それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】 インド くそ

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「インド くそ」

です。

今回はばっちい話題なので、そういうのに抵抗がある方はここから下に読み進めてはいけません。

********************

それにしてもすごい検索キーワードである。
探す方も探す方だが、それでひっかかるサイトもサイトである。

しかし確かにインドにくそ(これ以降もう少し品よく「うんこ」と称す)は付き物である。
こんなことを言うとインドの人が怒るかもしれないが、実際日本に比べてインドではうんこが身近にある。そう、それはヴァラナシの火葬場を見て「ここには人の死が身近にある」と思わずつぶやいてしまうのと同じように、うんこは実に身近な存在なのだ。

インドには牛がたくさんいることはご存知かと思うが、牛がいるということはうんこもたくさん落ちているということである。インドのくそつまり《牛=うんこ》という等式が成り立つわけだが、逆もまた真なりとはならない。なぜならインドには牛だけでなく、ヤギやヒツジ、ウマにブタ、犬と猿とキジ(はいないけどカラスはいる)などがうじゃうじゃいて、そのことごとくがうんこをたれるからである。動物だもの!

しかしインド人はそんなうんこをただ汚いなどと一方的に嫌うことはせず、いろいろに利用する。

一番の利用法は燃料である。
これは主に牛のうんこであるが、ワラを混ぜてこね、適当な大きさにしたものを壁にぺたんと貼り付けて平らにして乾燥させる。
そいつを必要に応じてかまどにくべ、チャパティを焼いたりするのである。インドのくそ他にも堆肥として利用したり、家の壁や床を塗り固めたり、また最近ではガスを発生させてそれを燃料にするなんてことも行われているようである。

しかしインドには、そんなありきたりなものだけではなく、誠に驚くべき利用法があるのである。

それは観光客も多く訪れるニューデリーの中心地コンノート・プレイスのことじゃった・・・インドのくそある暑い日、コンノート・プレイスの外周を歩いていると、道端に座っていた靴磨きの少年が私の足下を指差し「ダンナ!靴が汚れてますぜ!」と叫ぶではないか。
私は驚いて立ち止まり、自分の足下を見ると、なにやら得体の知れないものが足の甲の部分に載っている・・・インドのくそうっ・・・やられた・・・

デリーでは知らぬ間に靴にうんこを載せられ、結果法外な料金で靴磨きをせざるを得なくなったということがガイドブックに書いてあり、私も充分気を付けていたのであった。

が、そんな私の早期警戒システムの網の目をくぐり抜け、敵はまんまと爆撃を成功させたのであった。

これを読んで「そんなバカな」と思う方もいらっしゃるであろう。
しかしこれは事実なのである。

これは靴磨き少年団の集団による仕業であろうと思われる。
つまりうんこを載せる専門の係(これを「載せ子」と呼ぶ)がいて、靴磨き少年のいる界隈で無差別にうんこを載せまわるのである。
そして靴磨き少年(これを「拭き子」と呼ぶ)は通りを行く人たちの中に、目ざとく載せ子の餌食となった人を見つけると、ことさら大げさに「汚い!」を叫んで相手の羞恥心をあおり、汚物を拭き取る対価として大金をせしめるのである。

靴に載せられる物体はあきらかにうんこである。
おそらく水で溶いてペースト状にしたものを、ビニール袋かなにかに入れ、そいつを押すとびゅっ!と飛び出るようにしてあるのだと思う。

物体をうんこと断定する理由のひとつはその匂いである。
私は靴磨き少年のありがたい申し出を荒々しく断り、気を紛らわすために近くのマクドナルドへ入ったのだが、店内で足元から立ち上る芳香にいたたまれず、すぐに外に飛び出してしまったほどであった。
あの強烈な臭気がうんこ以外のなにものであろうか。

もうひとつの理由は、なんといってもコストの安さである。
なにしろうんこはそこらじゅうに落ちているのである。タダなのだ、タダ。

しかし近年ニューデリーでは牛追い出し作戦が繰り広げられ、かつてよりだいぶ少なくなって来たようなので、もしかしたら載せ子も材料の入手に困っているかもしれない。

そうなるともう靴にうんこを載せるなんてことはできなくなるかもしれない。

いや、まてよ・・・うんこするのはなにも牛だけじゃないもんなあ・・・

そもそも載せ子自身だって・・・

人間だもの!

それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】チョーメン

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「チョーメン」

です。

********************

インドの食べ物と言ったら「カレー」と答える人は多く、またそれは事実であり、実際インド人は(いわゆる)カレー味の食事をよく食べる。

しかしインドの食事は当然それだけではなく、そのひとつが今回のテーマのチョーメンである。

私もカレーが好きだが、それは日本のカレーライスであり、インドで毎食カレー攻撃を受けたら一日で参ってしまう。
じゃあインドに行ったとき何を食べるかと言うと、それはチョーメンとなる。

一言で言えばチョーメンは焼きそばである。二言で言っても焼きそばである。三言で言っても四言で言っても焼きそばだったら焼きそばなのである。
それはもともと中華料理の炒麺(チャオミエン)がルーツなので納得なのである。

その炒麺がインド庶民にすっかり浸透しチョーメンとなり、今では安食堂の定番メニューにもなっているので、私などは実にありがたく思うのである。インドの定番中華チョーメンで、私も町内会の夏祭りで焼きそばを焼いた経験を持つセミプロだが、あまり料理には興味がないため、これ以上「料理としての」チョーメンを語れない。
なのでここからはインド全土(ちょっと大げさだけど)で私が食べたチョーメンのごく一部を写真で紹介させて頂くことにする。

まず始めはニューデリー駅近くの小奇麗な食堂で食べたチョーメンである。
具にはチキンが入っているが、焼き色がついていたので、店先に吊るされていたタンドーリチキンの残りなのだろう。インドの定番中華チョーメンこれは湖に浮かぶ白亜のホテルで有名なウダイプールで食べたチョーメンである。
ホテルの屋上のレストランで食べたのだが、もちろんそのホテルは湖に浮かぶ高級ホテルなどではなく、エレベーターもないような小さなホテルで、屋上まで階段でえっちらおっちら上って行ったのであった。インドの定番中華チョーメンこちらは砂漠の城塞都市ジャイサルメールで食べたチョーメンである。
一見うまそうに見えるかもしれないが、それは気のせいである。インドの定番中華チョーメンこれはパキスタン国境に近い町バルメールで食べたチョーメンである。
観光客などまずいないバルメールにあって、一番新しくきれいなホテルのレストランのものである。
でも泊まったのはそこではなく、もっとばっちい、いや、由緒あるホテルだった。インドの定番中華チョーメンこれはグジャラート州アーマダバードで食べたチョーメンである。
見てもわかる通りねっとりしたあんかけ風でおいしかった。インドの定番中華チョーメンこちらも同じくグジャラート州のジュナーガルで食べたチョーメンである。
トマトケチャップ味だったが、あまりうまくなく半分方残してしまった。インドの定番中華チョーメンこれは世界遺産の点在するオールド・ゴアで食べたチョーメンである。
この時の同行者はフィッシュ・カレーを注文したが、丸ごと油で揚げた魚に閉口し、このチョーメンをうらやましそうに見ていた。インドの定番中華チョーメンこれはそのゴア郊外にあるリゾート地カラングート・ビーチのチョーメンである。
実は私はここではビールを飲んでいてこのチョーメンを食べていない。
これは前出の同行者が注文したものなのだが、オールド・ゴアのフィッシュ・カレーに懲り、あらためてチョーメンの偉大さに気付いたということなのだ。インドの定番中華チョーメンこれは水郷の町アレッピーで食べたチョーメンである。
もやしがたくさん入っていてうまかった。インドの定番中華チョーメン写真がちょっとボケてしまったが、これはスリランカに近いラーメシュワラムで食べたチョーメンである。
ちなみに皿の下に敷かれているのは、バナナの葉に見立てた蠟引きの紙である。
この食堂ではその紙の上にご飯とおかずをよそって食べる「ミールス」と呼ばれる南インドの定食がメインなのだが、注文したのがチョーメンだったので、店の人は拍子抜けしていたようだった。インドの定番中華チョーメンそして最後に紹介するのは、デリーの動物園の入り口付近にある食堂のチョーメンである。
どこの国でも選択肢のない場所の商売は客の足下を見るものだが、ここのチョーメンも見事なくらい具が入っていない。
しかし私にはこのほぼ具なしのチョーメンが本当においしく感じた。
なにしろ私は日本でもたくさん具の入った焼きそばが嫌いで、とにかく麺をたくさん食べたいのである。
なのでこのデリー動物園のチョーメンは、私にとってはインドにおけるベスト・オブ・チョーメンと言っても過言ではないのである。インドの定番中華チョーメン

