パフパフ音は懐かしの音:インドのゴム玉ラッパ

インドの乗り物もどんどん進化しておりまして、あのインド名物のオートリキシャにしてもずいぶんスタイリッシュになりました。

インドのオートリキシャ

時代とともにデザインも変わって行く。

でもまだまだ地方に行くと古い型のオートリキシャが走っていますし、その装備品なども土地によって違ったりして、そういうのを比較して見るのもなかなか楽しいものです。

さて、こちらのオートリキシャなのですが、ちょっとした特徴があります。

インドのオートリキシャ

形としてはそこそこ古いが、まだクラシックカーとまではいかない。

それはこれ、ラッパ型のホーンです。

インドのオートリキシャのホーン

このぐるぐる巻いた姿はアンモナイトのようにも見える。なるほど、すでにこれは生きた化石レベルと言うことか。

最新型のオートリキシャはもちろん、かなり古いタイプのオートリキシャでも、警笛は電気式のブザーが付いていたりするのですが、バッテリーが悪いのか電気系統が弱いのか、たいていの場合は鳴りません。鳴ったとしてもか細い声でぷ~ぷ~言うのが精いっぱいという状態です。

その点ゴム玉を押して鳴らすラッパ式のホーンは、故障が少なくていいのでしょう。ムンバイの市営バスも、ゴム玉ラッパが搭載されていたほどです。(2010年に確認、現在はどうだかわかりません)

で、私はこのゴム玉ラッパを見たときに、思わず「欲しい~」と思ってしまったのです。
しかしオートリキシャのドライバーに聞いてみると、そのラッパを作っているのはそこからかなり遠い町で、しかも値段が結構高かったので入手を断念致しました。まあ重さもかなりありそうなので、手に入れても持って歩くのが大変だったでしょうが。

そこで、その代わりに持ち帰ったのが小さなゴム玉ラッパでした。

インドのゴム玉ラッパ

管がぐるっと回っているところがまたいいのだ。

小さいものですが真鍮でできています。
ゴム玉もしっかりゴム臭く、実に懐かしい匂いがします。
もちろん大きな音でパフパフ鳴ります。
まあこれは実用品と言うよりおもちゃなのでしょうが、できることなら自分の車に付けたいほどです。どうです、なかなかいいでしょう。

さあ、みんなでこいつをパフパフ鳴らしましょう!

そんなゴム玉ラッパはこちらで細々と販売しております。

*すでに売り切れている場合もございます。その際は何卒ご容赦願います。

ほんわかする丸いフォルム:ニワトリの形の木製ボウル

私が高校の時の漢文の教科書に「桃花源記」という話が載っていました。
内容は、ある時漁師が道に(川に?)迷い、たどり着いたところが桃源郷であったというものです。

そののどかな風景を表す文章に、桃源郷という言葉の由来となる「桃花の林に逢う」というのがあり、さらに桃源郷に近づくと「鶏犬(けいけん)相聞こゆ」というのが出てきます。

「鶏犬相聞こゆ」とはニワトリや犬の鳴き声が聞こえる、つまり近くに人々の暮らす場所があるという意味になるのですが、それほどニワトリや犬は古くから人の生活に溶け込んでいたということなのでしょう。

で、今はどうかと言えば、犬は都会でもペットとしてたくさん飼われていますが、ニワトリはあまり見かけません。少なくとも人口密集地ではまず見ません。

それはなんと言っても鳴き声の大きさが一番の理由かと思います。ニワトリを飼ったことのある人ならわかると思いますが、あれは本当にうるさいです。なにしろ「桃花源記」でも、人里に近づいたことを表すのに、人々の話し声ではなくわざわざニワトリや犬にご登場願っているのです。それだけニワトリや犬の鳴き声は大きく、そして遠くまで響くということです。

ただし犬ならしつけでなんとかなります。飼い主が自分でできなくても、ちゃんと犬の学校があり、そこで無駄吠えをしないようにしつけてくれるので、都会の暮らしもできるというわけです。

