旅の持ち物シリーズ・その29:タブレット端末、スマートフォン

時代の移り変わりによって、また技術や社会システムの進歩によって旅の持ち物は変わると思うが、小型の情報端末の登場は単に変化というより革命をもたらしたと言っても過言ではない。

タブレット端末

小型情報端末は旅のスタイルを大きく変える。

今までこのコーナーで28種類の「旅の持ち物」を紹介して来たが、そのうちの10種類もの「旅の持ち物」がこの情報端末でまかなえてしまえるようになった。

以下にその10種類を並べてみる。

◎ガイドブック
◎電子辞書
◎電卓
◎寒暖計
◎腕時計(標高計付)
◎方位磁石
◎音楽プレーヤー
◎カメラ
◎メモ帳
◎懐中電灯

最後の「懐中電灯」は実用にはちょっと無理があるかもしれないが、できないことはないだろう。
とにかく情報端末はこれだけのものをカバーできるほどの機能を持っている。さらに海外でも使えるスマホであれば、電話の機能はもちろんのこと、いつでもどこからでも各種チケットやホテルの予約ができてしまう。
また外国語の翻訳機能は会話だけでなく、カメラで撮影することで看板の文字まで翻訳してくれる。もう語学の勉強なんか必要ない。

しかしそれも情報端末がちゃんと機能していればのことである。
あまり機械を頼りにし過ぎると、ひとたび電池切れや故障などで動かなくなると一大事である。実際私のジャスト6,000円也!のタブレットは旅の半ばで突然沈黙した。

また何でも手のひらの上の画面で解決できてしまうと、その分周りの人との接点が少なくなるということもある。
たとえば見知らぬ異国の街で方角をすっかり見失ってしまったとき、宿の空き部屋を求めて手当たり次第に歩き回っているとき、次の街への移動手段がわからず右往左往しているときなど、普段の生活ではあまり味わうことのない無力感と不安感とで、恥も外聞もなく周りの人に助けを求めることになる。そしてそれがまた妙に気持ちが良かったりするのである。おそらく大人になるにつれ忘れてしまった「素直な気持ち」に立ち返ることができるからなのだろうと思う。

別に便利な道具を否定する気持ちはない。なにしろ私は子供の頃から算盤もできなければ字も下手だったため(今もだけどね)、電卓やワープロの出現には大喜びした口である。
でもせっかく旅に出て日常とは違う環境に身を置くのなら、少しは不便や不安な思いをして、人のありがたみを感じるのもいいんじゃないかとも思うのである。

シンプルデザインの真鍮製シンギングボウル

それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】洗濯ロープ ホテル どこにひっかける

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「洗濯ロープ ホテル どこにひっかける」

です。

********************

ちょっと長めの旅になると、どうしたって洗濯をすることになる。
でも、洗濯するのはいいけどどこにどうやって干したらいいのさ?という疑問が湧くのは当然である。

まず「洗濯ロープ」であるが、私の経験から言えばこれは日本の旅行用品店で扱っている、巻き取りリール式の洗濯ロープがおすすめである。巻き取りリール式の洗濯ロープこれは本当にすぐれもので、ロープは細くて丈夫だし、両端には吸盤やフックが付いているし、巻き取りリールは収納の時のみならず、ロープをぴんと張る時にも活用できるのでとても便利なのである。

ただし吸盤はまず使わない、っていうか使えない。
そりゃまあハンカチ一枚くらいなら平気かもしれないが、濡れたTシャツやズボンはまず耐えられない。
またもし吸盤自体が必死に絶えたとしても、吸い付けたガラスや鏡が外れて来ないとも限らない。なんせインドなのだから。

で、「どこにひっかける」なのだが、まずその前に、このロープではどのような留め方があるかを知っておこう。

1、フックをそのままどこかに引っ掛ける。
2、ロープをフックに通してループにする。
3、フック自体をコブ(ストッパー)として使う。巻き取りリール式の洗濯ロープとまあ、おおまかに言って以上の三方式がある。

