browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

2010年4月25日:連邦直轄地 / ポンディチェリー・バススタンド

         
  • 公開日:2022年7月26日
  • 最終更新日:2022年7月28日

かつてのフランス領であり、現在は連邦直轄地となっているポンディチェリー(ポンディシェリー、プドゥチェリー)のバスターミナルにやって来た。

すでにここでの滞在を終え、これからバスでマハーバリプラム(マーマッラプラム)を目指すのである。

しかしその前にやっておくことがある。そう、それは体重測定なのだ。

ほぉ~ら、あった、あった。しかしまあこの体重計もまたいい形をしているではないか。少し丸みを帯びたガラスケースが二段重ねになっていてなかなかおしゃれである。さすが元フランス領のポンディチェリーである。

残念ながらこの写真ではガラスが反射して中がよく(と言うか、まったく)見えないが、下のガラス窓の中にこの体重計の心臓部とも言える刻印機が入っている。
で、上のガラス窓は何かといえば、ここには「YOUR WEIGHT & FORTUNE」なんてことが書いてある。つまりこの体重計自体の宣伝看板なのだ。

これがこの体重計のカードなのだが、どうしても「フランス」という名前が頭から離れないからか、こんな素朴な色合いのカードなのに、とてもおしゃれに思えてしまう。肝心の計量値は67kgであった。

インドのコイン式体重計はたまに驚くような数字を刻印して来ることもあるのだが、平均して見ると意外とまともなものが多いというのが私の実感である。
もしかしたら日本の計量法みたいなものがあって、こうした商業目的の計測器には定期検査が課せられているのかもしれない。

さて、今回は「コイン式体重計に乗る人を見るインド人(子どもだけど)の反応」というのをお見せしよう。

ちょっと暗くてわかりづらいかもしれないが、先ほどまで(体重計だけの写真参照)すぐ隣にある体重計など見向きもしなかったくせに、今は目をひん剥いて見ているので笑ってしまう。

もっとも好奇心旺盛なインド人たちは、体重計に限らず外国人がいるとじわじわと集まって来てじろじろ眺め、それがお店(たとえば椰子の実ジュース屋)などでは、そのあとにわかに繁盛し始めたりするのである。

インドのマフラー