それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】 インド くそ

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「インド くそ」

です。

今回はばっちい話題なので、そういうのに抵抗がある方はここから下に読み進めてはいけません。

********************

それにしてもすごい検索キーワードである。
探す方も探す方だが、それでひっかかるサイトもサイトである。

しかし確かにインドにくそ(これ以降もう少し品よく「うんこ」と称す)は付き物である。
こんなことを言うとインドの人が怒るかもしれないが、実際日本に比べてインドではうんこが身近にある。そう、それはヴァラナシの火葬場を見て「ここには人の死が身近にある」と思わずつぶやいてしまうのと同じように、うんこは実に身近な存在なのだ。

インドには牛がたくさんいることはご存知かと思うが、牛がいるということはうんこもたくさん落ちているということである。インドのくそつまり《牛=うんこ》という等式が成り立つわけだが、逆もまた真なりとはならない。なぜならインドには牛だけでなく、ヤギやヒツジ、ウマにブタ、犬と猿とキジ(はいないけどカラスはいる)などがうじゃうじゃいて、そのことごとくがうんこをたれるからである。動物だもの!

しかしインド人はそんなうんこをただ汚いなどと一方的に嫌うことはせず、いろいろに利用する。

一番の利用法は燃料である。
これは主に牛のうんこであるが、ワラを混ぜてこね、適当な大きさにしたものを壁にぺたんと貼り付けて平らにして乾燥させる。
そいつを必要に応じてかまどにくべ、チャパティを焼いたりするのである。インドのくそ他にも堆肥として利用したり、家の壁や床を塗り固めたり、また最近ではガスを発生させてそれを燃料にするなんてことも行われているようである。

しかしインドには、そんなありきたりなものだけではなく、誠に驚くべき利用法があるのである。

それは観光客も多く訪れるニューデリーの中心地コンノート・プレイスのことじゃった・・・インドのくそある暑い日、コンノート・プレイスの外周を歩いていると、道端に座っていた靴磨きの少年が私の足下を指差し「ダンナ!靴が汚れてますぜ!」と叫ぶではないか。
私は驚いて立ち止まり、自分の足下を見ると、なにやら得体の知れないものが足の甲の部分に載っている・・・インドのくそうっ・・・やられた・・・

デリーでは知らぬ間に靴にうんこを載せられ、結果法外な料金で靴磨きをせざるを得なくなったということがガイドブックに書いてあり、私も充分気を付けていたのであった。

が、そんな私の早期警戒システムの網の目をくぐり抜け、敵はまんまと爆撃を成功させたのであった。

これを読んで「そんなバカな」と思う方もいらっしゃるであろう。
しかしこれは事実なのである。

これは靴磨き少年団の集団による仕業であろうと思われる。
つまりうんこを載せる専門の係(これを「載せ子」と呼ぶ)がいて、靴磨き少年のいる界隈で無差別にうんこを載せまわるのである。
そして靴磨き少年(これを「拭き子」と呼ぶ)は通りを行く人たちの中に、目ざとく載せ子の餌食となった人を見つけると、ことさら大げさに「汚い!」を叫んで相手の羞恥心をあおり、汚物を拭き取る対価として大金をせしめるのである。

靴に載せられる物体はあきらかにうんこである。
おそらく水で溶いてペースト状にしたものを、ビニール袋かなにかに入れ、そいつを押すとびゅっ!と飛び出るようにしてあるのだと思う。

物体をうんこと断定する理由のひとつはその匂いである。
私は靴磨き少年のありがたい申し出を荒々しく断り、気を紛らわすために近くのマクドナルドへ入ったのだが、店内で足元から立ち上る芳香にいたたまれず、すぐに外に飛び出してしまったほどであった。
あの強烈な臭気がうんこ以外のなにものであろうか。

もうひとつの理由は、なんといってもコストの安さである。
なにしろうんこはそこらじゅうに落ちているのである。タダなのだ、タダ。

しかし近年ニューデリーでは牛追い出し作戦が繰り広げられ、かつてよりだいぶ少なくなって来たようなので、もしかしたら載せ子も材料の入手に困っているかもしれない。

そうなるともう靴にうんこを載せるなんてことはできなくなるかもしれない。

いや、まてよ・・・うんこするのはなにも牛だけじゃないもんなあ・・・

そもそも載せ子自身だって・・・

人間だもの!

