2016年グジャラート再訪・第46回 / グジャラートの旅を終えて

ブジに到着した翌日、私はバザールの布屋でバスタオルを買った。
値段は120ルピー(約192円)だったので、500ルピー札を出してみた。
すると店主は苦笑いしながら「これは使えない」と言う。
昨日のレストランはなんとかぎりぎりで受け取ってもらえたが、ついに旧高額紙幣の流通は停止したようである。

インド、グジャラート州、ブジの布屋

500ルピー札を差し出した私に、「だんな、そんな紙切れ使えまっかいな」と店主は言った。ついにその時が来たという瞬間であった。

今回の500ルピー札と1000ルピー札の廃止は、11月8日(2016年)午後8時に突然宣言された。
ブラックマネーの根絶が狙いだったとのことで、ごく一部の人間を除き、金融機関にも寝耳に水の電撃的発表及び実施だったようである。

そのような事情からか、発表翌日から金融機関は休業となり、実際に動き始めたのは11日(金)だったようである。少なくとも10日にジャムナガルの街を歩き回った時には、どこにも混乱らしきものは見当たらなかった。

それが11日のブジ行のバスからは、金融機関に人々が群がっている光景をあちこちの街で目にした。

インドの郵便局に押し寄せる人々

郵便局には新札との交換や旧札の預金のため長い列ができていた。

旧札は新札へ交換ができ、また12月31日(2016年)までは旧札を自分の口座に入金することはできるとのことであった。
しかし新札はまだ準備不足とのうわさであり、口座への入金といっても口座を持っていない人も多いことであろう。そもそも今回の強硬手段はタンス預金を吐き出させる狙いもあるとのことなのだ。

とにかく当面金融機関の窓口やATMが混雑するのは必至である。

インドのキャッシュクライシスにより銀行に詰めかける人々

そもそもかなり抜き打ち的な発表だったため、おそらく銀行側も準備不足だったことだろう。

私はというと、まだかなりの枚数の500ルピー札を保有していた。その一方で確実に使える通貨はごくわずか(日本円で3~4千円ほど)しかないが、ゲストハウスの支払いは500ルピー札でOKとオーナーから言われており、またブジから先の列車のチケットはすでに持っているため、それほどの危機感はなかった。

しかしゲストハウスのすぐ前にある小さな郵便局に、たくさんの人が押しかけているのを目にしたり、時折聞こえて来る怒声を耳にしたりすると、ふと「暴動」の二文字が頭に浮かぶのであった。

インド、ブジの小さな郵便局にも人々が押し寄せていた

みんな新札と交換するための申込用紙に一生懸命記入していた。

そんな波乱のグジャラートの旅となってしまったが、結果から言えば申し訳ないほどスムーズであったと思う。
立ち往生することもなく、大きく予定を変更せざることもなく、そして保有していた500ルピー札も仕入ですべて使い切れた。

こうした旅をすると人々の親切をしみじみ感じたりするものだが、今回のようなアクシデントに見舞われるとさらにそれを実感する。

インド、ブジのオートリキシャのドライバー

ブジを発つ朝、駅まで乗せて行ってくれたオートリキシャのおにいさん。支障なく送り届けていただき、ありがとうございました。

日本のパスポートには「日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助をあたえられるよう、関係の諸官に要請する」とあるが、まさしくそれを実践していただいたようで、お世話になった関係各位に心から御礼申し上げる次第であります。

本当にありがとうございました。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く

シンプルデザインの真鍮製シンギングボウル

2016年グジャラート再訪・第45回 / ブジの食事

ブジに着いたら絶対このレストランに行こうと、固く固く心に決めていた。

ここはヌーラニという名のノン・ベジレストランである。そう、ここでは肉が
食えるのだ。

インド、グジャラート州、ブジのレストラン

ブジで肉食したけりゃここに来い。

味付けもとてもスパイシーなので、インドにヨガとかアーユルベーダとか精神修養とかを求めて来た人には縁がないかもしれない。

さて、私はまともな食事を丸二日間も取っていないこともあり、気持ちがはやってしまい少々ぎこちなく入店した。
案内のボーイはエアコンの部屋を勧めてくれたが、あえて普通の席にした。辛いものや熱いものを冷房の効いた部屋で食べたいとは思わない。暑いときに辛いものを大量の水を飲みながら食べ、汗をダラダラ流すのが好きなのである。

インド、グジャラート州、ブジのレストラン

辛い物を食べるときは思いっ切り汗を流しながら食べるのがいいのだ。

まずはチキン・ホット&サワースープから始める。
これはその名の通りチキン入りの辛くて酸っぱい、少しとろみの付いたスープである。空腹の弱った胃に染み渡る。
インドのチキン・ホット&サワースープ

酸味と辛みがクセになるのだ。

それからメインディッシュにマトン・ガーリックマサラを注文した。
これもその名の通り羊肉入りのニンニクの効いたカレーである。上に乗っているのはクルミだか豆だかであるが、正確にはよくわからない。まあカレーがメインで添え物などには無頓着なのだ。
インドのマトンカレー

