No.072 搾りカスとヤギ

搾りカスとヤギ安くておいしいインドの生ジュース屋。
こうした店でジュースを絞るのに使われているのは、スクリュー式の絞り機。
外皮をむいたフルーツを投入口から入れハンドルを回転させると、フルーツは螺旋状の溝にはまり込み次第に細くなる内部に引き込まれ果汁を絞り取られる。
そしてすっかり水けを抜かれた搾りカスはさらに内部に引き込まれ、最後は末端の排出口からウニウニと出て来るという仕組みである。
そんな搾りカスでも動物たちにとってはなかなか魅力的なおやつであるらしく、この屋台でも店主の目を盗んではヤギがそっと寄って来て、搾りカスをむしゃむしゃ食べているのであった。

インド・タミルナドゥー州マハーバリプラムにて

看板紹介一覧へ戻る