インドの真鍮製アンティーク弁当箱 MGD-O-GOODS-009

この商品は「ラクダ隊商パインズクラブ楽天市場店」にて販売しております。

*すでに売り切れている場合もございます。その際は何卒ご容赦願います。

この商品のポイントです


インドで実際に使われていた古い弁当箱です。

現在はステンレス製のものが主流となっていますが、その昔は真鍮製のものが使われていました。

ここでご紹介する真鍮製の弁当箱がいつ頃作られたものなのかは定かではありませんが、少なくとも私が初めてインドでこのタイプの弁当箱を買った1987年にはすでにステンレス製でした。
ちなみに私がインドの弁当箱を買うきっかけになった本(手描きのスケッチを多用したインド紀行本の名著)の舞台は1978年で、著者は「10年以上も使っている」という現役の弁当箱を、わざわざ所有者(使用者)から無理を言って譲り受けていますので、もしかしたらその時にはもう真鍮製のものは売られていなかったのかもしれません。


さて、こちらの弁当箱ですが、これは四段式のものです。
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス

さらにふたの上にも小さな容器が付いています。
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス

構造は容器の両サイドにあるハット型金具をフレームに差し込んで重ね、フレーム上部にある留め金で上から押さえつけて固定するというものです。
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス

また留め金には南京錠を掛ける穴があり、盗み食い防止対策もばっちりです。
インド製のかわいい南京錠もお付け致します。
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス

この弁当箱はレトロなデザインですが、凹みもあまりなく良い状態です。
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス

また容器同士のはまり具合もほぼ良好です。ただしふたのはめ込みが若干きつく、強く押し込んでしまうと開けるのに苦労します。予めご了承ください。
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス

容器の内側はメッキの銀色(おそらく錫メッキ)が残っています。
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス


尚、弁当箱とは言ってもいかんせん使い古しのものでありますので、あくまでも小物入れやインテリアとしてお楽しみいただき、食器としてのご使用はされないようお願い致します。

インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス

もちろん一点物ですので、この画像のものをそのままお届けいたします。
インドの真鍮製アンティーク弁当箱/ランチボックス

この商品に関する情報です


【サイズ】

たて : 約 37 cm (持ち手を含みます)

直径 : 約 14 cm

重量 : 約 1.9 kg

素材 : 真鍮(ブラス)

製造国 : インド

この商品に関する注意事項です
***  必ずお読み下さい  ***

この弁当箱はインドで実際に使われていた古いものですが、製造から100年以上経過したものを指すいわゆる「アンティーク」ではありません。

商品名は「弁当箱」ですが、古い物のため食器としてのご使用はお止めください。

表記サイズ、重量は当店での実測値ですが、測り(量り)方によって若干の差が出ることもございます。

画像の色は現物に近づけるよう努力しておりますが、実物とは差が出ることがございます。
またご使用の端末、画面の環境によっても見え方に差が出る場合がございます。

この商品は「ラクダ隊商パインズクラブ楽天市場店」にて販売しております。

*すでに売り切れている場合もございます。その際は何卒ご容赦願います。

ページのトップへ戻る