No.075 オートリキシャのハンドル周り

オートリキシャのハンドル周りインドのオートリキシャのドライバーには大きく分けて二種類あり、ひとつは親方から車を借りて商売をするという形態、そしてもうひとつは自分のオートリキシャを持っているオーナードライバーである。
当然オーナードライバーの方が実入りは良い。ただしそのためにはまず自分のオートリキシャを買うという初期投資が必要となる。
さらにオーナードライバーになると車両を大切にするあまり、過度な車体装飾にも投資することになる。
この写真ではハンドルの周辺しか写っていないが、ここだけでもイスラムマークの入った鏡が取り付けられ、ハンドルのラバーグリップが替えられているのがわかる。そしてもちろん外側の装飾はさらにすごいのである。
でもそうしたドライバーは決して無理な運転はしないであろうから、乗る方としても安心なのである。

インド・アーンドラプラデシュ州ヴィシャカパトナムにて

看板紹介一覧へ戻る