No.049 巡礼者のトラック

巡礼者のトラックこれは巡礼者を乗せて来たトラックである。
ここラーメシュワラムはヒンドゥー教の聖地のひとつであり、毎日たくさんの信者がこの町を目指してやって来るのだが、このトラックはマハラシュトラ州のナンバープレートであったので、おそらく1500km以上の道のりを走ってはるばるやって来たのであろう。
しかも人々が乗車するのは荷台であり、さらにその荷台は二段式に改造されている。つまりこのトラックに乗って来た人たちは、高さの制限された空間で立ち上がることも伸びをすることもできずに、ただただじっと座って来たということになる。
うぅぅ・・・考えただけで気が狂いそうになる。

インド・タミルナドゥー州ラーメシュワラムにて

看板紹介一覧へ戻る