2004年4月13日:現地発信メルマガ「インドからこんにちは」1

わたくし的インド案内

2004/04/13 現地発信メルマガ「インドからこんにちは」1

このところ気温もぐんぐん上昇し、とうとう40度を超える暑さになって来ました。暑中お見舞い申し上げます・・・・

というわけで、私は今インドのニューデリーに来ています。
そしてそんな異国の街角のネットカフェよりこのメルマガを書いています。

それでもおそらく中には「え~、これ日本で書いといたのをただ出してるだけじゃないの」なんて疑り深い方もいるかと思います。

それでは私が今まさにデリーにいるというその証拠に、今隣ではインド人がパソコンをいじっています。

あっ、何か話し掛けて来ました・・・

えっ? そのコインを換金しろ・・・

あのね、それ日本のコインじゃないのね。韓国の100ウォンなのね。

えっ? いくらくらいかって?

う~ん・・・たぶん5ルピーか10ルピーくらいじゃない。

あのね、今お金払ってネットにつないでるんだから、余計なことごちゃごちゃ言わないで欲しいんだけど・・・

あっ、すみませんでした。隣のインド人が話し掛けてくるものですから。

さあこれで私が本当に今デリーにいることがお分かりになったと思います。

今日はちょっと時間が取れましたので、いつもの配信タイミングと違いますが、メルマガを書いております。

それでは今回は、インドの話題のみでお送り致します。

◆□◆□◆□◆□◆□◆  本   題  ◆□◆□◆□◆□◆□◆

今日のデリーの最高気温は約40度です。

ただ日本の夏と違い湿度があまり高くないので、直射日光さえ避ければわりと過ごしやすいです。(と私は思います)

インドは4月から夏を迎えますので、これからまだまだ暑くなります。
だいたい45度から、暑い(熱い?)ときには50度を超すことも珍しくないのです。(もちろん場所にもよるのですが、とりあえずデリー近辺のお話です)

さて、よくインドは「悠久の国」なんていう表現をされますが、デリーに関して言えばそれはもう来るたびに変わって行きます。

まず空港の雰囲気が変わりました。良くなったのです。

それでも日本の空港から初めてインディラ・ガンディー国際空港に到着した人は、ちょっと戸惑うかもしれませんが、前より、いえ前回よりすごく良くなりました。

税関を抜けますと両側に出迎えの人が待つ通路を通るのですが、今回は非常に静かでした。気持ち悪いくらいです。

以前はその通路を前にして一瞬立ちすくんでしまうような、それはもう異様としか言い様の無い喧騒と活気に満ちていて、あらゆる方向から飛び交う呼び声に、頭の中が真っ白になってしまったものです。

初めてインドに行った友人の弁を借りるなら、「あれはボクサーがリングに向かうとき通る通路のようだ」となります。

つまり税関を出ると、みんなが一斉にこちらに向かい大声で声援や罵倒を浴びせかけてくるのです。
あるものは迎えの客の名前の入ったカードを掲げ、あるものはこぶしを振り上げ、そして怒り狂った民衆は火を放ち・・・あっ、これはうそです。さすがにそんなことはありません。

でも以前は本当にそのくらいの勢いでした。
そしてたいていの人はその状況を見ただけで、「何で旅行先をインドにしちゃったんだろう・・・サイパンにすればよかった・・・」と後悔してしまうのでした。すでに遅いんですけど・・・

しかし今回は拍子抜けするほど静かでした。
だいいち迎えの人が少ないです。
いつもはしつこいタクシーの呼びかけさえも一度だけでした。

う~ん・・・私の人気も落ち目なのかな・・・

などと、元アイドルのような心境になってしまいました。

実はいろいろ規制が厳しくなり、あまり簡単に空港には近づけなくなってしまったということです。私の人気が落ちたわけではないようです。

変わったのは空港だけではありません。
今デリーは「デリー・メトロ」という地下鉄工事の真っ最中なのです。

最近東京の営団地下鉄も「東京メトロ」と名称変更をしましたが、たぶんそれは「デリー・メトロ」に対抗したに違いありません。

そんなよその国にも影響を与えるくらいの勢いで工事は進んでいます。
古い言い方をすれば「突貫工事」です。

先ほどから申しております通り、名称は「デリー・メトロ」なのですが、中心部を外れると地上に出て高架式になります。

前回(9ヶ月前)に来た時にはなかった、橋脚が延々と立ち並ぶ姿は目を疑うばかりです。

その工事区間のそばに「ハヌマーン寺院」というサルの神様のお寺がありまして、そこではもうだいぶ前から巨大ハヌマーンのモニュメントを造っております。

そうですね、高さにして30mくらい・・・かな?

とにかく大きくて、完成の暁には遠くからでもそのお姿が拝めるのではないだろうかと思っていたのですが、もたもた工事をしている間に、目の前にデリー・メトロの橋脚がにょきにょき立ってしまいました。
あれじゃあハヌマーンさまの鼻先を電車が通ることになってしまいます。
まあ電車の乗客にとっては「いい見もの」であるかもしれませんが。

そんな地下鉄と神様の同居するインドの状況を、ヒマをみては現地からお伝えしようと思います。

それではまた!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

はい、そんな訳で現地ニューデリーからのリポートでした・・・って、私ひとりでやってるんですが、とにかく時間を作ってはどんどん配信致しますので、覚悟しておいて下さい。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

ページのトップへ戻る