2005年6月17日:現地発信メルマガ「インドからこんにちは」26

わたくし的インド案内

2005/06/17 現地発信メルマガ「インドからこんにちは」26

昨日はインドに来てから一番暑かったように感じました。
おそらく45度くらいはあったのではないかと思います。

デリーは今「乾季」ですので、ぜんぜん雨が降りません。
たまに路地裏で上から変な水が滴り落ちて来ることはありますが、まず雨にあたることはないでしょう。

そんな乾燥した空気に強い日差しですから、そりゃあもう水分補給は欠かせません。欠かすとホント死んじゃいます。
なので道端のそこここには水道や水がめ、水桶のようなものがあり、人々はそこで水分補給をしたりします。

ただし、旅行者は地元インド人みたいにそれを飲んではいけません。
お腹を壊してしまいます。気をつけましょう。

さて、今デリーの街角では至る所で布張りの急造テントが設けられ、たくさんの人々がそこに群がっている光景を目にします。
「テント」と言っても布で平らな屋根を設け、さらに陣幕のような感じで壁を造ったものです。
テントの前面はすっかり開放されていて、会議用の長テーブルみたいなものでカウンターができており、そこに人々がコップや水筒を差し出して何かをもらっているのです。

何でしょう?

我がタクシードライバー、バルジに聞くと、シーク教のお祭りと言うことでした。

なるほど、今しがた通り過ぎたテントの前では、シーク教独特のターバンを巻いた若者が、道行く車を呼び込んでいました。

そしてそのテントでは甘いピンク色の水が振舞われるということでした。

バルジは私に「ウォーター、飲むか?」と聞いて来ました。

えっ? あのピンクのを飲むのか? この私が・・・

私はしばらく思案をしました。はたしてあんなの飲んで大丈夫だろうかと。

そして出した結論は、飲むぞ!  ちょっとだけ、 でした。

するとバルジは、自分の水筒を出してそこからピンクの水を飲ませてくれたのです。
そうでした、バルジはターバンこそ巻いていませんが、シーク教徒だったのです。
彼は今朝方どこぞのテントでその水をもらってきてあったという事です。

バルジのお世辞にもきれいとは言えない水筒の、さらにそのフタに注がれたピンクの水を覗き込みながら、あー、やめときゃよかったかな・・・と後悔した私ですが、出されたものを断っては失礼です。それにその日は朝一で行った業者のところでも「歓迎の水」を出され、一口ではありますが、そいつを飲んでしまっていましたので、えーい、もー、どーでもいいや!と口に含みました。

う~ん・・・甘い・・・

聞けば中身は水とミルクと砂糖、それに色付け粉とのことでした。

ようやく1杯飲み終えると、すかさずバルジは「もう1杯どうだ?」と勧めて来ましたが、さすがにそれは断りました。

でも、せっかく飲んだので、その水の名前くらいは知りたいです。
知らなきゃメルマガでもご報告できませんから。

そこで私はバルジにその名前を尋ねました。

「サーモス」とバルジは答えました。

へぇー、サーモスって言うのか・・・

「中の水がなかなか温まらない仕組みになってる」

・・・

それってさ、その水筒の説明じゃん!

それ以上はバルジとは会話にならないので、その後行ったシーク教徒の業者に聞きました。
それによるとその水は「カッチ・ラッシー」というもので、こんな暑い季節でも、そいつを飲んでいれば健康が保てるとのことでした。

でも、部外者の私にとっては、逆に命取りになるのでは・・・

とそんなことを考えていると、いつもの通り「何を飲む?」と聞かれたので、私はつい「冷たいものをくれ」と言ってしまいました。

そして5分後私の前に出されたのは、大きなコップに入った少し濁った水だったのです。

中を覗くと、小さな種のようなものが浮いています。

でも、

断ったら失礼です。

恐る恐る口に少し含むと、すっぱしょっぱあまい味がして、なんだか少しイオウ臭いです。

あー、わかった・・・これはニンブー・パーニーだ!

確認したらやはり「その通り!」と言います。

ニンブー・パーニーとは「レモン水」のことで、街のあちこちでそれを商う屋台を見かけます。
屋台はたいていアルミ張りの箱車で本体がタンクになっており、上部にはポンプがついています。そして客の求めに応じて、そのポンプでコップにニンブー・パーニーを汲み上げるという仕掛けなのです。
インド人はよくその屋台の前で足を止め、そいつをゴクゴクと飲んではまた立ち去っていくのですが、私は今まで怖くてそんなもの飲んだことがありませんでした。
だって生水でさえ危ないのに、あんな箱車の中のタンクに入ってるんですよ。
そんなの飲めます?

でも、現実には目の前にそいつが出されてしまった以上、飲まないわけにはいきません。

あー、今日はなんて日だ。
朝一の生水から始まり、ピンクの水に、今度はニンブー・パーニーかよ・・・
今日飲んだ中で一番マシだったのは、サイフ屋におごってもらったジュースだな・・・
まあそーゆー日なんだな、今日は・・・

私はゆっくりゆっくり飲みました。
しかしゆっくり飲むとなかなか減りません。
ホントコップがでかいのです。いえ、今日はひときわでかく感じます。

それでもなんとか飲み干し、笑顔で「サンキュー」と言った私の頭の中は、「早くビールで中和しなければ・・・」だったのであります。

さて、本日も質問を頂いておりますので、それにお答えしたいと思います。

今日は「がんちゃん」さんからのご質問です。
ちなみにがんちゃんは、1泊3日でデリー旅行をしてしまう無謀者です。

【質問】

飛行機は、どんな機内食が出て、インド映画はなにをやっていましたか?

はい、それではお答え致します。

機内食はいつも通りノン・ベジタリアン用が「インド風チキンカレー」と「サワラ」の和食で、ベジタリアン用は野菜のカレーでした。(たしか・・・)

映画はサルマン・カーン主演の「Lucky」でした。
たしかサルマンが高校教師かなんかで、シャレた制服の女生徒が生意気そうに踊る映画です。

でも私、

寝てました・・・

すまん!

あと、昨日の質問の「インドの寒暖計」に関しては、デリーの小学校が夏休みで閉まっており、校庭の百葉箱にまでたどり着けませんでしたので、もう少々お待ち下さい。

今日の質問コーナーはそんなところですが、またなにかございましたら質問をお寄せ下さい。

えー、実は私、明日と明後日(土日です)は休暇を頂き、アグラとジャイプール1泊2日小旅行に行って参ります。

えっ?

すでに休業中なのに更に休暇かよ?

・・・・・

えーと、それはですね・・・本当は休暇じゃないんです。

みなさまに、デリー以外の場所も紹介したいと思ってですね・・・はい・・・

とにかく、写真もたくさん撮って参りますし、アグラは50度に迫る暑さということなので、そこら辺もしっかりレポートさせて頂きますので、ね、行かせてちょーだい。

そんなわけで明日、明後日はメルマガはお休みです。

みなさんもメルマガから開放され、すがすがしい週末が迎えられるというわけです。

よかったよかった。

では、超灼熱のアグラへ行って参ります!

そして、

また月曜日にお会いしましょう!

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

ページのトップへ戻る