扉は常に大きく開かれていて欲しいものだ:ガンディーアシュラム

インド・サーヴァルマティ・ガンディー・アシュラムここはグジャラート州アーマダバードにあるサーヴァルマティー・アシュラムである。

通称ガンディー・アシュラムと呼ばれ、その名の通りかのマハトマ・ガンディーが活動の拠点とした場所である。
私はアーマダバードに来るたびにここを訪れていて、今回(2014年11月)は一年ぶりの訪問であったが、なんだか前回と比べ内部がこぎれいになったように感じた。

それは本館にあるガンディーの生涯をパネルなどで伝える展示コーナーでも感じたのだが、それより右手奥にあった建物の雰囲気がずいぶん変わったようであった。

インド・サーヴァルマティ・ガンディー・アシュラム以前は学校のような造りで、実際小さな子供たちがたくさんいたし、外国人も加わってなにやらワークショップのようなことをしているのも見たことがあった。

少なくともこんな小さな建物ではなかったのになあ・・・

インド・サーヴァルマティ・ガンディー・アシュラムと思って中を覗いて見ると、なんとこれはミラ・ベンの部屋であった。

ミラ・ベンは本名をマドレーヌ・スレイドというイギリス人であったが、ガンディーの弟子となりその名を授かり、インド独立へと続く道のりをともに歩み続けた女性である。

そんなミラ・ベンの居住していた部屋を再現したようである。
しかしなんせ質素を旨とするアシュラムの生活であるからして、部屋の中はほとんど何もなく、見ても特にどうということもないのであった。

さらにその隣には、ミラ・ベンハウスよりかなり大きな建物ができていた。

インド・サーヴァルマティ・ガンディー・アシュラムその建物にはベランダのようなスペースがあり、そこでおばさんがクルクルと糸車を回して糸紡ぎをしており、いかにも「おお、ガンディー・アシュラムじゃん!」という雰囲気をかもし出している。

そしてそのベランダの横には「ガンディーの部屋」が再現されていた。
それを見て、そういえば本館の片隅にあったガンディーの部屋の再現コーナーがなかったなあということに、そこでようやく気付いた私であった。

インド・サーヴァルマティ・ガンディー・アシュラムミラ・ベンの部屋とは違い、ガンディーの部屋には金網入りの扉が付けられ、鍵が掛けられていて中には入れない。
しかしせめてもの温情か、ドアには四角い穴が開けられていて、そこから写真が撮れるようになっていた。ああ、ありがたやありがたや。

インド・サーヴァルマティ・ガンディー・アシュラムこれがその「ガンディーの部屋」である。
質素な生活をしていたガンディーであるが、ミラ・ベンから比べるとずいぶん物持ちである。
と言っても、糸車と杖、書見台に肘掛くらいしかなく、テレビもねえ、ラジオもねえ、車もそれほど走ってねえ、といった部屋なのである。

インド・サーヴァルマティ・ガンディー・アシュラムと、そこになにやら偉そうなおっさんが現れた。
この日のアシュラムにはパトカーや救急車、それになぜか消防車まで繰り出し、なんともものものしい雰囲気であったが、どうやらそれはこのVIPらしきおっさんを迎えるためのものであったらしい。もちろん私も遠くに追いやられてしまった。

インド・サーヴァルマティ・ガンディー・アシュラムおっさんはたくさんの随行員や警備員、そしてマスコミ関係者まで引き連れてベランダに上がった。
見れば先ほどまで固く閉ざされていたガンディーの部屋の扉が大きく開かれているではないか。

