外と穴場的存在でありまして、いつもわりと閑散としているのです。

とまあそんな静かなる観光スポットなのですが、この日はちょっと違っておりました。というのも、小学校の遠足の一団が来ていたのです。この写真はもう子どもたちが見学を終え、帰るために整列させられているところなのですが、彼らから見たら外国人の私がカメラを向けたものですから、子どもたちも気が散っちゃって気が散っちゃってどーしょもないったらありゃしないのです。
特に一番後ろの子なんかポーズなんか取っちゃってるもんですから、思わず引率の先生の手がこの子の頭に振り下ろされようとしております。まあほんの軽くではありますが。

このままでは私まで先生に怒られそうでしたので、私も手まねで「前を見てちゃんと整列しなさい」と指導したりしましたが、そうは言ってもねえ・・・私にも覚えがありますので子どもたちの気持ちはよくわかるのですよ。そりゃ気になるよねえ、うん。

先生方の努力の甲斐あってようやく整列が済み、いよいよ帰路につく子どもたちだったのですが、最後の最後までこちらが気になっちゃって、いつまでも後を振り返りながら手を振っていたのでありました。ばいば~い!

私も精一杯手を振り返したのはもちろんのことでございます。
どこの国でも子どもってホント無邪気でかわいいですね、ははっ。

あっ、まだ手を振ってる。

ばいば~い!

でももうそろそろ手が疲れちゃったよ・・・

あぁ・・・まだ振ってるよ・・・

子どもってどこの国でもホッントしつこいなあ・・・

インドの伝統工芸細密画