今日の体重計:マドライ・セントラル・バス・ステーション

マドライのセントラル・バス・ステーションに到着したのは夜の8時半でした。

インド・マドライのバスターミナルバスがステーションにゆっくり入って行くと、何人もの男たちがなにやらわめきながら並走して来ました。どうやら彼らはオートリキシャの客引きらしいのですが、私にはその光景が大きな獲物を狙うオオカミの群れに見えました。

しつこい客引きを振り切るようにして入ったバス・ステーションの建物の中はとても賑やかで、たくさんのお店が建ち並ぶ通路を、これまたたくさんの人々が行き来しています。

インド・コイン式体重計私はここから市バスで鉄道駅を目指す予定なのですが、想像以上に大きなバス・ステーションに少々戸惑ってしまいました。

そこで気持ちを落ち着かせるために、そして自分のコレクションを増やすために、ここで体重測定と相成るわけです。

体重計の前にはバス待ちの乗客がたくさんの荷物とともに座っていましたが、体重計を指差して「ちょっとこれに乗りたいんだけど」と言ってどいてもらい、よっこらしょと乗っかり、かちゃりとコインを入れました。

インド・コイン式体重計のカードはい、これが今回の体重計カードです。

押されていた数字はちょっと読みづらいですが68.5kgです。

ここのカードの表面は白くてつるつるしていて、まるでボール紙のようです。

裏にはなにも印刷されておらず、色は茶色で紙質もざらざらしていて、まるでボール紙のようです。

そう、こいつはまるっきりのボール紙なのです。ワイシャツを買うともれなく中に入ってる、あのボール紙と同じなのです。

それでも表面には占いなんてのが印刷されていて、その「Be careful what start doing anything」というのがどうにも暗示的で、ちょっと身構えてしまったのでありました。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドの南京錠