あー、いいなあ、あのおっさん中に入れるんだぁ

そのおっさんがいったい誰なのかは知らないが、ガンディーが生きていたら、はたしてこんな差別を許したであろうか・・・

ガンディーが凶弾に倒れた日に、あらためて差別のない社会の実現を願いつつ、アシュラム関係者に、次は私も特別中に入れてねと、心からお願いする次第なのである。

偉大なる魂の誕生日

10月2日はマハトマ・ガンディーの誕生日である。

なにしろマハトマ(偉大なる魂)と尊称されるガンディーであるから、インド各地のガンディーゆかりの地には記念館やら博物館がある。

たとえばデリーにはガンディーが凶弾に倒れた場所や荼毘に付された場所があり、マドライには暗殺時に身に着けていた腰巻布が展示されている博物館があり、ムンバイやアーマダバードにはその活動の拠点とされた場所が残されている。
インド、ポルバンダールのガンディー博物館そしてガンディー生誕の地ポルバンダールには、今もその生家が保存され、そのすぐ横には大変立派なガンディー記念館が建てられている。記念館の建物があまりにも立派なため、生家が少々みすぼらしく見えるほどである。

インド、ポルバンダールのガンディー博物館そうした博物館や記念館の展示物というのは、たいていどこも同じようなもので、ガンディーの生涯が写真や記事で紹介され、それぞれが保存しているガンディーゆかりの品が展示されているという内容である。

そして必ずあるのがガンディーとその妻カストルバの写真もしくは肖像画である。
もちろんポルバンダールの記念館にも掲げられていた。

インド、ポルバンダールのガンディー博物館しかしそんなガンディーの肖像画の額の上には、鳥よけのためと思われる無数の針が突き立てられていて、その光景はなんだかアヒンサー(非暴力)を掲げたガンディーには似つかわしくないようにも思え、ちょっとおもしろかったのである。

一部の運営者よ、悔い改めよ:ジャマーマスジッド

久しぶりのデリーだったのでジャマーマスジッドへ行って見た。

デリー、ジャマーマスジッドジャマーマスジッドとは「金曜モスク」という意味で、つまりここはイスラム教の礼拝所なのである。
このモスクはインド最大規模のものであり、金曜日の集団礼拝ともなれば広場は大勢の信者で埋め尽くされる・・・とのことだが、そんな日は怖くて近づけないので私は見たことがない。

ここはあくまでも現役の礼拝所なので入り口で履き物を脱ぐ。
入場料は無料だが、カメラの持ち込み料として300ルピー取られた。5年ぶりの訪問であったが、あまりの高さにしばし絶句してしまった。

でもまあそれも仕方ないだろう。
なにしろここはかのタージマハルを造らせたムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハンの命により建造された由緒正しきモスクであり、近所のラール・キラー(赤い城の意)が世界遺産に登録されたため、ここのところ観光客が増えているのだろう。つまりまあ、ちょっと儲けに走っているのだと思う。

デリー、ジャマーマスジッドのミナレットさて、ここに来たらぜひ入ってみたいのがミナレットと呼ばれる塔である。
ここでは正面向かって左側のミナレットが一般開放されている。

ミナレットに上るためのチケットを100ルピー出して買った。
ミナレットへの通路は左側の門(南門)にあるのだが、そこで入場チケットを見せて入ろうとしたら、なぜかカメラチケットを渡せと言う。
300ルピーも払って手にしたチケットなので記念に欲しかったし、そもそもそれを取られてしまったらこの後の撮影に支障がでないか心配だったので躊躇していると、「大丈夫だから早く入れ」と促され、カメラチケットを渡して入場することになった。

ミナレットへ続く通路(回廊の屋上)では掃除をしている若者がいて、私が近づいて行くと「チケットを見せろ」と言う。
チケットは入り口ですでに切り込みが入れられていたが、その若者によって半分がもぎ取られてしまった。またしても記念品損失である。
続いて若者は「カメラチケットを見せろ」と言う。
ちっ!そう来たか。
私は入り口で取られたことを告げたが若者はすぐに納得せず、「ないならお金を払え」などと言う。
私も少し声を大きくして「じゃあ一緒に下に行って確認しよう」と言うと、若者はまあまあと私を制し、「いくら払ったか?」と聞くので「300ルピーだ」と答えると、そこで若者はようやく引き下がって行った。
まあこの程度の手口でそうそう二重払いする人もいないだろうが、インド人によくある「ダメモトあわよくば」精神炸裂であり、しかもこれが入り口の係りと結託しての小遣い稼ぎと思えばますます腹が立つのであった。

