南インドの休日:その19 / バックウォーターでのハウスボート滞在(中編)

昼食終了後はふたたびクルーズが始まる。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートバックウォーターと呼ばれるアレッピ周辺の水郷地帯は、主に水田として活用されていて、運河とは椰子の木の茂る畔で仕切られているが、低い船からでも時折田んぼが見えたりする。
稲が刈り取られた後なのか、それとも田植えの直前なのか、土があらわになった田んぼには、餌を求めておびただしい数の水鳥たちが集まって来る。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートまた運河沿いは生活の場でもあり、人々は広い畔というか中州というか、とにかく水に囲まれた土地に家を建てて住んでいる。
水路が道路より発達したこの地では、さしあたりこの家などは大通りに面した一等地に建っていると言えるのかもしれない。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートわがハウスボートはそんな大通り的水路を進んでいるのだが、それだけに行き交うハウスボートも多く、ひんぱんにすれ違う。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート先にも述べたようにハウスボートにもいろいろな大きさのものがある。
今すれ違おうとしているこれなどは二階建ての大きなものである。きっと家族や仲間の大グループで借り切っているのだろう。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートいずれにせよハウスボートに乗ってるのは休暇を楽しむ人たちばかりなので、みんな一様にウキウキしていてテンションが高い。酒も入っているのかもしれないが、若者のグループなどはすれ違う時に大げさな身振りで呼びかけて来たりするので、こちらも負けずに元気よくあいさつをすることになる。
もっともこちらもほろ酔い気分なので悪い気はしないのである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそんな風にのんびりと田園風景や水鳥、そして行き交うハウスボートの人たちを眺めながら船に揺られていると、意外なほど早く時が過ぎて行き、早くも陽がヤシの葉影に隠れるほどの時間になってしまった。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートハウスボートは夜になると停泊し、翌朝まで動かない。
それは事前に知っていたが、はたしてどのような眺めの場所に係留するのだろう、あまり人気のなさすぎる場所でもさみしくて嫌だなあ、と思っていたら、船を着けた場所はなんと民家の庭先だった。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートしかも同じ場所に後から後からハウスボートがやって来る。
ほら、右側はこんな感じである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそして左側のこんな近い場所にもハウスボートがいる。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートこれならまあ決してさみしい思いはしなくて済むが、わざわざ船に泊まるという観点からしたらどうなのよ?
せめて舳先を岸とは反対側にして泊めてくれれば、広々とした運河が見えていいのになと思うのだが・・・

あまりの予想外の展開にしばし唖然としていると、ハウスボートのスタッフに加え、前の家から出て来たおっさんも手伝ってどんどん係留作業は進んで行く。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート最後に前の家からひかれて来ている電線に船からのプラグを差した。
なるほど、夜間電力は船に搭載した自家発電機ではなく陸地からもらうというわけか。
確かに夜中中発電機を回してたらうるさくて仕方ないわなあ。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそんなわけで夜は寝室のエアコンも使えるということになって、誠にありがたいことではあるのだが、てっきり椰子の林に囲まれた静かな水辺での滞在になるのかと思っていたら、こんな向こう三軒両隣、とんとんとんからりんと隣組みたいな感じになってしまい、あららあ、なのであった。

でもなんだかこのシチュエーション、昔あこがれたアニマル1(ワン)の世界みたいでちょっといいかもしれない。

注:「アニマル1」と言っても動物が出て来るジャングルの話ではなく、オリンピックを目指すレスリング選手の漫画である。 主人公の東一郎の大家族が船で暮らしているのだが、子供のころそれがうらやましかったのである。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

木彫りのガネーシャ