ところがニワトリときたら・・・

本当はニワトリの鳴き声(それから匂いもありますが)なんか気にならないような暮らしが、桃源郷に近い暮らしということになるのかもしれませんが、現実にはなかなかそうもいきません。

そこで、すっかり犬に置いてけぼりをくわされてしまった本物のニワトリの代わりに、せめてニワトリの形をした木彫りのボウルを置くなんてのはいかがでしょう。

インド雑貨、ニワトリ形の木彫りボウル

これならうるさい鳴き声にも悩まされません。

ほら、この表情を見てください。まるで自分(ニワトリのことですね)が桃源郷にいるようではありませんか。

インド雑貨、ニワトリ形の木彫りボウル

そしてエサをくれとも言いません。

このボウルに桃を入れて飾れば、もうリビングは桃源郷になる・・・かもしれません。

インド雑貨、ニワトリ形の木彫りボウル

丸く柔らかいフォルムがまたなんともいい感じです。

ご興味のある方は、ぜひ道に迷わず「ニワトリ型木彫りボウル」までお越しください。

ニワトリのボウル

鈴の音は相手を遠ざけたり引き付けたり:インドの家畜の鈴・アニマルベル

イソップ童話で「猫の首に鈴を付ける」という話があります。

内容は、ネズミたちが天敵の猫から身を守るため猫の首に鈴を付け、鈴の音が聞こえたらいち早く逃げようという、実にナイスなアイデアを思い付いたものの、肝心の「猫の首に鈴を付ける」という危険な役をやる者が誰もいなかったというお話です。誰でも危ない橋を渡るのは嫌ですからねえ。

また逆のパターンで、こちらが鈴を付けて相手に自分の接近を知らせるというのもあります。登山者などがクマ除けに付ける鈴がそうですし、サンタクロースもこれ見よがしに鈴をシャンシャン鳴らしながらやって来ます。私も子供の頃、干し柿を二個もらいました。クリスマスという特別の日に、そんな普通のおやつレベルの物はあまりうれしくなかったです。

それから鈴の音で人を呼び寄せるというのもあります。
たとえば少人数でやってる宿やお店で、カウンターの上に置いてある鈴(ベル)を鳴らすと奥から人が出て来たりします。あとロバのパン屋もそうですね。あー、そういえばコルカタの人力車夫も鈴を鳴らして客寄せをしていました。

まあとにかく、鈴の音というのは自分(または相手)の居場所を知らせるには打って付けの方法なわけです。

なので大切な家畜の首にも付けたりします。

鈴を首からぶら下げたインドのヤギ

家畜の首に付けられた鈴は、視覚と聴覚の両方で確認できる目印(耳印?)なのだ。

これはインドのヤギですが、首に巻かれた紐に小さな鈴が付けられています。

鈴を首からぶら下げたインドのヤギ

歩くたび、首を動かすたびに鈴が鳴る。

上の写真では小さくて良く見えませんが、その鈴はこんなやつです。
こういう鈴をヤギに付けておけば、誰んちのヤギだかすぐわかりますし、またヤギがどこにいるかもわかるというものです。

インドのアニマルベル

これは小ぶりでつるんとしたタイプの鈴。

そんな家畜用の鈴(アニマルベル)をインドからたくさん仕入れました。
実際に使われていたものということで、仕入先で汚れたまま山になっていた中から、良さそうなものだけを選び出して来ました。

インドのアニマルベル

これは縄模様のついた中くらいのタイプの鈴。

鈴の汚れはある程度あちらできれいにしてから日本に送ってもらいました。
きれいになった鈴(といってもピカピカではありません)をあらためて見てみると、かなり使い込んですり減ったものや、ほとんど使っていないように見えるものまでいろいろありました。

インドのアニマルベル

これは壺のような形をしたちょっと大きなタイプの鈴。

鈴の形や大きさも様々で、そこに汚れやキズ、へこみ、ゆがみなどが加わって来ますので、それぞれ違う個性があります。
ご興味がありましたらぜひこちら「動物の鈴・アニマルベル」でご覧ください。

あー、鈴でお客さんを呼ぼうとしているのは、コルカタの人力車夫と同じだなあ。

動物の鈴・アニマルベル