デリー、ジャマーマスジッドのミナレットからの眺めミナレットの薄暗い螺旋階段を登り切ると、そこにはオールドデリー市街を見下ろす絶景が待ち構えているはずであったが、乾季にしては珍しい小雨模様とあって、その風景はぼんやり霞んだものであった。

しかしそれは天気のせいばかりでなく、今の私のもやもやした心境を表しているようでもあり、また今後のジャマーマスジット運営委員会(仮称)の行く末を案じているようにも思えたのであった。

一部のよからぬ輩のせいで、歴史的建造物でありまた神聖なる礼拝所であるジャマーマスジッドの印象が失墜してしまうのは、実に残念なことである。

今からでも遅くない、入り口のおっさんと掃除のあんちゃん、悔い改めるがよいぞ。

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます

カラングート・ビーチ

しかしまあいくら暦の上とは言え、こんな暑いさなかに「立秋」はないもんだ。
でもまあそこは日本のしきたりに従い、今日からの暑さは「残暑」なのです。

ということでまだ当分は暑い日が続き、夏休みだってこれからが本番、でもってこのブログも本日からしばらく(たぶん八月いっぱい)お休みを頂こうと思うのであります。

それではみなさん、暑さに負けず楽しい夏をお過ごし下さい。

また9月にお会い致しましょう!

修復だけでなく改修もどんどんしてしまうのだ:ウダイプールのシティーパレス

ウダイプールにあるシティパレスは、しっかり修復工事を行い常に華麗な姿を留めている。

インドの改修工事で、昔の姿を留める(または昔に戻す)のが修復なら、今の状況やこれからの展開を考えて行うのが改修である。

ここでは漆喰で塗り固められたレンガの壁を、下書きの線に沿って取り除いている。
完成後はその左側に見えるのと同じおしゃれな窓が取り付けられるのだろう。

もちろん修復や改修には莫大な費用がかかるわけだが、こうした努力がまた多くの観光客を惹き付けることとなり、新たな資金力が生まれる。

世界遺産などに登録されていない、マハラジャ所有の物件であるからこそできることなのである。

インド先住民族の工芸品ドクラ

魚の目玉が観光の目玉なのだ:マドライ駅前の像

これは南インド、マドライ駅前に建つ魚の像である。みんなして目をむいていてちょっと異様な迫力を感じる。

マドライ駅前の魚の像ここマドライはインド一の高さを誇るゴープラム(塔門)を持つミナークシ寺院が有名で、信者はもちろんのこと観光客もミナークシ寺院目当てにこの街を訪れる。

寺院の名にもなっているミナークシとは「魚の目を持つ女神」という意味であり、それゆえ街の玄関口にこのような魚の像があるのではないかと思われるのであるが、「魚の目」の意味をさらに掘り下げると、それは「魚のように美しい目」ということだそうで、そうなるとこの魚の像の目はちょっと違うんじゃなかろかと思うのである。

だいたいこの表情では酸欠としか思えない。

大航海時代の香りが残る街:フォート・コーチン

ケララ州コーチン(コチ)の海に突き出たフォート・コーチン地区は、古くから交易で栄えた港町で、あの有名なヴァスコ・ダ・ガマのお墓もあるところです。

大航海時代と呼ばれた15世紀末、ヴァスコ・ダ・ガマはヨーロッパからインドへの航路開拓を成功させましたが、それはインド(とその周辺)の香辛料確保が大きな目的のひとつでした。

