No.035 水路に休む舟

水路に休む舟これは水路に係留された小舟である。
アレッピからクイロンへの船旅の途中、休憩のために立ち寄った桟橋の近くであったが、この辺りはこうした脇道ならぬ「脇水路」が本流からいくつも内陸部へ延びている。
今は行き交う船もなく、鏡のように静まり返った水面に椰子の木と青空が映り、とてもきれいだった。

インド・ケララ州、アムリタプリにて

看板紹介一覧へ戻る