旅の持ち物シリーズ・その29:タブレット端末、スマートフォン

時代の移り変わりによって、また技術や社会システムの進歩によって旅の持ち物は変わると思うが、小型の情報端末の登場は単に変化というより革命をもたらしたと言っても過言ではない。

タブレット端末

小型情報端末は旅のスタイルを大きく変える。

今までこのコーナーで28種類の「旅の持ち物」を紹介して来たが、そのうちの10種類もの「旅の持ち物」がこの情報端末でまかなえてしまえるようになった。

以下にその10種類を並べてみる。

◎ガイドブック
◎電子辞書
◎電卓
◎寒暖計
◎腕時計(標高計付)
◎方位磁石
◎音楽プレーヤー
◎カメラ
◎メモ帳
◎懐中電灯

最後の「懐中電灯」は実用にはちょっと無理があるかもしれないが、できないことはないだろう。
とにかく情報端末はこれだけのものをカバーできるほどの機能を持っている。さらに海外でも使えるスマホであれば、電話の機能はもちろんのこと、いつでもどこからでも各種チケットやホテルの予約ができてしまう。
また外国語の翻訳機能は会話だけでなく、カメラで撮影することで看板の文字まで翻訳してくれる。もう語学の勉強なんか必要ない。

しかしそれも情報端末がちゃんと機能していればのことである。
あまり機械を頼りにし過ぎると、ひとたび電池切れや故障などで動かなくなると一大事である。実際私のジャスト6,000円也!のタブレットは旅の半ばで突然沈黙した。

また何でも手のひらの上の画面で解決できてしまうと、その分周りの人との接点が少なくなるということもある。
たとえば見知らぬ異国の街で方角をすっかり見失ってしまったとき、宿の空き部屋を求めて手当たり次第に歩き回っているとき、次の街への移動手段がわからず右往左往しているときなど、普段の生活ではあまり味わうことのない無力感と不安感とで、恥も外聞もなく周りの人に助けを求めることになる。そしてそれがまた妙に気持ちが良かったりするのである。おそらく大人になるにつれ忘れてしまった「素直な気持ち」に立ち返ることができるからなのだろうと思う。

別に便利な道具を否定する気持ちはない。なにしろ私は子供の頃から算盤もできなければ字も下手だったため(今もだけどね)、電卓やワープロの出現には大喜びした口である。
でもせっかく旅に出て日常とは違う環境に身を置くのなら、少しは不便や不安な思いをして、人のありがたみを感じるのもいいんじゃないかとも思うのである。

インドの伝統工芸細密画

それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】洗濯ロープ ホテル どこにひっかける

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「洗濯ロープ ホテル どこにひっかける」

です。

********************

ちょっと長めの旅になると、どうしたって洗濯をすることになる。
でも、洗濯するのはいいけどどこにどうやって干したらいいのさ?という疑問が湧くのは当然である。

まず「洗濯ロープ」であるが、私の経験から言えばこれは日本の旅行用品店で扱っている、巻き取りリール式の洗濯ロープがおすすめである。巻き取りリール式の洗濯ロープこれは本当にすぐれもので、ロープは細くて丈夫だし、両端には吸盤やフックが付いているし、巻き取りリールは収納の時のみならず、ロープをぴんと張る時にも活用できるのでとても便利なのである。

ただし吸盤はまず使わない、っていうか使えない。
そりゃまあハンカチ一枚くらいなら平気かもしれないが、濡れたTシャツやズボンはまず耐えられない。
またもし吸盤自体が必死に絶えたとしても、吸い付けたガラスや鏡が外れて来ないとも限らない。なんせインドなのだから。

で、「どこにひっかける」なのだが、まずその前に、このロープではどのような留め方があるかを知っておこう。

1、フックをそのままどこかに引っ掛ける。
2、ロープをフックに通してループにする。
3、フック自体をコブ(ストッパー)として使う。巻き取りリール式の洗濯ロープとまあ、おおまかに言って以上の三方式がある。

ではいよいよ以上の方法を使ってどこかに引っ掛けるわけだが、やはり引っ掛けやすいのは壁に取り付けられている金具、たとえばカーテンレールだとか造り付けのタンスのバーだとかである。これはバーにロープを巻きつけ、上記「ループにする」の要領でフックで留めればいい。
インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしカーテンレールはものによっては意外とやわなものがあったり、壁にしっかり固定されていないものもある。またタンスも造り付けのものでなく置いただけのものでは、ずりずりと前進して来ることがあるので、事前によくチェックしてからでないと危険である。

次によく使う手は、ドアや窓、または造り付けのタンスの扉などに挟み込む方法である。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方これはフックをコブとして使う方法で、細いロープの部分をドアや窓の隙間に通し、フックの部分をストッパーとして使うのである。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしこの方法を使うとそのドアや窓が開けられなくなるので、ちょっと不便である。

その点エアコンのない安い宿は、窓に鉄格子がはまっていることがよくあるので、ロープの固定場所には困らない。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしこれもロープのもう片方はどこかに取り付けなくてはならないので、やはり上記の三方式を大いに活用し工夫して頂きたい。

なおロープを張る際、もし可能であるなら天井の扇風機の風の当たる場所を通して頂きたい。インドのホテルの天井扇風機季節やエアコンの有無でも違うが、比較的乾燥したインドではTシャツくらいならあっと言う間に乾く。うまくすると二毛作、三毛作も可能なので、ぜひ旅先での洗濯ライフを楽しんで頂きたい。

以上、少しでもお役に立てたら幸いである。

旅の持ち物シリーズ・その28:貴重品入れ

これはベルトタイプの貴重品入れである。日本風に言えば腹帯である。
大切なものを入れて腹に巻き、肌身離さず持ち歩くのである。
これ以外にも首から吊り下げるタイプもあるが、どちらも衣服の奥深くにこっそり潜ませるのが目的なのでごく薄い造りになっている。

インドに巻いて行った貴重品入れ旅に持って行く大切なものとしてまず思い浮かぶのはパスポートかと思うが、私はパスポートはこの中には入れない。パスポートはもちろん大切なものなのだが、宿泊や両替の際に度々取り出さなければならないので、こういうところには入れないのである。
ではいったい何を入れるのかというと、私の場合は「最後の手段」的なものを入れている。
たとえばパスポートを再発行してもらうための顔写真や現パスポートのコピー、航空券(e-チケット)の控え、ドルの現金(当座をしのげるくらいの金額)といったところである。
そのような最終兵器を貴重品入れ付属のビニールケースに入れ、口元をセロファンテープでしっかり封印してしまう。つまりそれを開ける時は本当に困った時だけなのである。

で、通常の貴重品は以前紹介したサブバッグに入れている。つまり私にとってはそっちが本当の貴重品入れということになり、私は常にサブバッグを絶対死守!(本当は命の方が大事)の覚悟で警護しており、もしかしたらバッグの中に毒蛇やサソリを潜ませてあるかもしれないので、うっかり手を出さないようにして頂きたい。

最後に経験に基づく使用上の注意事項をば。
この貴重品入れは腹のところに巻き付けるタイプなので、トイレにしゃがむ(インド式の場合)時も腹の位置に留まっているのが普通である。
しかしインドにしばらくいると粗食と下痢の連続で痩せて来るので、いつの間にか貴重品入れのベルトがゆるゆるになっていて、気が付けばズボンやパンツと一緒に足元までずり下がってしまっていてびっくりするなんてことがある。

なのでベルトは常に最適な長さに調整し、安全で快適なトイレライフをエンジョイして頂きたいと思う次第なのである。

インドのショール