No.026 世界遺産の駅舎

世界遺産の駅舎チャトラパティー・シヴァージー・ターミナスここはムンバイの主要鉄道駅のひとつチャトラパティ・シヴァージー・ターミナスである。
かつてヴィクトリア・ターミナスと呼ばれていたこの駅は、英国統治時代の1887年、宗主国イギリスがその威信をかけて造り上げた。
駅舎は2004年に世界遺産に登録されたが、今でもここは毎日たくさんの乗客が利用する「生きた世界遺産」なのである。

インド・マハラシュトラ州ムンバイにて

看板紹介一覧へ戻る