インド・香辛料を売る店というわけで、この町は今でも香辛料の集積地になっていて、こんな雑貨屋の前にも麻袋に入れられた唐辛子が売られていたりします。
ここには香辛料の倉庫や専門店が軒を連ねていますので、本当はそちらの写真をご紹介したかったのですが、この直前に私は急な腹痛に見舞われ、ガソリンスタンドのトイレに駆け込み事なきを得たばかりでしたので、怖い顔して店番をしている香辛料屋のおやじに「写真撮っていい?」と聞くだけの気力が残っていなかったので仕方ないのです。今度行った時には撮っておきますからご勘弁下さい。

インドのトラックとにかくここには今でも各地から香辛料が運び込まれ、そしてまたどこかへ運ばれて行くという中継地の役目を担っているのですが、いかんせん家並みや路地といった町の構造がほぼ昔のものを踏襲しているようで狭いのです。そこへこうした大型トラックが荷を満載して入って来るものですから、荷卸し中のトラックの脇をかすめるようにしながら別のトラックが徐行して通り過ぎようとしていたり、狭い路地を曲がろうとして何度も切り替えしをしているトラックがいたりして、時折道がふさがれてしまうのです。

でもそんな路地を歩いていると、ほんのり漂って来る香辛料の香りが、まるで大航海時代の空気のように感じられ、お腹の痛いのなんかしばし忘れさせてくれるのであります。

木彫りのガネーシャ

ここはインドのナイアガラなのだ:ジャグダルプル郊外

インド・ジャグダルプル観光まだまだ観光客が少ないジャグダルプル周辺(というかチャッティースガル州自体)ですが、当然のことながらなんとか観光客を誘致しようとはしているわけで、そんな「地元紹介」のポスターなどで取り上げられるのが、このチトラコートの滝です。

ジャグダルプルから車で30分ちょっとのところにあるこの滝は、インドラヴァティ川から落差96フィート(約29m)をもって流れ落ち、確かになかなかの迫力があります。

しかしこの滝が観光誘致の前面に押し出されるのはその落差ではなく幅なのです。
なんでもこの滝は、あのナイアガラの滝の3分の2ほどの幅があるというのです。

インド・ジャグダルプル観光ただしそれは水量の増す雨季の時のことであり、残念ながら私が訪れた5月ではこの通り、そのほんの一部から水が落ちているだけでした。

観光案内にはこの滝の幅に関して具体的な数字が書かれていなかったのですが、ナイアガラの滝(の中で最大幅のカナダ滝)の幅が670mということですので、このチトラコートの滝は446mくらいあるようです。

インド・ジャグダルプル観光とにかくこの時は乾季でありましたので、ここはもてる限りの想像力を発揮して、この幅いっぱいに流れ落ちる滝の光景を頭の中で思い描くしかないのですが、ふと滝のすぐ上流に目をやれば、穏やかに流れる川の中に、トラクターやトラックを乗り入れてみんなしてザブザブ洗っていたり、家族連れが河原でピクニックをしていたりと、実に和やかな雰囲気が漂っており、それはそれでなかなかいい感じなのであります。

ここには宿泊施設もあります。

インド・ジャグダルプル観光ドライバー氏の話では州政府か県政府だかが運営しているロッジだということで、全室滝に向かってベランダが付いています。ちなみにそのベランダ(私はその前から撮りましたが)から見える風景は、上から二番目の写真のようなものになります。

なかなかよさそうな感じのロッジでしたが、おそらく夜は怖いくらいに寂しいんでしょうねえ。

ロッジの前を通り過ぎた突き当りには下に向かって階段が付けられていて、滝の下まで行くことができます。

インド・ジャグダルプル観光もっとも本当の滝の真下に行くには滝壺に入らなければならないので、実際にはこうして遠望するだけになりますが、これもまた雨季にはすごい迫力になるのでしょうねえ。

とまあこの滝にせよ先日訪れたティーラトガルの滝にせよ、結局滝見物は雨季に限るということなのであります。

残念!