インドの南京錠

それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】チョーメン

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「チョーメン」

です。

********************

インドの食べ物と言ったら「カレー」と答える人は多く、またそれは事実であり、実際インド人は(いわゆる)カレー味の食事をよく食べる。

しかしインドの食事は当然それだけではなく、そのひとつが今回のテーマのチョーメンである。

私もカレーが好きだが、それは日本のカレーライスであり、インドで毎食カレー攻撃を受けたら一日で参ってしまう。
じゃあインドに行ったとき何を食べるかと言うと、それはチョーメンとなる。

一言で言えばチョーメンは焼きそばである。二言で言っても焼きそばである。三言で言っても四言で言っても焼きそばだったら焼きそばなのである。
それはもともと中華料理の炒麺(チャオミエン)がルーツなので納得なのである。

その炒麺がインド庶民にすっかり浸透しチョーメンとなり、今では安食堂の定番メニューにもなっているので、私などは実にありがたく思うのである。インドの定番中華チョーメンで、私も町内会の夏祭りで焼きそばを焼いた経験を持つセミプロだが、あまり料理には興味がないため、これ以上「料理としての」チョーメンを語れない。
なのでここからはインド全土(ちょっと大げさだけど)で私が食べたチョーメンのごく一部を写真で紹介させて頂くことにする。

まず始めはニューデリー駅近くの小奇麗な食堂で食べたチョーメンである。
具にはチキンが入っているが、焼き色がついていたので、店先に吊るされていたタンドーリチキンの残りなのだろう。インドの定番中華チョーメンこれは湖に浮かぶ白亜のホテルで有名なウダイプールで食べたチョーメンである。
ホテルの屋上のレストランで食べたのだが、もちろんそのホテルは湖に浮かぶ高級ホテルなどではなく、エレベーターもないような小さなホテルで、屋上まで階段でえっちらおっちら上って行ったのであった。インドの定番中華チョーメンこちらは砂漠の城塞都市ジャイサルメールで食べたチョーメンである。
一見うまそうに見えるかもしれないが、それは気のせいである。インドの定番中華チョーメンこれはパキスタン国境に近い町バルメールで食べたチョーメンである。
観光客などまずいないバルメールにあって、一番新しくきれいなホテルのレストランのものである。
でも泊まったのはそこではなく、もっとばっちい、いや、由緒あるホテルだった。インドの定番中華チョーメンこれはグジャラート州アーマダバードで食べたチョーメンである。
見てもわかる通りねっとりしたあんかけ風でおいしかった。インドの定番中華チョーメンこちらも同じくグジャラート州のジュナーガルで食べたチョーメンである。
トマトケチャップ味だったが、あまりうまくなく半分方残してしまった。インドの定番中華チョーメンこれは世界遺産の点在するオールド・ゴアで食べたチョーメンである。
この時の同行者はフィッシュ・カレーを注文したが、丸ごと油で揚げた魚に閉口し、このチョーメンをうらやましそうに見ていた。インドの定番中華チョーメンこれはそのゴア郊外にあるリゾート地カラングート・ビーチのチョーメンである。
実は私はここではビールを飲んでいてこのチョーメンを食べていない。
これは前出の同行者が注文したものなのだが、オールド・ゴアのフィッシュ・カレーに懲り、あらためてチョーメンの偉大さに気付いたということなのだ。インドの定番中華チョーメンこれは水郷の町アレッピーで食べたチョーメンである。
もやしがたくさん入っていてうまかった。インドの定番中華チョーメン写真がちょっとボケてしまったが、これはスリランカに近いラーメシュワラムで食べたチョーメンである。
ちなみに皿の下に敷かれているのは、バナナの葉に見立てた蠟引きの紙である。
この食堂ではその紙の上にご飯とおかずをよそって食べる「ミールス」と呼ばれる南インドの定食がメインなのだが、注文したのがチョーメンだったので、店の人は拍子抜けしていたようだった。インドの定番中華チョーメンそして最後に紹介するのは、デリーの動物園の入り口付近にある食堂のチョーメンである。
どこの国でも選択肢のない場所の商売は客の足下を見るものだが、ここのチョーメンも見事なくらい具が入っていない。
しかし私にはこのほぼ具なしのチョーメンが本当においしく感じた。
なにしろ私は日本でもたくさん具の入った焼きそばが嫌いで、とにかく麺をたくさん食べたいのである。
なのでこのデリー動物園のチョーメンは、私にとってはインドにおけるベスト・オブ・チョーメンと言っても過言ではないのである。インドの定番中華チョーメン

以上、少しでもお役に立てたら幸いである。