No.053 パイナップルと風向計

パイナップルと風向計これは海岸通りに出ていたパイナップルの屋台である。
実際に売っているのはカットしたパイナップルだが、人目を引くようにパイナップルが山積みされ、そのひとつに小さな風向計が突き立てられていた。
風向計は胴体をプラスチックのボトル、プロペラはプラスチックのスプーン、そして垂直尾翼はパイナップルが入っていたと思われる紙箱の一部をうまく利用して作られている。
そんななんともいい感じの風向計は、これまたなんともいい感じの海風に吹かれ、実に小気味よくプロペラを回転させていたのであった。

インド・連邦直轄地ポンディチェリーにて

看板紹介一覧へ戻る