大変お待たせいたしました!

いやいやいやいや、なんとまあ2年近くもこのサイトの更新を怠っておりました。

で、この記事の題名で「大変お待たせいたしました!」なんて勢いよく言っておりますが、さすがにこんなに長く待っていてくれている人などもうどこにもいないというのも重々承知しております。

じゃあなんでまた再開する気になったかと申しますと、実はここでこのサイトが使用しているサーバの移行が行われまして、ディスク容量のアップ、セキュリティーの向上、そしてなによりページの表示速度がかなり早くなったからなのでございます。

つまりまあ、私も新サーバに負けないよう、ここで心機一転、またゼロからのスタートのつもりで頑張ろうと決意したのです!

ただしばらくはデザインや機能の再点検と修正などを行いますので、記事のアップはもう少し先になるかと思います。

とにかくまたこのサイトにたどり着き、そしてご覧いただきましたみなさまには、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げる次第であります。

木彫りのガネーシャ

インドへ行って来ます!

明日からお店をお休みし、一ヶ月ほどインドに行くことになりました。

最近更新の滞っているこのサイトですが、帰国後は以前のペース(もしくはそれに近い)で新ネタと使い回しネタを織り交ぜながら活発に更新して参る所存であります。

それではみなさん

行って参ります!

動物の鈴・アニマルベル

お久しぶりでございます

かの釈尊は、悟り得て仏陀となったのち、七日間その法悦にひたったという・・・

さらに釈尊は、それを七回繰り返し、計四十九日間瞑想にふけったという・・・

ならば私が夏の暑さから逃れ、その心地良さにふけり、2か月近くもこのサイトを放置したからといって、誰がそれを責められようか・・・

いや、言い訳はよそう。
ホントはいろいろあって、だからそのなかなか更新を再開できなかったんだけんども、そんなことはあえて口にせず、ここはただ男らしく笑って誤魔化してしまおう。
わっはっは!

ということで、いよいよ10月から更新を再開しますという告知なのでありました。

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

木彫りのガネーシャ

残暑お見舞い申し上げます

夏真っ盛りなのに残暑とはこれいかに・・・

でもまあ立秋を過ぎるともはや秋が始まったとみなされ、そこからはもう「暑中見舞い」ではなく「残暑見舞い」となるので仕方ないのである。

ということで、みなさん

残暑お見舞い申し上げます

で、今さらではありますが、あまりの暑さにしばらくこのコーナーの記事更新をお休みすることに致しました。

「今さら」というのは、すでに今週に入ってから更新が滞っているからでありますが、とにかくあまりの暑さに通常の仕事をするだけで精いっぱいでありまして、空いた時間を見つけての記事更新がとてもできないのであります。

更新再開は本当の秋風が吹いて涼しくなるか、私の体が暑さに慣れて「おらおらおらおら!」と気迫にみなぎり「これが書かずにおらりょうか!」となってからとなります。

では、それまでしばらくのおいとまとなります。

あっ、仕事(商品販売ね)の方はお盆休みも取らずにせっせとやっておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

インドの伝統工芸細密画

完璧さよりインパクトを狙ったってえのかい:インドの看板

私が子供の頃、絵、とりわけマンガを上手に描ける子というのは少なかった。
なのでちょっとしたイラストが描けるだけでクラスの人気者になれたものである。

夏休みの午前中に「夏休みまんがまつり」みたいなタイトルで、再放送のマンガ(当時はアニメなどとは言わなかった)を毎日2~3本立て続けに放映していて、その最後に「明日もまた見てね」と書かれたボードが映し出されるのだが、そこに描き加えられていた絵がひどかった。
その絵は直前まで見ていたマンガの主人公の顔なのだが、なんとも稚拙でとてもテレビの電波に乗せるようなレベルのものではなかった。
それほど当時の日本人の絵のレベルは低かったのである。

その点今の子は絵がうまい。もちろん全員がうまいわけではないだろうが、絵がうまい子がとても多い。

おそらくそれは環境のせいなのであろう。
なにしろ日本はアニメ大国であり、今やマンガは日本を代表する文化に成長しているので、そんな環境の中では、絵(マンガね)を見たり描いたりする機会も多くなり、自然と上手に描けるようになるのだと思う。

そんな日本からは、かつての「まんがまつりの絵」みたいなものはすっかり消えてしまったが、インドにはまだまだそういう味のある絵がたくさん残っている。

インドの看板さてそれでは、これが何の絵だかおわかりになるだろうか。

これはインドで見かけたお店の看板の絵なのだが、はたしてこの店は何を扱っているのだろうか。
インドの看板これがその看板の全体像である。

左側に描かれているのはニワトリなので、ここまで見たらもうおわかりになるかもしれないが、先ほどの絵はニワトリのタマゴということになる。

ということで、ここはタマゴ屋なのである。

インドの看板もしかしたら求めに応じてトリ肉もさばいたりするのかもしれないが、少なくとも私が見たときは、たった一つの机の上にタマゴを何ケースか置いただけの、妙にがら~んとしたタマゴ屋であった。
そして店番のあんちゃんもなんだかあまりやる気がないように見えた。

