browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

素足が気持ちいい季節なのだ:オートリキシャの運転手

         
  • 公開日:2012年5月7日
  • 最終更新日:2022年7月22日

これは南インド、ポンディチェリーのオートリキシャである。

運転手の足元を見るとサンダルが揃えて置いてある。つまりこの運転手は裸足で運転しているのである。運転手は、

「やっぱり微妙なペダル操作は裸足じゃなくちゃ感覚が狂うからね」

などとは言わない。

そもそもオートリキシャはバイクと同じで、アクセルもクラッチもブレーキもみんなハンドルについている。ペダル操作はせいぜいフットブレーキくらいなのである。なので胡坐に近い座り方で運転しているおっさんもいるのである。

つまりこれはただ単に「裸足の方が気持ちいいじゃん!」ということなのであろう。

いや、いくらペダル操作が少ないと言っても、サンダル履きの運転は危険なので裸足の方が正解なのだ。

さすがプロの運転手である。

インドの伝統工芸細密画