2010年インドの旅・実録編:第130回 ヴァラナシ

この記事は2010年にインドを旅した時(デリーでM君と合流してからの旅)のメモを元に各種解説を加えたものです。実際のメモ帳には文章が言葉足らずになっていたり、本来漢字で書き表すべきところをひらがなで書いていたりするところもありますが、それはあくまでも現場で書いて行く「メモ」という特性上仕方のないことであり、ここに転載するにあたっては最少範囲内で体裁を繕っております。だからもし「あっ、この人絶対この漢字書けてないよね」などと気が付いても、ぜひ黙って優しく見守って欲しいとお願いする次第なのであります。尚、登場人物の氏名に関しては原則としてイニシャル表記(一部インド人を除く)とし、人物の風貌や雰囲気を表現する言葉は、万が一本人が読んでもたぶん気にしないであろうと思われる場合のみ原文を採用しております。
〔当時のメモより〕
*金額に関しては当時1ルピーが約2円だったので、ただ単に2倍にすれば円価になります。

2010年5月20日(木) ヴァラナシ 晴 35℃

昨夜も停電の為に寝るのが遅くなってしまい、起きたのは6時45分だった。
ウダウダして過ごし、シャワーを浴び朝食。
いつもと同じチーズトマトオニオンガーリックサンドとコーヒー Rs.70也

1時半、S亭へ出かける。
今日も日本人の若者がたくさんいた。
カツ丼とキムチ。
今日は付け合せのキムチも出て来た。

ガートを通ってHotelへ

5時過ぎまでウダウダ。
シャワーを浴びいよいよ出発の準備が完了する。

6時少し前チェックアウト

リキシャはRs.80の約束でガート前から乗る。
本来ここはリキシャ乗り入れ禁止区域なのだがと不思議に思っていると、警官にRs.20渡していた。

駅には6:25頃到着。結構時間がかかった。

駅は人でごった返していた。列車の遅れが相次いでいるらしい。
我々の列車は始発であるので定刻に出る予定。席もちゃんと確保されていた。

19:50頃いきなり入線して来た。

水を買って無事乗車。
席は通路側だったので、早々に上に上がりくつろぐ。

検札が済み、毛布とシーツ、タオルが配られ、本格的に寝る体勢に入る。

〔以下メモに解説を加えて〕

2010年5月20日(木) ヴァラナシ 晴 35℃

昨夜も停電の為に寝るのが遅くなってしまい、起きたのは6時45分だった。 ウダウダして過ごし、シャワーを浴び朝食。 いつもと同じチーズトマトオニオンガーリックサンドとコーヒー Rs.70也

このいつもと同じ朝食を食べるのもこれで最後である。いよいよ今日の夜行列車でデリーに向かうのだ。
インド、ヴァラナシの宿

1時半、S亭へ出かける。 今日も日本人の若者がたくさんいた。 カツ丼とキムチ。 今日は付け合せのキムチも出て来た。

S亭にはいつも日本人の若者数名がたむろしていた。こちらはこんなところで毎日ブラブラしていると非常に怪しまれる年齢なので、なるべく顔を合わせないよう時間を変えてS亭に行ったりしたが、いつでも彼らはいた。なので聞くとはなしに彼らの話が耳に入って来る。みんななかなかのツワモノで、もう何年も日本に帰っていない人もいるようだった。
インド、ヴァラナシの食堂

ガートを通ってHotelへ

ガンジス河を間近に見るのもこれでおしまいである。

5時過ぎまでウダウダ。 シャワーを浴びいよいよ出発の準備が完了する。

この宿は12時チェックアウトとなっているが、半日分を払って夕方まで部屋を使わせてもらった。ウダウダ納めをする。

6時少し前チェックアウト

すっかり慣れ親しみ、我が家のように思えて来た宿ともお別れである。はたしてまた来ることがあるだろうか。

リキシャはRs.80の約束でガート前から乗る。 本来ここはリキシャ乗り入れ禁止区域なのだがと不思議に思っていると、警官にRs.20渡していた。

ゴードウリヤーという交差点からガートまでは、オートリキシャは進入禁止である。駅からガートを目指すと、そのルールを盾に交差点で降ろされる。 しかし地獄の沙汰も金次第、20ルピーでその規則は解除のようだ。従って実際の運賃は60ルピーということになる。
インド、ヴァラナシのオートリキシャ

駅には6:25頃到着。結構時間がかかった。

ずいぶん時間がかかっているように思えたので、もしやおかしな所に連れて行き、割増をせびるのじゃ・・・と思った頃に駅に到着した。

駅は人でごった返していた。列車の遅れが相次いでいるらしい。 我々の列車は始発であるので定刻に出る予定。席もちゃんと確保されていた。

列車が遅れれば当然ホームで長いこと待たされることになるが、私は今日の列車に乗るために一週間もヴァラナシで待ったのであった。なのでこれ以上待たせないで欲しい。インド、ヴァラナシ駅

19:50頃いきなり入線して来た。

それでも定刻の19時15分から遅れること35分、ついにわれらが「SHIV GANGA Express」が入線して来た。

水を買って無事乗車。 席は通路側だったので、早々に上に上がりくつろぐ。

「通路側」とは列車の側面と並行して設えられた寝台。グループだったら向かい合わせの席(寝台)もいいが、一人や二人の場合はこの通路側の席が快適である。
インドの列車

検札が済み、毛布とシーツ、タオルが配られ、本格的に寝る体勢に入る。

今回の列車もエアコン付の二等だが、すべての列車で毛布やシーツが配られるわけではない。おそらくこの「SHIV GANGA Express」は、首都デリーとヴァラナシを結ぶドル箱列車で、外国人観光客もたくさん利用するため、こうしたサービスが行き届いているのであろう。 たいていのインド人はこの後夕食タイムとなるが、私は夕食を食べず早々とカーテンを引いて寝てしまった。 さあ、明日目を覚ますといいよデリーである。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドのマフラー