No.019 階段井戸の底より天を仰ぐ

階段井戸をここはアーマダバードにあるダーダー・ハリーの階段井戸。
階段井戸というのはその名の通り、井戸の底まで階段で下りて行き、そこで水を汲むというものである。
しかしここは水を汲むだけでなく、その昔高貴な方々が涼を取った場所でもあったため、井戸を取り囲む建造物の装飾が実に素晴らしく、今ではアーマダバードでの一大観光スポット(その割に人が少ないが)となっている。
残念ながらその後水脈が変わってしまったとかで井戸としての役目は終えてしまったが、その代りかつて水を湛えていた井戸の底に立つことができ、こうして天を見上げて井の中の蛙となり、しばし自己満足に浸ることができるのである。

インド・グジャラート州アーマダバードにて

看板紹介一覧へ戻る