browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

本日のお食事:ウダイプール

         
  • 公開日:2010年6月23日
  • 最終更新日:2022年6月3日

ここは歩き疲れて入った「ロータス・カフェ」という食堂(ってかカフェですね、一応)です。
帰国後某ガイドブックで確認したら、ちゃんと掲載されていました。なんでもイギリス人とインド人とで経営しているのだとか。とにかく炎天下を歩き回ったのでだいぶ喉が渇いていて、さらに昨日の夕方から何も食べていなかったことにもようやく気付き、ここらでちょっと一休みしなければ死んでしまうのではないかと思い、入りやすそうな食堂を探しながら歩いたところ見つけたのがここだったわけです。

なにはともあれ、まずはコーラを注文してグビグビ飲んで・・・

そしてこの日初めての食事は、まずはチキンヌードルスープです。値段は90ルピー(約180円)となかなか高いのです。スープというものは「飲む」ものではなく「食べる」ものだと言いますが、確かにインドに行きますとスープは命をつなぐ重要な食事になります。まっ、私にとってはということですが。
なにしろ慣れぬ異国での生活の上、暑さで体が参って来ますと、固形物をあまり食べたくなくなるのです。そしてそんな時にスープがあれば、そこそこ栄養補給ができるので助かるのです。

このスープは細かく裂いたチキンが入っているばかりでなく、ほんの少しではありますが日本人にはうれしい麺が入っているので、こいつを食べれば元気百倍で明日まで何も食べなくても大丈夫(と思えるくらい)です。

しかしこの時はまだインドに来て3週間くらいだったので余力があり、ご飯もちゃんと食べました。

はい、これはベジタブル・フライドライスです。値段は60ルピー(約120円)です。インドでは肉が入るかどうかでだいぶ値段が変わって来ますので、今回はご飯よりスープの方が高くついてしまいました。

ちなみにこの食堂(カフェと言うのがちょっと照れくさいので・・・)の値段は少し高めの設定かと思います。なにしろビンのコーラが25ルピー(約50円)もしました。なのに私は喉の渇きに負けて2本も飲んでしまったのです。あほですねえ。

まあここはちょっとこじゃれた感じの食堂(だから「カフェ」なんですよね)だったのでそれも仕方がないわけで、いやならインドの庶民派食堂(こちらは間違ってもカフェではありません)に行けばいいだけのことなのですが、そうするとスープがなかったりするわけで、そこのところはちょっと難しいところなのであります。

次のページへ行く

目次へ行く前のページへ行く

真鍮製のアンティーク弁当箱