ではいよいよ以上の方法を使ってどこかに引っ掛けるわけだが、やはり引っ掛けやすいのは壁に取り付けられている金具、たとえばカーテンレールだとか造り付けのタンスのバーだとかである。これはバーにロープを巻きつけ、上記「ループにする」の要領でフックで留めればいい。
インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしカーテンレールはものによっては意外とやわなものがあったり、壁にしっかり固定されていないものもある。またタンスも造り付けのものでなく置いただけのものでは、ずりずりと前進して来ることがあるので、事前によくチェックしてからでないと危険である。

次によく使う手は、ドアや窓、または造り付けのタンスの扉などに挟み込む方法である。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方これはフックをコブとして使う方法で、細いロープの部分をドアや窓の隙間に通し、フックの部分をストッパーとして使うのである。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしこの方法を使うとそのドアや窓が開けられなくなるので、ちょっと不便である。

その点エアコンのない安い宿は、窓に鉄格子がはまっていることがよくあるので、ロープの固定場所には困らない。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしこれもロープのもう片方はどこかに取り付けなくてはならないので、やはり上記の三方式を大いに活用し工夫して頂きたい。

なおロープを張る際、もし可能であるなら天井の扇風機の風の当たる場所を通して頂きたい。インドのホテルの天井扇風機季節やエアコンの有無でも違うが、比較的乾燥したインドではTシャツくらいならあっと言う間に乾く。うまくすると二毛作、三毛作も可能なので、ぜひ旅先での洗濯ライフを楽しんで頂きたい。

以上、少しでもお役に立てたら幸いである。

旅の持ち物シリーズ・その28:貴重品入れ

これはベルトタイプの貴重品入れである。日本風に言えば腹帯である。
大切なものを入れて腹に巻き、肌身離さず持ち歩くのである。
これ以外にも首から吊り下げるタイプもあるが、どちらも衣服の奥深くにこっそり潜ませるのが目的なのでごく薄い造りになっている。

インドに巻いて行った貴重品入れ旅に持って行く大切なものとしてまず思い浮かぶのはパスポートかと思うが、私はパスポートはこの中には入れない。パスポートはもちろん大切なものなのだが、宿泊や両替の際に度々取り出さなければならないので、こういうところには入れないのである。
ではいったい何を入れるのかというと、私の場合は「最後の手段」的なものを入れている。
たとえばパスポートを再発行してもらうための顔写真や現パスポートのコピー、航空券(e-チケット)の控え、ドルの現金(当座をしのげるくらいの金額)といったところである。
そのような最終兵器を貴重品入れ付属のビニールケースに入れ、口元をセロファンテープでしっかり封印してしまう。つまりそれを開ける時は本当に困った時だけなのである。

で、通常の貴重品は以前紹介したサブバッグに入れている。つまり私にとってはそっちが本当の貴重品入れということになり、私は常にサブバッグを絶対死守!(本当は命の方が大事)の覚悟で警護しており、もしかしたらバッグの中に毒蛇やサソリを潜ませてあるかもしれないので、うっかり手を出さないようにして頂きたい。

最後に経験に基づく使用上の注意事項をば。
この貴重品入れは腹のところに巻き付けるタイプなので、トイレにしゃがむ(インド式の場合)時も腹の位置に留まっているのが普通である。
しかしインドにしばらくいると粗食と下痢の連続で痩せて来るので、いつの間にか貴重品入れのベルトがゆるゆるになっていて、気が付けばズボンやパンツと一緒に足元までずり下がってしまっていてびっくりするなんてことがある。

なのでベルトは常に最適な長さに調整し、安全で快適なトイレライフをエンジョイして頂きたいと思う次第なのである。

インド先住民族の工芸品ドクラ

旅の持ち物シリーズ・その27:メッシュケース

これはジッパー付のメッシュケースである。

インドに持って行ったメッシュケースメッシュケースはマチ付のものなら衣類や道具類も納められ、それらを項目別に仕分けしておくと探す手間も省け、また再びバッグに収納する時にも便利である。

