2010年インドの旅・目次

*これはブログ形式で書いた記事の目次です。

デリー第三の鉄道駅・ニッザームディン駅

駅に着いてまず初めにすること・インドの列車の乗り方

今日の体重計・ニッザームディン駅

やはり駅近は便利なのだ・インドの駅前食堂

辛いけどうまい・フライドライス

念には念を入れて・列車乗客名簿

ホッと一息しようと思ったのにぃ・車内販売のスープ

「湖の町」の玄関口・ウダイプール・シティ駅

今日の体重計・ウダイプール・シティ駅

オートリキシャ所変われば・ウダイプール

本日のお宿・ウダイプール

おお、これがそうなのか!・レイクパレスホテル

立ちはだかる高い壁・ウダイプールのシティ・パレス

ライトに顔があったっていいじゃないか:ウダイプールで見た観光バス

本日のお食事:ウダイプール

レイク・パレスの横腹を望む:ウダイプール

新規開店のジュース屋:ウダイプール

祭囃子に誘われて:ウダイプール

みんな湖で飯を食っているのだ:ウダイプール

まあとりあえず入ってみましょう:ウダイプールのシティ・パレス

これがマハラジャの専用車です:ウダイプール

情報は正確に:ウダイプール

避暑地へのバスは歌声に乗って:ウダイプール

標高と乗客のテンションは次第に高まって行くのだ:マウント・アブー

本日のお宿:マウント・アブー

市内観光のツアーバス:マウント・アブー

神様は絶景好きなのか:マウント・アブー

実用第一で考えたらやっぱこれですかね:マウント・アブーのタクシー

避暑地にはエコカーがよく似合う・・・かな?:マウント・アブー

新婚さんも絶景好きなのか:マウント・アブー

ここではすべてが「ラジャスタン最高の」となるのだ:マウント・アブー

悲しいときぃ~、夕日が沈むときぃ~:マウント・アブー

二階建てバスで山下り:マウント・アブーからアーマダバードへ

門前の市は赤く染まっていた:アンバジー

本日のお宿:アーマダバード

今日の体重計:アーマダバード駅

シディ・バシール・モスク再訪:アーマダバード

最新型(2010年3月時点)のオートリキシャ:アーマダバード

9年間あこがれ続けた食べ物です:アーマダバード

なぜかジャイナ教寺院:アーマダバード

金曜日の賑わい:アーマダバード

このセンスがたまりません:アーマダバード

階段は地中深くへと続いていたのだ:アーマダバード

【訂正と追加です】今日の体重計:アーマダバード駅(その2)

通勤列車はラッシュを避けて:ムンバイ

今日の体重計:ムンバイ・チャーチゲート駅

相変わらずの憩いの場ではありますが・・・:ムンバイ

ふらっとエレファンタ島:ムンバイ

本日のお宿:ムンバイ

海辺の散歩は5ルピー以上の価値があるのだ:ムンバイ

ボンベイにおけるガンディーの活動拠点:ムンバイ

思わず足を止めさせる香り:ムンバイ

エレファンタ島の語源を求めて:ムンバイ

今日の体重計:ムンバイ・CST駅

ここがビーチリゾートの玄関口なのだ:ゴア

本日のお宿:アンジュナ・ビーチ

なんといってもこれが至福の時:アンジュナ・ビーチ

ゴアの州都は異国情緒たっぷりなのだ:パナジ

本日のお宿:パナジ

ここは世界史の教科書的有名人ゆかりの世界遺産なのだ:オールド・ゴア

ここは酒飲み天国なのだ:パナジ

もしかしたらオートリキシャは再び注目されつつあるのか:ゴア州

にぎやかなのもまたいいものです:カラングート・ビーチ

ついにあちら側に立つ:カラングート・ビーチ

あらためて信仰心のすごさを知りました:パナジ

カダムバ・バスターミナルでの列車チケットの予約方法、そしてRACとW/Lの説明:パナジ

駅への道のりは果てしなく遠かった:パナジからマルガオ

ホームにて:マルガオ駅

今日の体重計:エルナクラム・ジャンクション駅

船着場はずいぶん合理化されていたのだった:コーチン

私の記憶に間違いはないのだ、たぶん:コーチン

本日のお宿:フォート・コーチン

海辺の地産地消といえばやっぱりこれでしょう:フォート・コーチン

のんびりした漁をのんびりながめる:フォート・コーチン

南インドはバナナ天国なのだ:フォート・コーチン

どうでもよいことかもしれませんが:フォート・コーチン

バサリと過去を断ち切り、未来へと進もうじゃありませんか:フォート・コーチン

南インドはローカルバスでのんびり行こう:コーチン

本日のお宿:アレッピー

水郷地帯は船で行こう!:アレッピー

クイロンへ向けて出航です:アレッピー

クイロンへ向けて船は進む:アレッピー

クイロンへ向けて船はさらに進む:アレッピー(の南)

クイロンへ向けて船はどんどん進む:アレッピーとクイロンの中間辺り

クイロンへ向けて船はふたたび進む:アレッピーからクイロンへの途上

ここは鳥の天国なのだ:アレッピーからクイロンへの水路

永遠の憧れキングフィッシャー:鳥とビールの両方

ここは休憩場所であり停留所なのです:アムリタプリ

ついに船はクイロンに着いたのだった:クイロン

本日のお宿:クイロン(コッラム)

南インドローカルバスの旅再開:クイロンからトリヴァンドラム

本日のお宿:トリヴァンドラム

今日の体重計:トリヴァンドラム・セントラル駅

シュリー・パドマナーバスワミー寺院:トリヴァンドラム

南インド随一のビーチへ:トリヴァンドラムからコヴァラム・ビーチ

本日のお宿:コヴァラム・ビーチ

左側のビーチはまさにリゾートなのだ:コヴァラム・ビーチ

右側のビーチはとてもローカルなのだ:コヴァラム・ビーチ

インドの地引網漁レポート:コヴァラム・ビーチ

ビーチリゾートでシーフード三昧:コヴァラム・ビーチ

ビーチリゾートでの過ごし方:コヴァラム・ビーチ

休養充分で再びローカルバスの旅:コヴァラム・ビーチからカニャークマリへ

本日のお宿:カニャークマリ

均一なのは値段だけでなく商店街全体なのだ:カニャークマリ

これがインド亜大陸最南端の海です:カニャークマリ

最南端のホテルの強制的日の出鑑賞サービス:カニャークマリ

まあ「目的」でも「名目」でもいいじゃありませんか:カニャークマリ

これが「ウルトラ・デラックス」なバスだ:カニャークマリ

ウルトラ・デラックスバスは行く:カニャークマリからマドライへ

ついに陽は西の大地に沈んで行った:カニャークマリからマドライへ

今日の体重計:マドライ・セントラル・バス・ステーション

本日のお宿:マドライ

いざ行かん!魚の目を持つ女神の世界へ・その1:シュリ・ミナークシ寺院

いざ行かん!魚の目を持つ女神の世界へ・その2:シュリ・ミナークシ寺院

いざ行かん!魚の目を持つ女神の世界へ・その3:シュリ・ミナークシ寺院

いざ行かん!魚の目を持つ女神の世界へ・その4:シュリ・ミナークシ寺院

いざ行かん!魚の目を持つ女神の世界へ・その5:シュリ・ミナークシ寺院

今日の体重計:マドライ・ジャンクション駅

野菜市場は活気に満ち溢れていた:マドライ

ここはガンディーのドーティー・デビューの地なのだ:マドライのガンディー記念博物館

気になるものがいっぱい詰まった世界:マドライの遊園地

よく見かけてはいたのですが:ジャックフルーツ・マドライ

この渋みが意外とうまかった:マドライのジュース屋

明朗会計のようなそうじゃないような:マドライのオートリキシャ

今日の体重計:マドライ・インテグレーテッド・バス・スタンド

バスは突端の街へ:マドライからラーメシュワラム

本日のお宿:ラーメシュワラム

昼間のガートは楽しそうだった:ラーメシュワラム

朝のガートは活気に満ち溢れていた:ラーメシュワラム

手造り祭壇で神に祈る:ラーメシュワラム

お湯巡りならぬ「水巡り」の寺院なのだ:ラーメシュワラム

スリランカは果てしなく遠かった・その1:ラーメシュワラム

スリランカは果てしなく遠かった・その2:ダヌシュコーディー

本日のお宿(替え):ラーメシュワラム

海の跳ね橋:ラーメシュワラム

やっぱ私にとっての「聖水」はこちらになっちゃいますね:ラーメシュワラム

スリランカは果てしなく遠かった・その3:ダヌシュコーディー

スリランカは果てしなく遠かった・その4:ダヌシュコーディー

スリランカは果てしなく遠かった・その5:ダヌシュコーディー

神の御加護を受けた(と思われる)寺院:ラーメシュワラム

乗り合いバスは楽しい:ラーメシュワラム

今日の体重計:カライクディ・バススタンド

郷に入ったら郷の食べ方:トリチー手前のバススタンド

