2004年4月24日:現地発信メルマガ「インドからこんにちは」12

わたくし的インド案内

2004/04/24 現地発信メルマガ「インドからこんにちは」12

今日のインドも快晴です。気温も40度に達するでしょう。

と、ここまで定型文にしてお送りして参りましたデリーからのメルマガなのですが、昨夜はデリーにも雨が降りまして、街の至るところに大きな水溜りができておりました。
気温も多少は下がったようで、おそらく40度を下回るのではないかと思います。

さて、私はいよいよ今夜のフライトで帰国致します。

普通帰国の日はなにかとあわただしく、友人知人がたくさん見送りに来て、帰る間際にお土産をたくさん持たされて再度荷造りをしたりするのですが、う~ん・・・今日は誰もいません。

そこで時間つぶし・・・忙しい時間を割いて最後のメルマガを出そうと思っております。

えっ? もう来ないだろうと油断してた?

私はインド人くらいしつこいのです。ふふふ・・・

◆□◆□◆□◆□◆□◆  本   題  ◆□◆□◆□◆□◆□◆

2週間前、あの壮絶なゴキブリとのバトルで幕を開けた今回のインドの旅も、いよいよあと数時間で終わろうとしております。

毎回来るたびに変化を見せるインドですが、大都市デリーに息づく人々の心は、思いのほか変わらずにいるのかもしれません。

あのニューデリー駅のあんちゃんたちも、相変わらずのクソ野郎振りでその健在さを見せ付けてくれましたし、ビハール州からの出稼ぎ男は、なけなしのお金で私にチャイをおごってくれました。

私もそんな彼らの行為を素直に受けとめ、ニューデリー駅のあんちゃんには怒鳴り返し、ビハールの出稼ぎ男にはチャイを3回ジュースを1回おごってもらいました。ちょっと悪かったかな・・・

チャイというのは甘い甘いミルクティーのことです。
価格は一杯2~3ルピーです。(地域によっても違うと思いますが)

このチャイは庶民の大切な嗜好品のひとつでありまして、チャイを供するチャイ屋は街の至るところで目にすることができます。

オートリキシャやサイクルリキシャの車夫なども、仕事の合間に一杯のチャイをゆっくり飲みながら、周りの人と話をしたり新聞を読んだりしています。本当にひと時のくつろぎの時という風景です。

暑いインドで熱いチャイ、しかもその味がものすごく甘いときたら、慣れない人はちょっと引いてしまうかもしれませんが、私の経験ではこの熱いチャイを飲んでるうちはわりと体調を維持できます。

これが喉の渇きに負けて冷たいものを飲み始めますと、途端に体調を崩し、ひどい下痢に見舞われたりします。(あくまでも私の場合です)

とはいえ、やはり暑い季節に冷たい飲み物はおいしいものです。
特に今のインドの季節は乾季にあたりますので、水分補給は必要です。

それではインドの冷たい飲み物にはなにがあるかといいますと・・・

まず一般庶民に古くから飲まれているものに、サトウキビのジュースやレモン水、それから果物をその場で絞る正真正銘のフレッシュジュースなどがあります。

ただそのあたりの飲み物は、ちょっと観光で来たような方は手を出さない方が無難かと思います。(私もフレッシュジュース以外は飲んだことがありません)

それでは何を飲んだらいいのかと申しますと、ビンや缶のジュースということになります。

インドでもコカコーラやペプシコーラはどこでも売っていますが、どうせインドに来たのなら、そんなものを飲まないでインド特有のものを飲みましょう。

私の一押しは「リムカ」です。

味はレモン(他にもあるのかな?)の味で、適度な炭酸と酸味が乾いた喉に染み渡ります。

あとは「サムズアップ」というコーラ色の飲み物があります。
味は・・・ん~・・・ちょっと変わったコーラというか・・・ドクター・ペッパーみたいなというか・・・です。

ひと昔前にはカンパコーラというのがあったのですが、市場開放によってコカコーラやペプシに駆逐されてしまったようです。
まあもともとインドが市場を閉鎖する前に国内にあったコカコーラのノウハウを引き継ぎ(というか分捕って?)生産されていたものだったらしいので、それはそれで仕方がないのでしょう。

そして今テレビのCMで大々的に宣伝している新商品があります。

それは「バニラ・コーク」です。

CMでは尾藤イサオのようなリーゼント&ロックンローラー姿のインド人が、それはもうノリノリで宣伝しています。

私もさっそく買って飲んで見ました。500mlのペットボトルのやつが15ルピーでした。

色は特に普通のコーラと変わりません。

問題は味なのですが・・・ごくごく

ふ~ん・・・なるほどバニラの香りがしますね・・・ごくごく

ん? どこかで飲んだことのある味だな・・・こりゃ・・・ごくごく

あー、これはコーラフロートの味だ!

自分でもなんともあたりまえの説明になってしまい情けないのですが、でもそれはまさしくあのコーラにバニラアイスを乗せたコーラフロートのそれであり、特にアイスが溶けてコーラに混ざって来たときの味そのものなのです。

そのあとCMの声によぉ~く耳を傾けてみたら、たしかに尾藤イサオも「バニラ・アイスクリーム・フレーバー」と言っているようです。

しかしなんですね、あの「スカッとさわやか!」なコカコーラも、インド人の手にかかるとアイスの溶けたコーラフロート味になってしまうんですね。

う~ん、これは今後もインドの情報は要チェックだなあ・・・

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

さてさて、これで本当にインドからのメルマガはおしまいです。

連日のメルマガ攻勢に飽き飽きしたころかと思いますので、この辺でしばしのチャイブレークと致したいと思います。

帰国後の木曜日には新たなメルマガを(もちろん日本から)出したいと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

今回のインド滞在中に頂いたたくさんのメールや書き込みに対しまして、充分な返事が書けませんでしたことお詫び申し上げます。

何かご質問などがございましたら、今後もどうぞお気軽にメールや書き込みでお寄せ下さい。

それでは、これでニューデリーからの報告を終了致します。

ありがとうございました!

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

ページのトップへ戻る