2001年5月12日:にじみ出る人徳 / デリー

インドな日々

2001/05/12 にじみ出る人徳 デリー

インドも朝は気持ちがいい、
気温だって35度くらいのものだ、はっはっはっ

私は朝の町を散歩しようとホテルを出て表通りに出た。
散歩を兼ねてネットカフェでも探そうというつもりだったのだ。

歩きはじめてすぐに若い男が声をかけてきた。
男は私に、いいネットカフェがあると言うのだ。

な、なんで私の考えてることがわかったのだ?

不思議に思いながらも男の言うことをさらに聞いていると、接続がとっても早くて快適なネットカフェだと言うではないか。

私は「さすが私だ、インドでもその人徳が認められ、自然に人が寄ってくるのだな、なんてラッキーな男なんだ」とすばやく理解し男の話しを真剣に聞くことにした。

男は「そこは接続が早い代わりに料金が高いのだが、今は朝のハッピーアワーなので安いのだ、すぐそこだ」と言う。

ますますラッキーではないか。恐いくらいだ。

私は男といっしょに歩きはじめた。
男はよほどこの私とお話がしたいらしく、しきりに話し掛けてくる。
内容はありきたりのことなのだが、まあ相手になってやろう。

しかしすぐそこと言ったわりにはぜんぜん着かない・・・へんだな?

私は男に、まだ着かんのか?と聞くと、男は、すぐそこだ、と言う。

こんなやり取りを繰り返しながら30分も歩いて着いたのは小さな旅行社だった。

中には目つきのするどい男がおり、チケットの手配してやると言う。
私は自分でやるからいいと言ったのだが、男もなかなか引き下がらない。
まったくこんなに好かれて、私の人徳にも程があると言うものだ。

そのあとも、私がおみやげ屋に行こうと歩いていれば、もっといい店を教えてやろうとか、歩き疲れたと思うとタクシーにお乗りなさいとか、絵葉書を買えとか、金をくれとか、たばこはないかとかうるさいのだ!おまえら!

こんな具合に、私のインドでの人気は気温と同様うなぎ昇りなのである・・・・
あー、うなぎ・・・登亭のうなぎ・・・

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

ページのトップへ戻る