2016年グジャラート再訪・第5回 / アーマダバードのホテル

アーマダバードではホテルもまた再訪だった。

いや、正確には三度目なので再々訪なのだ。とにかく2001年と2014年の二度ここホテル・グッドナイトに泊まったのである。

実に便利な時代で、列車でもホテルでもインターネットで予約できてしまう。
今回のグジャラート旅はアーマダバードから始まり再びアーマダバードに戻って来る予定なので、起点と終着点のホテルだけはインターネットのホテル予約サイトで事前に予約しておいた。
高級ホテルは別として、インドのホテルは当たり外れがあるので事前予約はちょっと怖い。しかしここならよく知っているのでその点安心である。
なお宿泊料金はエアコン、テレビ、Wi-fi付きで一泊1400ルピー(約2300円)だった。

アーマダバードのホテル、グッドナイト

ホテル “Good Night” は通りからちょっと引っ込んだところにある。ちなみに一階にはノン・ベジレストラン “Food inn ” が入っていて、ルームサービスも利用できる。

あてがわれた部屋は二階の115号室(インドでは英国式に “1st floor” なので)。フロントの近くなので場合によっては騒がしいこともあるが、フロントが近いとなにかと便利でもある。
たとえばWi-fiがつながらなくなった時など、すぐにフロントで対応してもらえる。

ただこの部屋のエアコンは温度調整の具合が悪く、点けっ放しにすると寒くなり過ぎる。しかし消すとやっぱり暑い。
なので夜中に自分で何度もスイッチのオン、オフを来り返して調整するしかなかったが、これはフロントがすぐにどうこうできる問題ではないと思いあきらめた。

ホテルグッドナイトの客室

一人で使うには広すぎるベッド。エアコンの下には窓があるが、換気用の吹き抜け立坑に面しているだけで景色は見えない。

ベッドの足元側に壁掛けテレビがある。この位置だとベッドに座って見られるのでとても良い。

しかしこの部屋(ホテル)で一番うれしいサービスはテレビではない。
それはビーチサンダルである。
なにしろ足拭きマットも無いので、シャワーを浴びると足が濡れたまま部屋に戻らなければならないのだ。いくらきれいに掃除された床でも、所詮は土足で歩く場所である。濡れた足の裏はあっと言う間に汚れてしまうのである。

ホテルグッドナイトの客室

今やインドでも薄型テレビが普及している。またこの部屋には壁掛け時計があるので何かと便利だが、時間がずれていると返って迷惑である。

今回は事前予約だったが、現地で宿を選ぶときはバスルームの良し悪しはかなり重要な要件である。
まずはなんと言っても清潔感があることが大切である。設備の老朽化は仕方ないとしても、掃除が行き届いていないのはやはり気持ちが悪い。

次に大事なチェックポイントはトイレの流れ方である。
これも設備の新旧や優劣を言うのではない。たとえフラッシュバルブが壊れていて毎回バケツで流さなければならないとしても、とにかくちゃんと水が便器の奥へとスムーズに流れて行くということが重要なのである。間違っても逆流はいけないのだ!

ホテルグッドナイトのバスルーム

インドの安宿の水洗トイレはタンク式のものが多いが、このホテルのものは水道管直結タイプである。

その点このホテルはなかなかよろしい。

さらにバケツと手桶があるのもありがたい。
このホテルはそんなことはないと思うが、インドでは急に水が出なくなることがあるのだ。
シャワーで石鹸を洗い流している最中に水が出なくなったら、沈黙したシャワーヘッドの下でぬるぬるの体を持て余してしまう。
それが最初にバケツにお湯を溜めておけば、その分量を見ながら計画的に体を洗うことができるのである。

なお、便器の頭上には洗濯ロープ(らしきもの)があるが、タイルに差し込まれたフックが今にも抜け落ちそうだったので使えなかった。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

2016年グジャラート再訪・第4回 / アーマダバードに到着

結局私は上段ベッドに上がるとすぐに寝てしまった。まだ夕方の4時なのに・・・

実は昨日の朝から下痢をしていて、昨日も街中でお店のトイレに駆け込んだり、入った映画館でも途中トイレに駆け込むなど大変だったのである。
そして今日も調子は悪いままで、朝食にバナナの輪切りにヨーグルトをかけたもの(バナナカード)を少し食べただけで、昼は抜いていたのであった。
なので体がかなり疲れていて、ウォークマンで昭和歌謡を聴きながら横になると、列車の揺れの心地よさですぐに眠りについてしまったのである。

