パキスタン:手造りのぬくもりが感じられ・・・るか?・パキスタン、銃砲村ダラ

これもむかしむかし、1980年のパキスタンの話です。

パキスタン・ダラ(1980年)ここはペシャワールから約25km離れたところに位置する小さな村「ダラ」です。
そしてここはその村のほぼ中央にある食堂です。まあ食堂とは言っても、腰の高さほどもない塀が四角くめぐらされ、その上に布製の天蓋を張っただけの、とてもアウトドアっぽいお店なのですが。

そんなお店でまだ若かりし頃の私は、カライゴーシとチャパッティの食事を終え、塀に腰掛けくつろいだりなんかしております。見れば食後だというのにぜんぜんお腹が出ていません。なにしろこの頃は体重が50kgあるかどうかというくらいだったのです。それが今ではあーた、空腹時でもお腹がぽっこり・・・

あー、そんなことはどうでもいいのです。
見て頂きたいのは、その後ろの壁に描かれた絵なのです。

後ろの建物の壁に、ピストルの絵が描かれているのがおわかりになりますでしょうか?

そうなのです、その建物は銃砲店なのです。
そしてその隣も銃砲店なのです。さらにそのむかいも銃砲店で、そのまた隣も銃砲店で、もう全部で何十砲店になるかわからないくらいの銃砲店の数で、もしかしたら万砲店くらいあるかもしれないのです。「ここはナガシマ、バンホーテン!」なのです。

実はこのダラという村は、銃製造の村なのです。

とは言っても、街道沿いに張り付くように家が立ち並ぶだけの小さな村、そこに大きな銃製造工場などあるはずもなく、銃は各銃砲店、いえ、各家庭でこつこつと手造りされているのです。ほら、耳を澄ませば、カシャンカシャンという手押し式ドリルで、銃の筒を作る音が聞こえます。

ここで造られている銃は、ほとんどすべてが外国製の模倣品です。オリジナルの銃を分解して、そっくりにパーツを手造りして行き、そいつを組み立てるのです。
とにかく軒を連ねる銃砲店には、そんな模倣銃がたくさん売られていて、希望に応じて店の裏庭(と言ってもただの荒地です)で試射させてくれるというのですが、人伝に聞くところ、たまに暴発して指が吹き飛ぶ事故などもあるそうで、指がなくなるとハナクソをほじるのにさぞ困るであろうと、私は怖気づいてやめました。

さて、いくらパキスタンとは言え、家内制手工業のような方法で銃の製造が許されているのか?しかもコピー商品を造ってもいいのかよ?という疑問が残りますが、ここダラはトライバル・エリアに属し、パキスタン政府の力も及ばない地域だとのことなのです。

ふ~ん・・・

日本じゃどぶろく作っただけで罰せられるのにねえ・・・

やっぱ、日本は平和なのですね。

パキスタン:国境の町の雑貨屋は少年が店番をしていた・パキスタン、ランディ・コタール

ペシャワールは「国境の町」と言われています。

確かにペシャワールはアフガニスタンへ向かうカイバル峠の手前の大きな都市ですので、それは間違いではないでしょう。
でも、本当にアフガニスタン国境に一番近い町というのは、ランディ・コタールです。

ランディ・コタールは、カイバル峠を登り切る少し手前にあります。
町と言っても山肌にへばりつくような集落なのですが、ここを過ぎると国境まではもうなにもありませんので、小休止するには格好の場所なのです。(これは1980年当時の話ですので、今ではカイバル峠にもコンビニや自販機、峠の釜飯屋などがあるかもしれません。でも、そんなものは無い!むしろ今の方が危険度が増しているので、ランディ・コタールへさえも行かれん!という状況かもしれません。渡航の前には最新情報を入手して下さい)

パキスタン・ランディコタールの電気屋で、そんな町に立ち寄ってみましたら、店先に電化製品を置く店が目に付きました。
こんな山奥の、もしかしたら電気も通っていないような町に、電化製品を扱う店があるということが不思議だったのです。

店の前で立ち止まり、あらためて店内を観察してみますと、電化製品といっても日本製のテレビが一台ある他は、ジューサーやミキサー、トースターといった極めて簡便な製品があるだけでした。
さらにじろじろ見てみれば、保温ポット(当時はまだ「魔法瓶」と呼んでいた)やフライパン、各種生活用品にウイスキーなども置いてあります。

う~ん・・・どうやらここは電気屋ではなく、外国製品を扱う雑貨屋のようです。

この品揃えから、ここが確かに「国境の町」なのだということが分かります。

すでに当時(1980年)、アフガニスタンとの国境は閉じられてしまっていましたが、ほんの何ヶ月か前までは、人や物資の往来が活発にあったことなのでしょう。
今では信じられないことですが、1971年の印パ戦争の時には、在パ邦人はアフガニスタンに避難し、そこから帰国したというほど、パキスタンとアフガニスタンは「身近な隣人」だったのです。

それにしてもこの写真の店番の少年は、流通という川が堰き止められた町で、その後どうやって暮らし、どんな大人に成長していったのでしょうか。

彼の地に思いを馳せるとき、同時にそんなことも思い出してしまうのであります。

パキスタン:西方憧れの原点・パキスタン、カイバル峠

パキスタン、カイバル峠古来から幾多の民族が通り抜けて来た道「カイバル(カイバー)峠」。

かのアレクサンダー大王の東方遠征隊も、ここからインド(現パキスタン)に侵入した・・・

とまあ、そんなことを世界史の教科書で知ったわけですが、それからわずか3年後(1980年8月)、私はカイバル峠の最頂部に立ち、この写真を撮りました。

私はここに立つことを特に強く望んでいたというわけでもなかったのですが、縁あってこの地に立ち、はるか歴史のかなたに思いを馳せると、やはり感慨深いものがありました。

この九十九折を下って行った先、わずかに緑のかたまりが見えるところが、パキスタンとアフガニスタンの国境です。
この写真を撮った後、私もそこまで行きましたが、すでにその前年(1979年12月)にソ連軍によるアフガニスタン侵攻が始まっていたため、国境を越えることはできませんでした。

しかしこの時の経験が、若き日の私の脳裏に刷り込まれ、その後の人生に大きく影響して行ったことは確かなのであります。