No.065 重い神輿を下ろししばしの休憩

神輿を下ろしひと休みする男たまたま出くわした祭りの一団。
神輿のようなものを男たちが担いでいた。おそらく日本の神輿と同じで、神様が乗っているのだろう。
しかし日本のものに比べ担ぎ手がはるかに少なく、ただただ神輿の重さに耐えながらよたよたと歩いていた。そんな状態なので「揉む」などということはもちろんせず、10mほど歩いては休憩を入れるという感じだった。
おかげで神輿の移動する姿をじっくり見ることができたのであった。

インド・タミルナドゥー州マハーバリプラムにて

看板紹介一覧へ戻る