途中何度か目を覚ましたものの、体も瞼も重く起き上がる気にはなれず、それでも何度目かの停車を機にやっとの思いでトイレに行った。

トイレ近くにいた人に尋ねると、アジメールの手前で停車しているとのことだった。
時刻は夜の11時、車内は暗くまたみな毛布をかぶって寝てしまっているのでよくわからないが、すでにジャイプルまでの親子は降りてしまい、今はまた全然別の人がその席で寝ているはずである。昭和歌謡の世界に浸りきって寝ていた私は、乗客の入れ替わるのさえ気づかなかった。

列車の窓から見たホーム

上段ベッドからは窓が見えづらく、外の様子がよくわからない。

列車が止まる振動と周囲の人の動く気配で目を覚まし、窓の外をうかがうとすっかり明るくなっていた。

周りの乗客がほとんど降りてしまったので、下段ベッドを椅子に変えて一人くつろぐ。
16時間とまではならなかったが、14時間くらい寝たきりだったので腰が痛い。

この列車の終着駅であり私の目的地でもあるアーマダバード・ジャンクション駅には7時56分に到着した。
定刻からは16分の遅れであるが、900km以上走っての16分である。つまり1kmあたり1秒程度の遅れであるからして、これで「まったくぅ、インドの列車はいっつも遅れるんだよなぁ」と言ったらかわいそうである。

朝のアーマダバードジャンクション駅

アーマダバードは大都市なので乗降客も多い。

乗っていた車両が前の方だったので、近くの階段を上がるとそのまま駅舎の外に出てしまった。

なお、この駅舎の中にはグジャラート州観光局の出張所があり、地図や観光パンフレットなどをもらうことができる。ただしこの時間はまだ開いていない。

駅前にはオートリキシャやタクシーがたくさん停まり、客引きも寄ってくるがあまりしつこくない。
私はバスで行くつもりだったのでそう言うと、みなあっさり引き下がる。

アーマダバードジャンクション駅の駅舎

この駅には別棟のチケットオフィスがあり、外国人用窓口もあるので便利である。

駅から一番近いバス停は、駅前通りを左に少し歩いたところにある。

全体から見たら一部であろうが、アーマダバード中心部は路線バスの専用レーンが整備されていて、バス停もプラットホーム式になっている。
一見乗り降りしやすく便利そうに見えるが、このホームは交通量の多い道の真ん中にあったりして、そこにたどり着くまでが一苦労なのだ。

アーマダバードのバス停

自動改札のようなものがあるが、稼働しているようには見えなかった。私も横から入って行った。

周りの人に自分の行き先である「ラールダルワーザ」を告げ、乗るべきバスが来たら確実に教えてもらえるようにする。
しかし往々にしてその人の乗るバスが先に来てしまったりするので、同じことを何度か繰り返さなければならない。
しかもバスはいきなり現れ、かなりのスピードでプラットホームに突っ込んで来るので、教えてくれる人も行き先表示板を読んで私に教えるまでの時間があまりなく、無事に目的のバスに乗り込むまで手に汗握る展開が繰り広げられた。

アーマダバードの路線バス

バス停には係員もいたが、切符はバスに乗ってから車掌から買った。

バスは専用レーンを突っ走るので実に早い。
さらに赤信号も完全無視で突っ走る。
もちろんそういう交通ルールになっているのだろうが、前方の信号が赤の交差点に突っ込むときはヒヤヒヤする。

アーマダバードの路線バス

インドのバスは猛スピードで爆走するので、乗ってる分には気持ちがいい。

お陰で終点のラールダルワーザ・バススタンドまで実にスムーズに来た。
ちなみに運賃は7ルピー(約12円)だった。

アーマダバードのバスは、早い!安い!赤い!の三拍子なのである。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

2016年グジャラート再訪・第3回 / アシュラム急行

すでにアシュラム急行は3番線に入線していた。

そこで自分の乗り込む車両を見つけ、入り口に貼り出されている乗客名簿をチェックする。
乗客名簿でチェックするのはもちろん自分の名前と席番であるが、それだけでは素人である。
実はこの乗客名簿には氏名と席番のほかに、年齢や性別、乗車駅と降車駅などが記載されているのだ。
今の日本人からしたら個人情報の扱いが雑過ぎると思うかもしれないが、まあここはインドだし、私としてはそいつをじろじろと眺め、自分と相席になる人の情報を記憶しておくのである。

インドの列車の乗客名簿

乗客名簿の貼り出しはインド鉄道の名物といえるかもしれない。

14時55分、ようやくドアが開けられ乗客が乗り込み始める。
しかしデリー・ジャンクション駅から乗り込む人はそれほど多くなさそうで、お蔭でゆっくり車内の写真が撮れる。

私が乗るのはエアコン付の二等車(A/C 2nd)である。
インドでは今でも冷房は贅沢なので、二等と言ってもエアコン付車両は上級クラスであり、大きな駅にあるアッパークラスの乗客専用待合室なども利用できる。

