インドの列車の設備・モバイル用電源供給コンセント

今やインドの列車にもモバイル用の電源供給コンセントがある。

これはエアコン付二等車(A/C 2nd)のものである。

インドの列車のコンセント

このコンセントは私のベッド(上段)の枕元にあった。みんなで使うものなので、夜中に知らないおっさんが枕元辺りでガサゴソすることもあるが驚いてはいけないのだ。

でもまあエアコン付二等車は上級クラスであるので、スマホやタブレットの普及率からしてもこれくらいのサービスは特に驚くことではない。

しかしそれがスリーパークラス(寝台車としては一番下のクラス)にもあるとなると話は違う。おお、インドもついにここまで来たかと思わずにはいられない。

インドの列車のモバイル用コンセント

乗客共有のコンセントというのは同じだが、列車の等級によって乗客数が違うので競争率も断然違って来るのである。

なお上級クラスの車両でも乗客一人に対してひとつのコンセントが用意されているわけではないので、基本的には早い者勝ち、もしくは強いもの勝ち、または民主的話し合いによる譲り合い(まあやっぱこれが一番ですな)が必要となるのである。

インドの南京錠