そんな旅の必需品ともなっているメッシュケースだが、持ち物を収納するだけでなく、ひとつ空のものを持って行くと、現地で入手したお宝を失くすことなく持ち帰るのに非常に便利なのである。

ここで言うお宝とは、列車やバスのチケットやレシートといった主に紙製品である。
もっともこれはあくまでも「わたくし的」なお宝であり、そんなものただの紙くずと思う人も当然いるし、またもっと別のものをお宝とする人もいるであろう。

とにかく私はいつもひとつ空のメッシュケースを持参し、せっせとチケットやレシートを収集している。
その際に重要なことは、チケットなどの裏や空きスペースに、これがいったい何なのかがわかるようなメモを残すことである。なにしろバスのチケットなどは、数字が書かれたマス目が印刷されているだけなので、素人目にはなにがなんだかよくわからないのである。ましてや帰国後時間が経ってしまえばますますわからなくなってしまうので、ひと手間かけてメモしておくと後からひとりで旅の思い出に浸ったりするのにいいのである。

まあ写真にしろメモにしろ、旅の記録の方法やその比重、または記録するかどうかは各自のスタンスによって大きく違うと思うが、もともと私はこういうものを集めるのが好きなのでやっていて楽しいのである。
それにどれも小さな紙切れのようなものばかりなのでそれほど荷物にはならないし、お宝が増えて行く一方で日本から持って行った蚊取り線香やトイレットペーパーが少なくなって行くので、荷物の量はうまいこと保たれていくのである。

インドのマフラー

旅の持ち物シリーズ・その26:蚊取り線香

これは蚊取り線香のケースである。比較的安全に火の点いた蚊取り線香を扱えるので便利なのである。

インドに持って行った蚊取り線香入れもっとも主役は中身の蚊取り線香ということになる。

インドといえば食べ物に群がるおびただしい数のハエ、というイメージがあるかもしれないが、なぜか私の記憶のインドにはハエはほとんど登場しない。つまりハエで嫌な思いをしたことがないのである。
もちろん安食堂でご飯を食べる時、ハエも一緒に食べないように手で払いながら食べたということは何度もある。自分が気に入った食堂をひとに紹介したら、後でそいつに「お前よくあんなハエだらけの所でメシが食えるな」と、感心とも軽蔑ともわからぬ言葉を頂いたこともある。
でも、私の記憶の中にハエで嫌な思いをしたというものがないのである。

逆に蚊に関しては嫌な思い出は山ほどある。なにしろ日本でだって夜中に耳元でプ~ン!という甲高い羽音を聞いたら、即座に飛び起き部屋の電気をつけて蚊を退治するまで眠れないほどなのだ。あ~、あの羽音を思い出しただけでも背筋が凍るぅ~

というわけで私はインドでは(も)蚊取り線香を焚きまくる。

日本の蚊取り線香は優秀で、その煙はちゃんと蚊を退治してくれる。
と書くと「当たり前じゃん」と言われるかもしれないが、インドの蚊取り線香は蚊を追い払うだけで決して殺さないと言われている。ガンディーも提唱したアヒンサー(非暴力)の精神がこんなところにも表れているということなのかもしれないが、まあ私としても蚊を殺すのが目的ではなく、自分が刺されなければそれでいいわけで、その証拠に他人が蚊に刺されていても痛くも痒くもなんともないのである。

それでも私は優秀な日本製の蚊取り線香を持って行く。
しかし持って行けるのは渦巻型が2個セットになっているものでせいぜい10枚、つまり20巻くらいのものである。
なので日本製を使い切ると仕方なくインドのものを買い求める。蚊取り線香はその辺の雑貨屋や薬屋などで普通に売られているので、「モスキート・コイル」と言えばすぐ出してもらえる。

もっぱら追い払うだけのインド製蚊取り線香は、一本では安心できず複数同時に火をつける。インドの蚊取り線香にも、ブリキの蚊取り線香立てがついているのでそれを使うのである。
安宿で広い部屋をあてがわれた時などは、寝床の周りの四隅で蚊取り線香を焚く。まるでなにかの宗教儀式のようである。

とまあ、ここまで書いてわかったが、安全蚊取りケースは一つでは足りないということだ。
私レベルの蚊嫌いの人は、できれば四つくらい持って行くといいかもしれない。

逆にブリキの蚊取り線香立てでもいいのなら、なにも日本からこんなものを持って行かなくてもいいということになり、そうなると今回の記事はまったく立場をなくしてしまうのである。たはっ!

インドのおもちゃ

旅の持ち物シリーズ・その25:メモ帳

旅の記録はお手軽かつリアルに画像を残せるカメラがメインとなるかもしれないが、補佐役として結構重要なのがメモ帳である。もっともこれも「おれは全部心に刻み込むから・・・」という人には不要なのではあるが。

私がいつも使うのはA6版(ハガキサイズ)のノートである。これは値段もお手頃(たぶん100円くらい)だし、大きさや重さも気にならないので使いやすい。

インドに持って行ったメモ帳これの使い方に関しては、特に説明には及ばないかもしれないが、ポイントはなんでもかんでも書き込んでしまうということである。
もちろん一日の終わりや空いた時間にまとめて日記みたいなものをつけるのもいいが、できればその場その場でマメにメモしておくと、後で日記を書くときにも役立つ。
たとえば食事などだが、最近ではカメラでサッと写真を撮る人は増えたが、それだけでは詳細を忘れてしまう。なので写真を撮るだけでなくメモ帳に簡単な絵を描いて、そこにいろいろ注釈を加えておくのである。特に値段なんかも書いておくと、時間が経ってから読み返した時、当時の金銭感覚や物価を思い出させてくれるいい材料になる。

また旅先で出会った人と住所交換をする時にも、そのメモ帳に相手に自筆で書いてもらえば、それがそのまままたとない記念品となる。
ただしその際はちょっと失礼でも、住所がちゃんと読めるかどうかをその場ですぐに確認し、もし読みづらい場合は相手に再度確認しながら自分の字で「訳文」を書いておくことが必要である。特に数字なんかは要注意なのだ。

とまあ私はそんな風にやっているが、写真もメモも各自の性格が出るところだと思うし、旅のスタイルもそれぞれなのでくれぐれも無理は禁物なのである。
自分の貴重な時間とお金を使って出た先で、メモを取ることに囚われて旅を楽しむことを忘れてしまっては、これはもう馬鹿げた本末転倒になってしまう・・・

いや、旅に来られなかった人たちに少しでも現地のことを教えてあげたいという人だっているので、そのために現地でせっせとメモするというのもまた旅のひとつの形なのかもしれないなあ。

あっ、こうしてブログなんか書いてる自分がそのクチなのかも・・・

インドの南京錠

旅の持ち物シリーズ・その24:カメラ

旅の記録や想い出を何で残すかといえば、やはりお手軽なのは写真であろう。まして今やデジタルカメラ全盛時代、小さなメモリーカードに何百、いや何千枚という写真が残せてしまうわけで、こいつを使わない手はないと思う。

そこで私が選んだのがこのカメラ。
別に特定のメーカーを宣伝するつもりはないので、選んだポイントを挙げてみたいと思う。

インドに持って行ったカメラまず最初のポイントは堅牢さである。やはり旅先で壊れてしまうのだけは避けたい。
特にインドは細かい砂埃が多いので、防塵がしっかりしているものが望ましい。
その点このカメラは防塵だけでなく水深5mの防水、さらに1mの高さからの落下衝撃にも耐えるという。
水中撮影をするわけではないが、防水機能は雨や汗などを気にしなくて済むのでありがたく、また汚れた時に水洗いできてしまうのもいい。

それからこのカメラはレンズが飛び出さないデザインなのが気に入った。
そもそも突起はなるべくない方が収納にもいいし、スイッチを入れるたびにウィーンという音とともにレンズが前方に出るタイプは故障が怖い。なにしろインドは細かい砂埃が多いのである。可動式の鏡筒部分にそうした砂が入って動作不良を引き起こすことは充分に考えられるのである。