インド国鉄の主要幹線は軌道幅1676mmの広軌なので車両幅も広い。
ちなみに日本の主な在来線が1067mm、新幹線のフル規格でも1435mmという軌道幅なので、それと比較するとインドの広軌がいかに広いかお分かりいただけると思う。
なので寝台は向い合せのもの(進行方向に対しヨコ向き)に加え、通路を挟んでタテ向きのものがある。

インドの列車内

エアコン付二等車の車内。縦方向のベッドは上下別々のカーテンがありプライベートが守られる。

私の席は向い合せ寝台の上段である。

席(寝台)の希望はチケットを取る際に出すことができる。
今回私はインターネットから自分でチケットを手配したのだが、あえて向い合せ席の上段を希望し、その通り取れたのであった。

ではなぜ上段にしたかと言うと、それは好きな時に寝られるからである。
なにしろ下段は昼間は椅子として使われるので自分専用ではないのである。
もちろん夜は自分専用のベッドとなるのだが、じゃあいったい「夜」とは何時からなのだろうか。
それはもちろん乗り合わせた人にもよるが、総じてインド人は夜型が多く、夕食を9時過ぎに食べ始めたり、いつまでも居座って(まあ椅子の時はその人の席でもあるのだが)動かないということがあるのだ。
それは疲れた体にはなかなかの生き地獄なのである。特に普段から朝型の私としては、最低でも9時には横になりたいのである!

インドの寝台列車

上段ベッドにも落下防止用の手すりは無いが、ベッドを吊り下げている二本の鎖(カバー付)があるので安心である。

15時22分、ほぼ定刻でアシュラム急行は出発した。

結局周りに誰も来ないままであったが、一つ目の駅で中学生くらいの息子を連れた夫婦が乗り込んで来た。
もちろん私の脳細胞には彼らがどこまで乗るのかインプットされている。それはジャイプルである。

ジャイプルはデリーから308km、到着予定時刻は20時25分である。
なので彼らは目的地まで椅子席のまま行くであろう。なにしろ5時間も乗らないし、そのほとんどが「昼」の時間帯なのだから。
私の脳細胞は素早くそう結論を導き出した。

しかし危ないところだった。もし私のベッドが下段だったらそれまで寝ることができないところだったのである。

ところがである、その家族はよほど疲れてでもいるのか、まず奥さんが向かいの下段にごろりと横になり、息子もさっさとその上段に上がって横になってしまった。
あとは私の横に座っているお父さんだけである。
お父さん、ちょっと困ったような顔で私をちらちら見てる。私もちょっと困ってお父さんを見る。
そこはやはり同じ人間同士、言葉を交わさなくてもちゃんと何が言いたいのかわかる。あんたも寝たいんだろ。

そこで私は本来の私のベッドである上段に上がることにした。まだ夕方の4時だけど・・・

あんたらはいい、今から寝てもせいぜい4時間くらいなのだ。
でも私は今から寝ると16時間近く寝てなきゃならないのだぞ。

インド人は総じて夜型?

誰がそんなことを言ったんだ。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

2016年グジャラート再訪・第2回 / デリージャンクション駅

旅の始まりはデリーである。

まずはここからグジャラート州のアーマダバードを目指すのであるが、デリーからは900㎞以上も離れているので、忙しい現代人や日程に限りのある旅行者は飛行機で一気に移動するのが普通であろう。
しかし私は少し日程に余裕のある近代人なので、ここはやはり列車を利用することにする。

デリーとアーマダバード間はインド国鉄の誇るラージダニ特急が13時間45分で結んでいる。
デリーには主要駅が三つあり、行先や列車によってその三つの駅を使い分けているのだが、アーマダバード行のラージダニ特急はニューデリー駅から出発する。
そして私はニューデリー駅近くの宿に泊まっているので、そのラージダニ特急を利用するのが一番便利なのである。

しかし私はあえてオールドデリーにあるデリー・ジャンクション駅始発のアシュラム急行を選んだ。

な~んでか?

それは宿のチェックアウト時間が12時であり、ラージダニ特急の出発時間が19時55分だったからである。
いったいそれだけの時間、どこで何をしていればいいというのだ。ブラックでない会社の勤務時間と同じくらい長いんだぞ。会社をクビになったのを家族に言い出せず、毎朝どこぞに出勤していくお父さんの気持ちがよくわかる。

なので私はアシュラム急行にしたのである。
アシュラム急行はアーマダバードまで16時間20分かかる。その代り出発時間が15時20分と早い。
これなら本当はもっと働きたいんだけどなかなかシフトが入れてもらえない人の勤務時間くらいなのであっという間である。リストラの挙句バイトも一日3時間じゃ食べていけないよ!と憤るお父さんの気持ちがよくわかる。