【追記】

雨季のチトラコートの写真がありましたので参考までに追加掲載しておきます。

これはチトラコートの滝近くにある売店でジュースを飲んだ時に、段ボール箱の上に無造作に置かれていた写真パネルです。インド・ジャグダルプル観光

私はジュースを飲みながら、ただ「ふ~ん」といった感じで眺めただけでしたが、Mくんがしっかり写真に撮っておりました。さすがA型です。

ちなみにこの写真は原画のゆがみと色褪せ並びに汚れを軽く修正したものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

周辺の見どころを一気にまとめて三つなのだ:ジャグダルプル

ジャグダルプルは山の中の田舎町ですので、観光資源と言えば先住民族(の伝統文化)や豊かな自然くらいなものです。
まあ私もここには先住民族の伝統工芸を見に来たわけで、それが見られれば特に文句はないのです。(そりゃあ携帯電話での会話に夢中になって、滝の案内をぜんぜんしなかったパテルにさんざん文句を言いましたが・・・それはまあそれですよ)
しかし案内する方の身になると、できるだけの「見どころ」に連れて行きたいというのが人情というもので、この日のドライバー氏もそういった数少ない「見どころ」にこまめに車を回してくれました。

ということで、そんな「見どころ」を三つまとめてご紹介させて頂きます。

ここはこの地方のマハラジャの屋敷、つまりマハラジャ・パレスです。

インド・ジャグダルプル観光この建物の奥半分には今でもマハラジャとその家族が住んでいるそうで、手前の部分は地方政府のオフィスになっているとのことです。さらにメディカル・スクールも同居しているということで、まるでここらの重要なものが全部まとめてぎゅっと詰め合わされたような建物なのです。

こうしたマハラジャ・パレスはよく宝物博物館みたいにして一般開放(有料ですが)していたりするのですが、ここはまだそんなことはしていないようで外観しか見られないのです。

インド・ジャグダルプル観光こちらはジャグダルプルの町から少し郊外に出たところにある、ヒンドゥー教寺院のヴァラジー・テンプルです。

シヴァ神を祀るこの寺院の本殿の外側には四つの車輪が付けられ、四角い本殿すべてを車に見立てているようです。

この寺院はまだできて間もないのか、どこもカラフルな色で塗られてとてもきれいです。

インド・ジャグダルプル観光特に本殿の外壁やそれを取り囲む回廊に配された数々の神像は、どれもみな今風アニメのキャラクターのような面持ちで、色も明るいパステル調で塗られていたりするので、まるでどこかのテーマパークにいるような楽しい気分になります。

もしかしたらこれは、本来ヒンドゥー教徒でない先住民族の人たちを改宗させるために考え出されたものなのかもしれません。

インド・ジャグダルプル観光ここでもドライバー氏はお祈りの為に本殿に入って行きましたが、私はちょっと入りづらい雰囲気がありましたので、外で待っていることにしました。

お祈りを済ませて出て来たドライバー氏は、また何かお供物のようなものをもらったようで、その手に乗ったものを私の方に差し出して、「食べますか?」みたいな仕草をするのですが、見ればそれは炊いたご飯になにやら混ぜ合わせたものだったので、丁重にお断りさせて頂きました。

インド・ジャグダルプル観光さて、こちらは先ほどのカラフルな寺院とは打って変わって、かなり年季の入ったヒンドゥー寺院です。ドライバー氏は「ナランパル」と言っていましたが、それがこの寺院の名前なのかはよくわかりませんでした。

さすがにこうした建物を見るときにはガイドにいて欲しかったなあと思いますが、とは言えどうせパテルじゃこの寺院の建てられた年代や時代背景、建築様式やその特徴などといったものの説明なんか期待できないでしょうねえ・・・

とにかくそのパテルですら今はいないので、自分の想像で見ていくしかないのです。

インド・ジャグダルプル観光石を積んで造られたらしいこの古い寺院は、もうだいぶ前に礼拝の場所としての機能を失っていたらしく、周りには建材として使われていたらしい石がたくさんころがり、本殿の屋根が修復作業の真っ最中らしいのです・・・と、たくさんの「らしい」で全体像がぼやけていますが、まあそんなところなのです。