うまいのだが量がちょっと多すぎる。

これに合わせるのはプレーンライス、つまり普通の白飯である。インドでは常にカレーをナンで食べると思ったら大間違いなのだ。少なくとも私はこの組み合わせが一番好きである。なにしろ帰国後の第一食目にカレーライスを選ぶくらいなのである。
インドのカレーライス

インドだからといってカレーにナンというわけではない。

最初のスープですでに胃が痛めつけられており、そこに肉のかたまりと噛み応えのある米ではそうたくさん食べられない。ご飯もカレーも半分くらいしか食べられなかった。

代金は全部で390ルピー(約624円)だった。
ボーイをテーブルに呼び、さりげなく500ルピー札を出す。
ボーイは素直にそれを受け取りレジに持って行ったが、レジの係りのあんちゃんに何か言われている。

インド、グジャラート州、ブジのレストラン

さあ、さっさとお釣りを持って来なさい。頼むからさ。

私はレジの方を見ないようにして、知らんふりを決め込んでいたが、おそらくボーイが「だってさあ、外国人だから500ルピー札が使えなくなっちゃったってこと知らないんじゃないの」とか言ったのだろう、やがてレジの係りが折れたらしくお釣りを持ってやって来た。

やった! 私の勝利だ!

しかしさすがにそろそろ500ルピー札は受け取ってもらえなくなって来たようで、さて、残りの500ルピー札をどうしようかなと考えながら店を後にしたのであった。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

2016年グジャラート再訪・第44回 / ブジの宿

ブジでの宿はいつもシティ・ゲストハウスに決めている。
もっともそれはこちらが勝手に決めているだけで、予約も事前連絡もなにもなしに行くため、入れない可能性もある。
その場合は当然別の宿を探さないといけないので、そのためにも早い時間のブジ到着はありがたい。

インド、グジャラート州、ブジのバススタンド

思ったより早い到着だったのでまだ日も高く、宿の予約がなくても余裕なのだ。

うっかり路地を曲がり間違えたらしく少し迷ってしまったが、そんな時はアイーナ・マハルの場所を尋ねると解決する。アイーナ・マハル、そしてそれに隣接するプラグ・マハルはブジ随一の観光スポットであり、またシティ・ゲストハウスはそこから近いのでもう迷うことはない。
インド、グジャラート州、ブジ

ブジのランドマーク、アイーナ・マハルが見えればもう道に迷うことはない。

20分ほどで宿に到着。
やはりこの看板を見るとホッとする。
インド、グジャラート州、ブジのゲストハウス

目指すゲストハウスまでたどり着けたが、問題は部屋があるかどうかだである。

しかし事務所にも中庭にも誰もいなかった。たぶんオーナーは昼寝でもしているのだろう。
それにしても従業員の誰かがいてもいいのになあと思いながら、荷物を降ろし椅子に座ってしばし待つ。

15分ほどすると大きなリュックを担いだ青年が到着した。
イスラエルから来たという青年はじっと待つということをしないようで、「ちょっと叫んで来る」と言うや、本当に宿中「誰かいないか!」と叫んで回っていた。

そんなイスラエル青年の奮闘もむなしく、依然誰も出て来ない。
青年は飯を食って来ると言い、荷物を置いて出て行った。本当は私も誘われたのだが、実はどうしても行きたい食堂があったので遠慮をしておいた。

インド、グジャラート州、ブジのゲストハウス

主不在の事務室では、時計だけが動いている。

結局30分ほど待ったところでオーナーがやって来た。

部屋がかなり空いているというのは、事務所の壁に掛けられたルームキーを見てわかっていたので、その中から二階の一番奥の部屋を選んだ。そこならやたらに部屋の前を人が通らないので落ち着くのである。

部屋代は一泊500ルピー(約800円)であったが、Wi-Fiを利用するには一日単位の別料金が必要とのこと。
しかし私のタブレット端末はジャムナガルで突然壊れてしまったため、もうWi-Fiなどまったく不要なのだ。

インド、グジャラート州、ブジのゲストハウス

この部屋は二階の一番端なので、通常はこの前を人が通ることがない。

トイレには相変わらず便座がなかった。
しかしこのタイプの便器は両サイドが大きく張り出していて、そこに上がってしゃがんで用を足すことができるので、インド人やある程度の年齢の日本人には(もちろん私も)便座がなくとも問題はないのである。
インド、グジャラート州、ブジのゲストハウス

トイレには相変わらず便座がなく、便器に上ってしゃがんで用を足す。

シャワーは基本的には水しか出ない。
しかし日中は太陽光で暖められた水が出る。そして朝、オーナーがシャワーを浴びる時間に合わせるとお湯が出たりする。

部屋にエアコンはないが、窓もドアも開け放ち、ベッドに横になって天井扇の風に踊る洗濯物を見上げたりしていると、しみじみと幸せを感じたりするのである。

インド、グジャラート州、ブジのゲストハウス

開け放たれた部屋で、天井扇の風に吹かれ、洗濯物も気持ちよさそうである。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドのマフラー