2001年6月23日チェンナイからの絵手紙

インドからの絵手紙
2001年にインドを旅した時、現地から日本の留守宅に出していた絵手紙です。
毎日何か話題を探して書き(描き?)ました。
誤字脱字意味不明文もあるかもしれませんが、あえて直しません。
よかったら見て下さい。

と、かつては言っておりましたが、再びここに収録するにあたり、補足として誤字脱字を正し、なるべく意味不明点を排するため解説を付けさせて頂きます。

2001年6月23日チェンナイからの絵手紙

【文面デジタルリマスター版(誤字修正脱字補完あり)】

2001.6.23(土)チェンナイ 晴 気温34℃

久々の都会、そしてこの暑さ。帽子をかぶらないで外出したら頭が痛くなりました。
ホテルでもらった朝刊で列車事故の事を知りびっくり!
Tel.で家に無事を連絡しました。

Hotel Atlantic Room No.305 Rs.1072.5/day(with TAX)

挿絵:この部屋はエアコン付の高い部屋だが、窓にはアミが貼ってある

   小さいベランダが付いている
   ホテル正面側なので洗濯物を干せない

   チェック柄のブランケット

この後も列車の旅が続きますが、強運の持ち主なので大丈夫でしょう。
でも充分気を付けて行きます。

(つづく)

【解説】

古いがなかなか大きなホテルだった。

大きいだけに結婚式の一団なども泊まっており、夕方近くになると正面玄関前に親類縁者友人知人などが集結し、楽隊が盛大かつやかましくブカブカ演奏する中、白馬にまたがる新郎を中心にして(おそらく新婦側が泊まっているホテルに向けて)ぞろぞろ出掛けて行くのであった。
お蔭でその時ひどい頭痛に見舞われていた私は、ベッドの上で悶絶しそうになっていたのである。

ちなみにチェックインの際に朝刊をくれた(この旅で初めて)が、その新聞の大見出しは列車事故の記事であった。(こちら参照)
事故は同じ日のチェンナイ行夜行列車であったため、慌てて日本の家族に無事である旨電話を入れたら、やはりあちらはNHKのニュース速報を見て事故に巻き込まれたのではないかと危惧しており、素直に私の生存を喜んでくれた。
これもたまたま新聞をもらって一面の大見出しを見たからであり、いつもならしないことだったので、なんとも不思議な気分だった。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

ページのトップへ戻る