No.089 買われて行く鴨

取引成立先住民が週に一度開く市にはさまざまなものが並ぶ。
これは鴨である。もちろんペットではなく食用である。
大きなかごの中にぎっしり詰まった鴨たちは、すっかり観念したように自分の番をじっと待っている。
しかしいざ買い手が決まって取り上げられると、やっぱりジタバタ暴れるのであった。まあそりゃそうだな。

インド・チャッティースガル州ジャグダルプル郊外にて

看板紹介一覧へ戻る