レンズの焦点距離に関しては、私はどちらかといえば広角域を重視している。特にコンパクトカメラでの望遠機能はたかが知れているし、デジタルズームなんてのはただのまやかしだと思っている。今はパソコンを使えば素人でも簡単に写真の拡大や切り取りができてしまうので、なにも撮影現場でその作業をすることはなかろうと思うのである。

インド・アーマダバードのシディバシールモスクで、広角域であるが、このカメラは28mm(35mmフィルムカメラ換算)であるので、狭い場所や大きな建物の撮影に適している。
たとえばアーマダバードのシディ・バシール・モスクなどは、入り口に建つ二本の美しい塔が見ものなのだが、いかんせん門前が狭い場所であるために35mmレンズでは全体は写せない。それが28mmレンズなら全景が入るのである。

その他の選定ポイントとしては、当然大きさや重量も重要ではあるのだが、そもそも「コンパクトカメラ」というくくりのものならどれも充分軽くて小さいと思う。

またカメラの売り文句でデカデカと掲げられる画素数に関しても、現在発売されているカメラならどれも充分過ぎるスペックなのではないかと思う。少なくともコンパクトカメラを選ぶときには、私はほとんどその数字を気にしない。

とまあ以上が私のコンパクトカメラの選定ポイントであるが、もちろん人それぞれ目的や好みが違うわけなので、たとえば「動画機能が良くなければ」という人もいれば、「決め手は色とデザイン!かわいくなきゃアタシ絶対イヤ!」という人もいることであろう。

またカメラなんかに頼らず「俺はすべてを心に刻むぜ」ってのも、それはそれでなかなかカッコいいのではないかとも思うのである。

旅の持ち物シリーズ・その23:コイルヒーター

これはコイルヒーターである。
メーカーの商品名は「ミニ・クッキング・ヒーター」となっているが、まあたいていはお湯を沸かすくらいにしか使わないのではないかと思う。

インドに持って行ったコイルヒーター使い方は簡単。コップなどに水を入れ、そこにこのヒーターのコイル部分を浸してコンセントに差すだけである。これで瞬く間にお湯が沸く。
もっともこいつは「お湯なんか宿でもらえばいい」という人にはまったく必要ないし、そうでない人でも別に無くてもそうそう困るものではないと思う。
しかしあればあったで部屋でお茶やコーヒーが飲めるし、場合によってはカップラーメンくらいは食べられるので便利なのだ。なので私は持参している。

このコイルヒーターの最大の良さは軽量かつコンパクトということである。なにしろ電気コードの先に電熱線が付いているだけの構造なのだ。
でもってこいつの最大の難点は、壊れやすいということである。
しかしメーカーの名誉のために言っておくと、正確には「壊れる」のではなく「制御される」のである。
どういうことかと言うと、空焚きによる事故を防ぐために一定の温度以上になるとヒューズが切れる仕掛けになっている。なかなかの安全設計なのである。

ただし問題はそのヒューズが完全密閉式で内臓(たぶんコイルの根元の白いプラスチックの部分に)されていて、交換及び修理が不可ということである。
しかもヒューズはコイルを水に入れる前にコンセントに差した直後に切れる。またお湯を沸かした後、コンセントから抜く前にコイルをお湯から引き上げてもすぐ切れる。
なかなかの安全設計なのだ。でもって修理が効かないのだ。

とまあ、これは使用方法にかなり注意が必要であり、旅の途中で壊れても修理ができないので・・・

いや、もしかしたらインド人なら直してしまうかもしれない。なにしろヒューズだけの問題なのだから。

ということで、もし旅先でこれが壊れても捨てたりせず、宿の部屋のテーブルなどにそっと置いて来るといいかもしれない。そしたら彼らはそれを有効利用してくれるかもしれないから。

で、私はそれをすでに2回実行した。

インドのマフラー

旅の持ち物シリーズ・その22:音楽プレーヤー

これはウォークマンである。

インドに持って行ったウォークマン初めはカセットテープから始まり、CD、MDと来て今やデジタル音源をメモリーに入れる方式となったウォークマン(だけじゃなくて他社製品もそうだが)。お蔭で大きさや重量はぐぅ~んとコンパクトになり、電池寿命は延び、膨大な曲数をいとも簡単に持ち運べるようになった。