以上、少しでもお役に立てたら幸いである。

それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】プロ 耳かき 道具

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「プロ 耳かき 道具」

です。

********************

まず始めにご説明しておくと、インドには耳かきを生業とする人たちがいる。

まあ日本にもおねえさんが耳かきをしてくれる店があったりするが、インドの耳かき屋はそういういやらしい目的・・・いや、私は日本の耳かき屋のことはよく知らないのであくまでも想像でしかないのだが・・・日本のそれは耳を掃除してもらうというより、たぶん、おそらく、もしかしてだけど~、おねえさんのひざまくら~が、目的なんじゃないのお~~~

そういうことだろ。

でもインドはそんな不純なものではなく、「カーン・サーフ・ワーラー」と呼ばれるレッキとした職業があるのだ。
ヒンディー語でカーンは耳、サーフは掃除、ワーラーは作業者(仕事にくっつけて「それを行う人」)という意味なので、つまりそのまま「耳掃除人」ということになる。
彼らは目印の赤い帽子(または巻き布)を頭にかぶり、街角で客を探して歩いている。そう、彼らは店を持たない露天商(?)なのである。

では彼らはどのような道具を使っているかというと、基本は「細い棒」一本である。インドの耳かき屋棒の材質や形状の詳細はわからないが、おそらく耳かき屋によって多少の違いがあると思う。
なのでここはあくまでも自分の体験した時のことでお答えするのだが、この時は金属製のもののように見えた。
先端は日本でよく見るようなスプーンのようにはなっておらず、先端付近にらせん状の溝がつけられ、そこに綿をからめて綿棒のようにして使っていた。
ちなみに綿は耳かき屋の耳(つまり「カーン・サーフ・ワーラー・カーン」である)に挟まれている。
インドの耳かき屋とにかく使用しているのは特にすごい工夫があるわけではないただの細い棒なのだが、弘法は筆を選ばず、カーン・サーフ・ワーラーは耳かき棒を選ばず、要は腕がものを言うのである。
耳の穴をのぞき込み、巧みに棒を動かして耳垢をこそげ落として行く。
そして大物を掘り当てたときは、ピンセットを使って引きずり出す。インドの耳かき屋の道具そんな腕と棒一本で生活を支えている彼らだが、この耳かき屋は小さな道具箱を持ち歩いていた。インドの耳かき屋の道具何が入っているのかと覗いて見ると、小瓶がずらりと並んでいる。
これは耳のケア用の薬であるようだ。私も耳掃除の後にしきりにつけることを勧められた。
しかし中身はなんだかわからない。ちゃんとした医薬品かもしれないし医薬部外品かもしれない。またはマヤク、ビヤク、マジナイ、サプリ、トクホのたぐいかもしれない。
とにかくそんな得体のしれないものを使う気にはならなかったので「あくまでも個人の感想です」すら言えないのである。インドの耳かき屋の道具ちなみにこの時の耳かき料金は両耳で20ルピー(約40円)だった。
しかしこれは同行の現地人に交渉してもらった料金である。
某デリー在住者のブログで、コンノート・プレイス(デリーの中心地)で耳かきをしてもらったら100ルピーだったというような記事を読んだことがあるが、料金はケース・バイ・ケースなのだ。
これは耳かきに限ったことではなくインドでの料金設定(定価販売は除く)全般に言えることだが、決してその金額の違いだけで高いとか安いとか判断してはいけない。
価格は需要と供給のバランス、買う側と売る側の立場の強弱(たとえばものすごく耳がかゆくて、1000ルピー払ってでもすぐにやってもらいたいときなど)や、場所、天候、虫の居所などによって常に変動するものなのである。