なのでせめて看板の絵くらいもっとわかりやすく描いたらいいのにと思うのだが、もしかしたらあまり完成度が高すぎると返って記憶に残らないものなので、このくらいの下手さ加減がインパクトがあっていいのかもしれないな。

なにしろ40年以上も前に見た「まんがまつりの絵」がまだ記憶に残ってるくらいだからなあ。

ブロックプリントの版木

連休のお知らせ

諸般の事情(業務多忙東奔西走眼精疲労大量飲酒前後不覚支離滅裂等)により、しばらくの間「グジャラートの旅」はお休みを頂くこととなりました。

再開はゴールデンウィーク明け、5月7日欽ちゃんの誕生日を予定しております。

それではしばしの間、

ド~ンと休んでみよう!

ばいなら。

インドの南京錠

インドから帰って参りました!

長らくのご無沙汰でした。
一ヶ月弱のインドの旅を終え、日本に戻って参りました。

まあ実際はもう一週間近く前に帰って来ていたのでありますが、長期間のお休みでサボりぐせがついて・・・いえ、そうじゃなくて、そこはまああれこれそれこれいろいろありまして・・・

とにかく本日より(といっても本格的には週明けからですが)記事の更新を再開致します!
ニューデリー、大統領官邸付近さて、この写真はニューデリーにある大統領官邸近辺なのだが、インドと日本の国旗が立ち並んでいる。
そう、これは天皇皇后両陛下ご訪印を祝してのものであり、私の様な一般日本人渡航者を歓迎してのものではないのである。
でもインドでこんなにたくさんの日本の国旗を見たことがなかったので、一日本国民としては嬉しくも感動的な光景であった。

ただこのあとついでに行って見た日本大使館では、ちょっと写真を撮ろうとしただけなのに警備員がすっ飛んで来て、許可なしに写真を撮ってはいかん!などと言うのであった。

まあ翌日の陛下ご訪問で厳戒態勢であったのだろうが、一日本国民としては少々寂しい思いをしたのであった。

とまあ復帰初っ端は日本がらみの話になってしまったが、次回からはどっぷりインドネタを出すので、まった見ってねっ!

インドに行って来ます!

というわけで、

と言ってもなにがそういうわけなのかよくわからないという方もおられるでしょうが、まあインドのビザも取れたし航空券も購入できたしということで、いよいよここでインドに行くことのであ~る。うっれしっいな!

今回はひと月弱の日程で、デリーで仕入や仕事の打ち合わせ、それから各種調査などの重要任務をこなすかたわら、ついでに、あくまでも「ついで」ということで、二週間ほど他地域を周って来る予定になっている。

なので帰国後はそのお話がどぉ~ん!と・・・たぶん小出しになると思うが・・・ご紹介できると思うので、ぜひともご覧頂きたいとお願いする次第であります。

それでは行って参ります!

また12月にお会いしましょう。

忘れちゃいや~よ!

インドの南京錠

ブログを再開させて頂きます。

東北関東大震災で被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く必要な支援が行き渡り、復興が進みますことを切にお祈り申し上げております。

本震災に関しましては未だ被害の全貌すらつかめず、余震や原発事故などまだまだ予断を許さぬ状況が続いており、私もこの2週間というもの、テレビやラジオから刻々と流されるニュースに釘付けとなっておりました。

しかしながら私がテレビの画面をいくら注視していても、それが事態の好転を招く一助になるわけでもなく、それよりもまずは自分の持ち場を平常に戻すべく努力すべきであるということにようやく気付きました。
なにぶん私の書く内容はあまり真面目なものではございませんので、なにもこんな時に!とご不快になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、私にはこんな風にすることしか(少なくとも今は)できませんので、週明けよりいつもの内容、いつもの更新状態に戻させて頂こうと思います。

今回の大震災は言うに及びませんが、新燃岳の噴火や家畜伝染病、そして長引く不況など、災害や災難にあえぐ人は実に多く(もちろん私もその一人です)、ともすれば力尽きそうにもなりますが、ここは土俵際いっぱい踏ん張って、いえ、たとえ土俵下に転がり落ちようともまた這い上がり、

がんばろう!日本!

なのであります。

インドの伝統工芸細密画

東北関東大震災

3月11日に発生致しました東北関東大震災で被害に遭われました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

尚、このような状況を鑑みまして、このブログに関しましてもしばらくの間お休みすることと致します。

旅のお話もジャグダルプルへと差し掛かり、自分自身でも一番力の入るところでございますので、また時期を見て再開させて頂きたいと思います。

それではそれまで失礼致します。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈りしております。