browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

本場だからと言って必ずうまいわけではない:インドのカレー

         
  • 公開日:2012年4月2日
  • 最終更新日:2022年7月21日

私は「本場インドのカレーはおいしい?」と聞かれると、「うまいうまい」と答えるが、実際はすべてがうまいわけではない。
そりゃまあうまいと感じる方がはるかに多いのは確かなのだが、中には「ん・・・」と思うものもある。

これはムンバイの定食屋で食べたカレーである。正確には「チキンマサラ」という。ここは外国人などまず来ないであろうというお店で、その分地元の(いうなれば本場の)人々の舌を相手にしているお店であるはずなのだが、どうにもこのカレーがおいしくなかった。コクがないというか味が薄いというか、とにかくがっかりしてしまった。
この時は二人で入り、もう一品「マトンマサラ」も注文したのだが、そちらも同じようなものだった。

まあ全部で140ルピー(約280円)ほどだったのであまり文句を言えたものでもないし、わざわざ「うまくない飯」を紹介することもないとは思うのだが、まっ、「本場」だからと言って必ずうまいわけではないという、考えて見ればごく当たり前のことの確認なのであった。

インドの伝統工芸細密画