とまあ以上が私の知りうる限りの「プロ 耳かき 道具」に関する情報である。
イマイチ道具の詳細がわからなかったかもしれないが、要はプロの一番大事な道具は「よい腕!」ということでお茶を濁しておくのである。

以上、少しでもお役に立てたら幸いである。

それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】洗濯ロープ ホテル どこにひっかける

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「洗濯ロープ ホテル どこにひっかける」

です。

********************

ちょっと長めの旅になると、どうしたって洗濯をすることになる。
でも、洗濯するのはいいけどどこにどうやって干したらいいのさ?という疑問が湧くのは当然である。

まず「洗濯ロープ」であるが、私の経験から言えばこれは日本の旅行用品店で扱っている、巻き取りリール式の洗濯ロープがおすすめである。巻き取りリール式の洗濯ロープこれは本当にすぐれもので、ロープは細くて丈夫だし、両端には吸盤やフックが付いているし、巻き取りリールは収納の時のみならず、ロープをぴんと張る時にも活用できるのでとても便利なのである。

ただし吸盤はまず使わない、っていうか使えない。
そりゃまあハンカチ一枚くらいなら平気かもしれないが、濡れたTシャツやズボンはまず耐えられない。
またもし吸盤自体が必死に絶えたとしても、吸い付けたガラスや鏡が外れて来ないとも限らない。なんせインドなのだから。

で、「どこにひっかける」なのだが、まずその前に、このロープではどのような留め方があるかを知っておこう。

1、フックをそのままどこかに引っ掛ける。
2、ロープをフックに通してループにする。
3、フック自体をコブ(ストッパー)として使う。巻き取りリール式の洗濯ロープとまあ、おおまかに言って以上の三方式がある。

ではいよいよ以上の方法を使ってどこかに引っ掛けるわけだが、やはり引っ掛けやすいのは壁に取り付けられている金具、たとえばカーテンレールだとか造り付けのタンスのバーだとかである。これはバーにロープを巻きつけ、上記「ループにする」の要領でフックで留めればいい。
インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしカーテンレールはものによっては意外とやわなものがあったり、壁にしっかり固定されていないものもある。またタンスも造り付けのものでなく置いただけのものでは、ずりずりと前進して来ることがあるので、事前によくチェックしてからでないと危険である。

次によく使う手は、ドアや窓、または造り付けのタンスの扉などに挟み込む方法である。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方これはフックをコブとして使う方法で、細いロープの部分をドアや窓の隙間に通し、フックの部分をストッパーとして使うのである。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしこの方法を使うとそのドアや窓が開けられなくなるので、ちょっと不便である。

その点エアコンのない安い宿は、窓に鉄格子がはまっていることがよくあるので、ロープの固定場所には困らない。インドのホテルに於ける洗濯ロープの張り方ただしこれもロープのもう片方はどこかに取り付けなくてはならないので、やはり上記の三方式を大いに活用し工夫して頂きたい。

なおロープを張る際、もし可能であるなら天井の扇風機の風の当たる場所を通して頂きたい。インドのホテルの天井扇風機季節やエアコンの有無でも違うが、比較的乾燥したインドではTシャツくらいならあっと言う間に乾く。うまくすると二毛作、三毛作も可能なので、ぜひ旅先での洗濯ライフを楽しんで頂きたい。

以上、少しでもお役に立てたら幸いである。