とまあ現在もどんどん進化している音楽プレーヤーだが、私の愛用するこのタイプはメモリー1GBで液晶画面も小さく、おまけにイヤホンのコードが根元のあたりでむき出しになってしまい、セロファンテープで補修して使ってるという有様なのである。

しかしどんな道具でもそうかもしれないが、ことこれに関しては旅に持って行くかどうかは賛否が分かれるところかもしれない。

なぜ普段聴いている自分の好みの音楽を、わざわざインドに持ち込む必要があるのだ? そんなことよりお前は、インドの大地の息吹を感じ、人々の熱気とエネルギーを全身に受け、そしてなにより自分の心の声に耳を傾けるべきではないのか?

いいの。別にそんなの各自の好き好きで。

ということで、私は列車やバスの移動の時や就寝時に日本から持ち込んだ音楽を聴いている。
たとえば車窓に広がる砂漠を見ながら中森明菜の「SAND BEIGE -砂漠へ-」を聴く。
バザールの喧噪や細い路地を思い出しながら久保田早紀の「異邦人」を聴く。
ラクダの顔を思い浮かべながら八代目三笑亭可楽の「駱駝」を聴く。
いやあ、実にベタな選曲並びに選落語である。

でも実際、寝台列車などで移動する時にこうした音楽プレーヤーがあると、周りの騒音を遮断してくれるのでとても助かるのだ。
なにしろインド人は宵っ張りでなのである。午後9時頃になって夕飯の弁当を食べ始めたりしてなかなか眠らなかったりする。
それから夜行列車は夜中にも駅に停まり、そこで人の乗り降りが行われる。しかも悪いことに自分の席の近くにグループ客などが乗り込んで来たりすると、あたりかまわぬ話し声や大量の荷物を運びこむ音が非常にやかましいのである。
そんな時音楽プレーヤーのイヤホンを耳の穴にきっちり押し込み、自分の好きな音楽(または落語)を聴いていれば、ほとんどストレスを感じることなく、あまつさえ傍若無人に振る舞うインド人たちに微笑みかけることさえできるというものなのだ。

そんな私の愛用のウォークマンも、ついに先日バッテリーがご臨終と相成った。
そこでちょっとだが貯まっていたポイントを使い、通販で新しいウォークマンを買った。

今度のはメモリーが4GB、バッテリーも30時間くらい持つとのことで、これなら長距離移動もなんのそのである。
さらにイヤホンや再生モードも進化していて、外の騒音をより遮断してくれるようになったらしい。

さあ、いつでも何人でもかかって来やがれ!インド人!

インドの南京錠

旅の持ち物シリーズ・その21:方位磁石

これは方位磁石である。腕時計のバンドに付けるタイプのものなので、小さくて軽くてほとんど邪魔にならない。

インドに持って行った方位磁石こいつをいつ使うかと言えば、まず街歩きの時である。
特に夜や曇りの日など、太陽が出ていないときは方角を誤りやすいので、これがあると安心である。
また日が出ていても、インドは場所と季節によっては太陽の位置が北側になることがあるので、日本的感覚で歩くと方向違いになることがある。なのであまり自分の感を当てにせず、たまにこいつでチェックするといいのだ。

それから列車やバスで移動する時にもこれで進行方向を確認してみると、意外な方角に向かっているのがわかったりしてなかなか面白い。

もっともこれはコンパクトな方位磁石なので、おおよその方角を見定めるくらいにしか使えない。地図に磁北線を書き込むくらい慎重な人は、もっと精度の高いものをお持ちになることをお勧めする。

あっ、もしかしたらもうGPS機能付の携帯端末で地図を見る時代なので、方位磁石や地図なんて必要じゃないのかな?

でもたぶん私はまだ当分こいつを愛用し続けるであろう。

動物の鈴・アニマルベル