ここがアシュラム急行の始発駅デリー・ジャンクション駅である。
ちなみにこの駅へはデリーメトロ(地下鉄)のチャンドニー・チョウク駅が最寄となる。
チャンドニー・チョウク駅からは地下道がデリー・ジャンクション駅の前まで続いていてなかなか便利なのだ。(下の写真は地下道を出たあたりから見る駅舎)

デリージャンクション駅の駅舎

デリー・ジャンクション駅はニューデリー駅、ニッザムディーン駅と並び、デリー三大始発駅である。

場所がオールドデリーのど真ん中ということで、ニューデリー駅より物騒と思う方もいるかもしれないが、外国人旅行者の多いニューデリー駅の方が旅行者をカモにしようとするやつらがいるので物騒なのだ。
でもまあ悪い奴はどこにでもいるので用心するのに越したことはない。

インドの列車はよく遅れると言われるが、こと始発駅ではまず時間通りの運行である。
ただし大きな駅ではセキュリティーチェックで時間を取られたり、列車のホームが変更になるなど不測の事態も想定し早めに行くのがいいのだ。
本場のインドの人たちはその辺の事情をよぉ~く知っているので、想像を絶するくらい駅に早く来て、床に座って延々と待ち続けたりしている。

デリージャンクション駅の構内

人々のファッションや持ち物はだいぶ変わったが、床に座り込むことは相変わらずである。

もちろん私も一時間以上も前に駅に到着し、列車運行表示板でアシュラム急行の出発が3番線からであることを確かめ、ゆったりとした気分で跨線橋を上って行った。
ところが探せど探せど3番ホームが見つからないのである。
たくさんの線路とホームを見下ろす跨線橋を右往左往し、駅員らしき人に二度もたずね、ようやくたどり着いた3番線は他のホームと横並びの位置ではなく、丸々ホームひとつ分飛び出した位置、つまり別のホームを端まで歩いたその先にあったのである。
駅に着いてからホームにたどり着くまで30分もかかってしまった。東京だったら地下鉄の駅二つ分くらい歩いてしまったのではないだろうか。

やはり郷に入っては郷に従え、インドではインド人を見習って駅には早めに行くのがいいのだ。

デリージャンクション駅のホーム

始発駅は時間通りの運航なので助かる。2014年には途中駅からこの同じ列車に乗ったが、一時間待たされた。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

2016年グジャラート再訪・第1回 / 旅の概要

ちょっと時間が経ってしまいましたが、2016年11月にグジャラート州を旅して参りましたので、そのご報告をさせて頂こうと思います。

では・・・

*******************************

昨年の秋、インドのグジャラート州を旅して来た。

えっ?また? あんたも好きねえ・・・

と思う方もおられるであろう。
そう、好きなのである。

確かに3年前(2016年を基本にしてってことね)もグジャラート州を旅した。
その時のルートが以下のものである。

インド、グジャラート州の地図

2013年に旅したルート。アーマダバード-ジュナーガル-ポバンダール-ドワルカ-ジャムナガル-ブジとバスで移動した。

このルートを見てなにか物足りなく思われないだろうか。
そう、グジャラート州にはせっかく変な形、いや、ユニークな形をした半島(カーティヤーワール半島)があるというのに、前回はその真ん中あたりを突っ切って行ってしまい、下半分を無視してしまったのである。申し訳ない、そのあたりの人々。
そこで今回はその空白地帯を訪問することで、カーティヤーワール半島の外周をほぼ制覇しようというのである。

そうなると目的地はこんな感じ(下の地図参照ね)となる。

インド、グジャラート州の地図

2016年の旅ではカーティヤワール半島の東南岸沿いにバス移動する予定である。

出発地点は大都市アーマダバード、そして最初に向かうのはバーヴナガルという町にした。
実はバーヴナガルはかのマハトマ・ガンディーゆかりの地なのである。でもその詳細は実際にバーヴナガルに着いてから(この旅行記の中でってことね)とする。なんせバーヴナガルは田舎町なので、ここでうっかりべらべらしゃべっちゃうと話題がなくなってしまうのである。

そしてもうひとつの訪問地はディウという町である。しかし実はディウはグジャラート州ではないのである。
グジャラート州のカーティヤーワール半島の一番下(北)に位置するディウは、対岸(言わばインドの本土側)にあるダマンとセットで連邦直轄地となっているのだ。
ほら、地図にも「DAMAN AND DIU」と漫才コンビの名前みたいな感じで記してある。
とにかくグジャラートの中にあってグジャラートではないという、ちょっと興味深い場所なのである。

といった具合に、今回はアーマダバードから乗合バスで、カーティヤーワール半島を時計回りに移動するのである。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

目次へ行く次のページへ行く