本日のお宿:トリチー

ここは大きな岩山全体がお寺なのだ:トリチー

ここに来れば法要一切万事お任せなのです:トリチー

象、早ぇ~:トリチー

ポンディチェリーへ向けて再びバス移動:トリチー

今日の体重計:ヴィルプラム・バススタンド

本日のお宿:ポンディチェリー

海風に吹かれてパイナップル:ポンディチェリー

料金に偽りなしの博物館、なのだ:ポンディチェリー

負傷者多数発生・・・か?:ポンディチェリー

常に用意は周到にせよ:ポンディチェリー

今日の体重計:ポンディチェリー・バススタンド

視界良好で快適なバス旅:ポンディチェリーからマハーバリプラムへ

本日のお宿:マハーバリプラム

海岸寺院は今日も風雪に耐えていた:マハーバリプラム

南インドの寺院建築の起源は石だった:マハーバリプラム

バターボール十景・その一:マハーバリプラム

バターボール十景・その二:マハーバリプラム

バターボール十景・その三:マハーバリプラム

バターボール十景・その四:マハーバリプラム

バターボール十景・その五:マハーバリプラム

バターボール十景・その六:マハーバリプラム

バターボール十景・その七:マハーバリプラム

バターボール十景・その八:マハーバリプラム

バターボール十景・その九:マハーバリプラム

バターボール十景・その十:マハーバリプラム

世界最大のレリーフ:マハーバリプラム

夢の競演ってとこでしょうか:マハーバリプラム

神様の存在は大きくそして重い:マハーバリプラム

漁夫の利:マハーバリプラム

まったくインド時間にはハラハラさせられます:マハーバリプラムからチェンナイへ

今日の体重計:チェンナイ・セントラル駅

ボルボの夜行バス:チェンナイ

苦しい時の友頼み:チェンナイからヴィシャカパトナムへ

本日のお宿:ヴィシャカパトナム

ここはオートリキシャの街だった:ヴィシャカパトナム

これが横丁総出の作品なのだ:ヴィシャカパトナムのオートリキシャ

長い長い列車の旅なのだ:ヴィシャカパトナムからジャグダルプルへ

本日のお宿:ジャグダルプル

まずは町の概要から:ジャグダルプル

活動開始早々、早くも歯車は噛み合わなくなって来たのだった:ジャグダルプル

われわれは何の予備知識もなしに洞窟へと入って行った:ジャグダルプル

荒々しい滝のように私の心も荒々しくささくれ立つのだった:ジャグダルプル

先住民族の市場は酒飲み天国だった:ジャグダルプル

ついに堪忍袋の緒は切って落とされたのだった:ジャグダルプル

ここの人たちは誠に規則正しい人たちなのだ:ジャグダルプル

パテルは見事に心を入れ替えたのだった:コンダガオン

パテル不在でも活動は続くのだ:ジャグダルプル

周辺の見どころを一気にまとめて三つなのだ:ジャグダルプル

ここはインドのナイアガラなのだ:ジャグダルプル郊外

それはたわわに実っていたのだ:ジャグダルプル郊外

先住民たちの眠る場所:ジャグダルプル郊外

五人の男たちは一羽の鳥を見つめていた:ジャグダルプル

ぜひまた来て下さいとパテルは言った:ジャグダルプル

ジャグダルプルよいざさらば:ジャグダルプルからライプールへ

本日のお宿:ライプール

小さく刻むか一気に行くか、ここが思案のしどころなのだ:ライプール

今日の体重計:ライプール駅

とにかくこのバスに私の19時間の運命を預けるのだ:ライプール

熱風を切り裂いてバスは走り出した:ライプールからアラハバードへ

君の行く道は果てしなく遠い、そして想像よりだいぶ険しいのだった:ライプールからアラハバードへ

寒さにも負けずシブキにも負けずホコリにだって負けないのだ:ライプールからアラハバードへ

いよいよ旅は終わりを告げたのだった:ライプールからアラハバードへ

2010年インドの旅を終えて:ヴァラナシ

ページのトップへ戻る