browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

インド:「確実」を買うならここです・政府直営店

         
  • 公開日:2009年7月9日
  • 最終更新日:2022年7月11日

ここは政府直営のお店「Central Cottage Industries」です。デリーの中心地コンノートプレイスにほど近い場所に建っています。売っているものは木工製品、金属製品、装飾品、衣料品と多種多様で、しかもすべて定価販売なので一切吹っかけがなく、安心してお買い物ができるお店です。

ただし「インドに来たんだから価格交渉を楽しみたい」という人や、「どうせ友だちに義理であげるお土産だからできるだけ安い方がいい」という人には向かないかもしれません。
特に「できるだけ安いもの」となれば、これはもう見た目が同じ(よう)で品質を落としたものということになり、そういうものは普通のお土産屋さんにたくさんありますので、あとは数をまとめて買うことで価格交渉してみるのが良いでしょう。

さて、そんな良心的な「Central Cottage Industries」なのですが、政府の経営ということもあってか宣伝も地味で、大きな建物であるにもかかわらず遠くから見えるような看板などなく、近くに行くまでわからなかったりします。しかも入口の門が人が通れるほどにしか開いていないため、一見「えっ、休みなの?」と思ってしまうほどなのです。

さらにこの近辺には、お土産屋からもらえる特典(ポイントなど)目当てで、観光客をなんとかそういった店に連れて行こうとする輩が常に目を光らせていますので、「あー、そっちじゃないよ、この道を入るんだよ。オレが案内してやるから大丈夫だ」なんて言われても、ついて行かない方が賢明かと思います。たどり着いた先は「Cottage Industries」などといった紛らわしい名前のお店で、値段も吹っかけられまくったものになっていることでしょう。

でもまあ基本的に物の価値なんてものは各自が決めるものですので、10ルピーでも「高い!」と思えば買わなければいいわけですし、1000ルピーでも「あ~ら、お買い得だわぁ~」と思えば買ってしまえばいいのだと思います。

でもって「そういう独自の価値判断は苦手なので、世間(インド)の相場に照らしてあらかじめ決めておいて頂けると嬉しいわあ」という人は、それはもう黙って「Central Cottage Industries」に直行することにしましょう!

インドの南京錠