苦節30年、ついに巡り合ったのである・インドの真鍮製弁当箱

まあ「苦節30年」と言うとちょっと大げさですが、初めてその存在を知った時からすれば30年ほどかかりました。

それはこれ、真鍮製のインドの弁当箱(ランチボックス)なのです。

インドの真鍮製弁当箱

最近のインドの弁当箱はステンレス製がほとんどですが、その昔は真鍮でできていました。

こうした形の弁当箱をご覧になったことがあるという方は、結構たくさんいらっしゃると思いますが、ポイントはその材質、そうこれは「真鍮製」の弁当箱なのです。

私はこいつをもう長いこと探していたのですが、運がなかったのか縁がなかったのか、はたまた日ごろの行いが悪かったのか、とにかくなかなか巡り合うことができなかったのです。

ということで、そのことはこのサイト内の「インドの真鍮製弁当箱」に書いてありますので、よろしかったらご一読ください。

なお商品は「ラクダ隊商パインズクラブ楽天市場店」にて販売しております。

真鍮製のアンティーク弁当箱