とまあそんな感じで前回ご紹介のダンテソーリー・テンプルと合わせて四つの「見どころ」を駆け足で見て参りましたが、この後われわれはこの地方で一番の観光名所である大きな滝、チトラコートの滝へと車を進めて行くのであります。

*実際には最後の古びた寺院はチトラコートの滝の後に回ったのですが、それだけ別個にご紹介するにはあまりにも情報がありませんでしたので、こちらでまとめてご紹介させて頂きました。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドのマフラー

パテル不在でも活動は続くのだ:ジャグダルプル

ジャグダルプルで迎えた3日目の朝、いつものようにフロントに下りて行くと、パテルがすまなそうな顔で近づいて来て、「ちょっと胃の調子が悪いので、今日はガイドなしで行ってもらえないでしょうか」と聞いて来ました。
インド・ジャグダルプル観光なるほどパテルは少し顔をゆがめ、若干猫背になって胃の辺りをかばっています。私が推測するにパテルの胃痛の原因は、初日に受けた叱責と昨日の高評価による胃の緊張度合の激しい変化によるものと思われ、またもしかしたら昨日携帯電話の電源を一日中切っていたために、ガールフレンドとの仲が危うくなってしまったという可能性も考えられなくもありませんでしたが、元々は自分のまいた種なので、私はそれに対しては特に罪の意識はないのです。

とにかくパテルが休むのはそれはまあ別にいいんですけど、じゃあ今までだっていなくても良かったんじゃない?・・・とはさすがに言えませんでした。

ということでこの日はドライバー氏がガイドもすることになり、パテルとの新たなバトルを期待していた方にははなはだ申し訳ありませんが、しばらくは平穏無事な観光案内が続くのであります。

インド・ジャグダルプル観光まず最初に行ったのはジャグダルプル市内にあるヒンドゥー教寺院、ダンテソーリー・テンプルです。

黄緑とピンクという何とも言えない配色で彩られた建物のアーチ部分は、車ごとくぐり抜けて行くことができます。

ガイド氏はよく気が利く男なのですが、一応「ガイド」を自認しているパテルとは違って英語は片言しか話せないので、お寺の入り口にあった黄色いライオンの像が非常に気になったのですが、残念ながらその由来などを聞くことはできませんでした。

インド・ジャグダルプル観光まあパテルにこのライオンのことを聞いたとしても、きっと見たそのまんま「ライオンです」と言うくらいしかできなかったと思いますけどね。

いつも寺院の内部に入るときは、はたして異教徒が入ってもいいのだろうか、ということが気になるわけですが、ドライバー氏がどんどん入って行ってしまうので、後に着いて入ってみました。

インド・ジャグダルプル観光内部の天井からはたくさんの鐘が吊るされていました。
参拝に来た信者はそれを鳴らしてから正面にある祭壇に進み、お祈りをしているようです。

ドライバー氏もそんな鐘の一つを鳴らして通り過ぎましたので、私も彼にならって軽く鳴らしてみました。
鐘はなかなかいい音色を出しましたが、周りの人たちが物珍しそうにこちらを見るので、一瞬「まずかったかな・・・」と緊張してしまいました。

ドライバー氏に促され、祭壇の前で見よう見まねのお祈りをすると、僧侶(もしかしたらお寺の世話人みたいな人かも)から、赤い花びらと白い丸いものをもらいました。
インド・ジャグダルプル観光ドライバー氏に「これは何か?」と尋ねると、彼は赤い花びらを耳の上に挟み、白い丸いものを口に放り込みました。

今度もドライバー氏の真似をして、赤い花びらを耳に挟み込み、白い丸いものを恐る恐る口に入れると、それは金平糖のようなものだったらしく、ほのかな甘みが口の中いっぱいに広がって行ったのであります。

う~ん、平和だなあ。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

木彫りのガネーシャ