2001年5月10日デリーからの絵手紙

インドからの絵手紙
2001年にインドを旅した時、現地から日本の留守宅に出していた絵手紙です。
毎日何か話題を探して書き(描き?)ました。
誤字脱字意味不明文もあるかもしれませんが、あえて直しません。
よかったら見て下さい。

と、かつては言っておりましたが、再びここに収録するにあたり、補足として誤字脱字を正し、なるべく意味不明点を排するため解説を付けさせて頂きます。

2001年5月10日デリーからの絵手紙

【文面デジタルリマスター版(誤字修正脱字補完あり)】

2001.5.10(木)日本 小雨(出発時) 20℃くらい

予定より15分早い11:45発となったエア・インディアは、無事に成田空港を飛び立ち、中国上空を通り、約9時間後、デリー・インディラ・ガンディー国際空港に到着しました。
飛行機は古くて汚かったが、客が少なく約3割の入りでガラガラ。ラッキーでした。

挿絵:機内で配られたマンゴージュース。すごく甘ったるい。

囲み:デリーは曇り 気温43℃

入国審査と税関はあっさり通り抜け、出迎えの人ともすぐに会えた。
男の案内する「タクシー」のところへ歩いて行くと、そこにあったのは汚い軽ワゴン車だった。
時間も6時と、帰宅ラッシュの始まった道を軽ワゴンは強引に進む!!
よく事故を起こさないものだと感心する。

牛が道端にいる。インドだから別に驚かない。
道の中にもいる。別に驚かない。
だんだんデリーの市内に入って来たらサルがいた。
それも驚かなかったが、歩道でイノシシの親子がエサを食べていたのにはさすがに驚いた!!

挿絵:道端にいたイノシシ

(つづく)

【解説】

インド到着初日の報告である。
この時はまだ絵手紙仕立てでハガキを出そうなどと思ってもいなかったので、あくまで文字が中心となっている。なので今こうして文章をデジタル化するのが実に面倒である。
しかしこの後どうしたわけかだんだん絵が中心となって行く。
この時の旅では大好きなお酒も完全に断っていたので夜が実に長く、毎晩日記やハガキ、それからサイトにアップする文章などを黙々と書いていた。
まったく健全なんだか病的なんだかよくわからないのである。

目次へ行く次のページへ行く

ページのトップへ戻る