browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド:まあ兼用ってことなのでしょうけど・インドの料金所窓口

         
  • 公開日:2008年7月24日
  • 最終更新日:2022年7月5日

ここはコルカタ(カルカッタ)のフグリー河に架かる第2ハウラー橋の料金所です。

「ハウラー橋」と言えば、コルカタの鉄道の玄関口であるハウラー駅のすぐ前にあるものが有名で、まあそちらが本家なのですが、その4kmほど下流に新しい橋「第2ハウラー橋」があります。

で、その第2ハウラー橋は有料(自動車の場合で、徒歩の場合はわかりません)なのですが、その料金所の窓口がこんな具合に乗用車にはちょいと高い位置にあって、お金やチケットの受け渡しがしづらそうなのです。そんでもってたぶん、大型トラックの運転席から見たらちょっと低い位置になると思うのですね。そりゃあまあ両者の中間を取ってこの位置にしたのだとは想像できるのですが、でもなにもこんなに小さな窓にしなくてもよかったんじゃないのかなあとね、もっと大きな窓にすればお互い楽だったんじゃないかとね、そんな風に思ったのであります。

でももしかしたら、この料金所を設計した人には独自の美的感覚があって、そういう自分流のデザインに凝る方だったのかもしれません・・・って、おい! ダジャレじゃねーかよお。

木彫りのガネーシャ