インド ミニアチュール 細密画 額装 ラジャスタン三都 キシャンガル EPM-570

この商品は「ラクダ隊商パインズクラブ楽天市場店」にて販売しております。

*すでに売り切れている場合もございます。その際は何卒ご容赦願います。

この商品のポイントです


細い筆一本で描き上げるインドの細密画です。


細い筆一本で描き上げるインド伝統の細密画


インドの細密画(ミニアチュール)はもともとあった民俗画の下地にムガル帝国の文化が交わることで発展し、17世紀から18世紀にかけて大きく花開いたインド独自の文化です。

リスの尻尾の毛で作られた細い筆一本で、まさに微に入り細をうがつようにして描き上げて行きます。

細密画で描く内容は王宮の豪華な生活風景や王族の肖像画、ヒンドゥー教の神話(とりわけクリシュナ伝説)が主流となりますが、最近では動物や植物など、ごく身近なものも題材とされるようになって来ました。

この絵はラジャスタン州キシャンガルで制作されたものです。

ラジャスタンでも特に観光客に人気の高い三都市が描かれています。
題材は左からレイクパレスと馬(ウダイプール)、風の宮殿と象(ジャイプル)、城塞都市とラクダ(ジャイサルメール)です。

額装してありますのですぐに飾ることができます。

もちろん手描きの一点物ですので、この画像の商品をお手元にお届け致します。

この商品に関する情報です
*寸法は「タテxヨコ」です
額の外寸
約 20 cm x 約 27.5 cm

絵の寸法
マットの窓の寸法

約 11.5 cm x 約 20.5 cm
重量
約 370 g
画布材質
シルク
絵の制作国 インド
額装は日本国内で行ったものです。
額の前面は透明アクリル板が入っています。


*アクリル板は作品に有害な紫外線を約90%カットします。
*またガラスより軽く、割れにくいので安全です。

この商品に関する注意事項です
***  必ずお読み下さい  ***

表記サイズ、重量は当店での実測値ですが、測り(量り)方によって若干の差が出ることもございます。

画像の色は現物に近づけるよう努力しておりますが、実物とは差が出ることがございます。

特に細密画の場合は画像では実物の繊細さを伝え切れておりません。

またご使用の端末、画面の環境によっても見え方に差が出る場合がございます。

この商品は「ラクダ隊商パインズクラブ楽天市場店」にて販売しております。

*すでに売り切れている場合もございます。その際は何卒ご容赦願います。